フィリピンでの起業を現地在住者が語る


 

「フィリピンで起業して

美味いラーメンで勝負です!」

 

 

とにかく、うどんのような太麺と辛いスープの

ラーメンが売りの仲間、阿久津さん。

 

いよいよ日本を飛び出し、フィリピンで

起業することを真剣に考えていた。

 

 

フィリピンでフィリピーナと楽しく暮らしたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

メールアドレス >

 

 

スポンサードリンク

フィリピン起業のメリット

 

 

これから最も経済が伸びる国として注目されているフィリピン。

そんな勢いがありながらもまだまだ人件費と物価が安いため、特に

起業して現地の労働力を使う場合、日本ではありえないコストで運営が可能に。

 

俺が一時マーケティングを手伝っていたセブの語学学校についても、

優秀な大学を出て教育経験豊富な先生でも1万ペソ、2万円ちょっとで

1か月雇えていた。

 

 

そしてフィリピンでは、日本ブランドがまだまだ通用する。

日本人というだけで信用してもらいやすく、信頼度の高いところから

起業していけるのはかなり有利だ。

 

 

 

フィリピンに住んで生活費を抑え、

余剰部分を投資に回す。安全な

現地起業の具体的な方法とは?

 

 

フィリピン起業の問題点

 

 

やはり大きいのは、フィリピンと日本の違い。

 

フィリピン人は日本人が好きで親日だが、

やはり一緒に仕事をするとなると別。

 

時間に対する考え方やお金の扱いの点、言い訳が多く

小さなウソも混じってくるところ。仕事に対する勤勉さや

休み、残業に対する考え方もだいぶ違う。

 

このあたりは、フィリピンでビジネスをするなら

彼らのことを理解し、歩み寄るスタンスでいなければ

事業は早晩続かない。

 

 

また、まだまだ後進国のフィリピンでは

他の東南アジアの国と同様にコネが重要であるということ。

 

極端に言えば、コネとそれなりの資金があれば

フィリピンでの起業はうまくいく。それは経済が波に乗っていて、

まさに高度成長期の日本のような状態だから。

 

 

また、マニラでは日本の元暴力団が潜伏していて

シマ争いをしていたり、現地でビジネスを始めた日本人から

みかじめ料を徴収したりという話もある。

 

フィリピンに来ても自由にビジネスがやらないのは歯がゆいが、

命には代えられない(笑)。少なくとも事前の情報収集は必須だ。

 

 

おすすめは、起業するにしてもフィリピンでは費用を抑えることを

主なメリットと捉え、マーケットは日本にすること。

 

ニュースレターで伝えているような

オンラインビジネスなら、それが可能になる。

 

 

 

フィリピン起業してフィリピンで税金を払うことが

多くなったのは、夜遊び好きの地元仲間ポン。

 

フィリピンの正月にセブで一緒に飲んだ彼も、

俺と同じく母親に似て太りやすい体質(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授