魚の解凍には塩水がいい?冷凍魚を解凍する方法、焼き魚の冷凍方法などをご紹介


 

今日の献立は何にしようかな、

と毎日考えると思う。

 

美味しい魚料理が食べたい!

と思った時のいい解凍方法をご紹介したい。

 

また忙しい時の為に、

作りおきで、焼き魚を冷凍保存する時の

上手な方法はなんだろうか。

 

今、忙しい方の為に、早くて

しかも美味しく食べるための方法をお話ししたいと思う。

 

 

スポンサードリンク

魚の解凍方法、塩水を使うと美味しくなる?冷凍魚を解凍する方法のまとめ、焼き魚を冷凍しよう!

 

魚の解凍には塩水が1番いい?

 

解凍の方法でおすすめなのが、温塩水解凍と、

氷水解凍だが、この2つどちらも最初に塩水に魚を浸すのだ。

 

特に刺身など魚を生で食べたい場合の

おすすめの解凍方法となる。

 

特にマグロは塩水で解凍するとうまみ成分が逃げづらく、

とても美味しく食べられる。

 

 

冷凍魚を解凍するのになぜ塩水がいいのか。

 

魚は海水の環境で生育している為、

同じような状況の塩水で解凍することによって

うまみ成分が逃げずらくなるのだ。

 

塩分濃度は約3%がベストである。

真水ではせっかくの魚の美味しさが逃げてしまうのだ。

 

 

では焼き魚を作りおきした時、

どんな冷凍方法をすればいいのか。

 

せっかく焼いてうまみや味付けがしっかりされている焼き魚。

できればそのまま美味しい状態で冷凍しておきたい。

 

1番うまみを逃さずに保存できるのは、

やはり真空パックで空気をしっかり抜いておくことだろう。

 

1つずつ保存することによって形も味も崩れにくい状態になる。

もしくはラップで1つづつ包んでの保存方法もある。

 

 

魚の解凍方法をまとめてみる。

刺身や生で魚を食べる場合はの解凍方法は2つ。

 

1つ目は、塩水に浸してから、真空状態にして

ぬるま湯に2〜3分つけて解凍する。

これが1番早い方法だ。

 

2つ目は、同じく塩水に浸して、

その後真空して氷水に20分〜30分つけて解凍する。

 

これは少し時間がかかるが、

1番うまみを逃さずに食べられる方法だと思う。

 

焼き魚の場合は、自然解凍した後にレンジでチンする方法。

そして時間ない場合は、水道水を少しずつかけて

解凍する方法が美味しく食べられる方法だ。

 

 

魚を塩水で美味しく解凍しよう!

刺身など生の状態で魚を食べる場合は、

塩水で解凍することがおすすめだ。

 

現代の忙しい中でも、少しでも時短で

美味しく食べられる方法を知って欲しいと思う。

 

 

魚の解凍に塩水を使う理由、冷凍魚を解凍するときの方法、焼き魚の冷凍方法など!

 

魚の冷凍に塩水を使用するメリットは何か。

 

メリットは2つ。

魚の色持ちが良くなることと、

ドリップ(うまみ成分が逃げない)が出にくくなることだ。

 

また塩を使用することで、うまみが更にアップする。

 

冷凍魚を解凍する時に塩水を使う方法を見てみよう。

まず冷凍魚の柵を塩水を洗う。

その後、キッチンペーパーで柵についている水滴をよく拭く。

 

密封できる袋に入れる。

その後、ぬるま湯(37度前後)につけ2分〜3分で解凍するか、

氷水につけて1時間ほどで解凍するか選択できる。

 

 

焼き魚の冷凍保存を解凍する時は、何がベストなのだろう。

包装したままポリ袋に入れて、水を入れた容器に浸します。

 

魚がふやけたり、美味しい成分が流れ出てしまうので、

絶対に魚をそのまま水につけないことだ。

 

 

魚の解凍に塩水を使用する理由は?

魚が生育している環境にすることが良いとされている。

 

浸透圧は高いところから低いところへ流れることから、

真水で解凍すると、魚のうまみ成分や本来の味が

出ていってしまうのだ。

 

それを防ぐ為にも海水に近い状態で解凍することで、

味が落ち美味しく食べられるのだ。

 

 

では、焼き魚の解凍方法はどんなものが1番いいのだろうか。

 

1番いいのは自然解凍でゆっくり解凍することだ。

しかし時間がない場合は、細目にした水道水を

20分〜30分かけ続ける方法もある。

 

自分も仕事をしていて、

その日の献立は当日に決めることが多いので、

あまり時間がない中で料理をスタートさせる。

 

そのため、事前に作りおきしておいた焼き魚を、

水道水で解凍する方法が1番多い。

 

いきなりレンジで解凍するよりも、

少しゆっくり水道水で解凍し温める方が、

魚の味が濃く感じられると思う。

 

 

まとめ

 

今、流行している作りおきや、

安いときになるべくまとめて買い物をしたりと、

工夫している人が多いと思う。

 

冷凍保存の仕方も材料によって、ちょっとしたことを気をつけると、

味が落ちにくかったり、形も綺麗なまま保存できたりする。

 

解凍方法も同じで、知っていることで

献立をより美味しくできることは間違いないだろう。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授