佐川急便、受け取り場所の変更、pudo、時間の指定、日時の変更、営業所、コロナ、確認サポート


 

佐川急便の受け取り場所pudoコンビニに変更したい

と考えている方は、コロナが流行している今の時代

多いのではないだろうか。

 

こちらでは佐川急便の受け取り場所の変更

時間の指定についてご紹介する。

 

スポンサードリンク

佐川急便の受け取りを拒否し、場所の変更をpudoにしたい。受け取り先、時間を指定したときの送料は?

 

コロナが流行する今の時代

佐川急便の受け取り拒否の方法が知りたい

という方もいらっしゃるのではないか。

 

また、佐川急便の受け取り拒否をした場合

送料がかかるのではないか?

という心配も出てくる。

 

 

佐川急便だけに関わらず、

送り主が受け取り拒否をした場合には

送料の負担差出人となる。

 

佐川急便の受け取り拒否方法について、

一番おすすめしたい方法は担当の営業所へ連絡し、

名前・お問い合わせ番号を伝えて

受け取りを拒否するという方法だ。

 

放置をしていると7日間以上経てば拒否できる

という方法もあるが、この場合佐川急便だけではなく

送り先にもたいへん迷惑がかかるためおすすめしない。

 

一番丁寧な対処法と言うのが、

連絡をしてから佐川急便を受け取り拒否する

という方法だと言える。

 

 

また、「対面で受け取りたくないなあ…」

「後から受け取りたいなぁ…」といった場合には、

佐川急便の受け取り場所を変更して

pudoにすることでその悩みが解決できる。

 

「冬はコロナやインフルエンザなどが怖いから、

なるべく人と会いたくない…」といった場合には、

佐川急便受取先変更・佐川急便の受け取り時間を指定するなど、

人との接触をなるべく避けることで感染予防ともなるため、

併せて活用していただきたい。

 

受け取り場所、日時変更は営業所でできるのか?変更先をコンビニで、時間を変更したい。受取先変更の仕方

 

佐川急便の受け取り先についてだが、

ドライバーから直接届けてもらう方法の他に

佐川急便の受け取りを営業所止めにしていただく

ということもできる。

 

しかし、残念なところが佐川急便の受け取り場所を変更して

コンビニにはできないというところ。

 

どうしてもその時間は受け取りができない…という場合には、

佐川急便の受け取り場所を変更してpudo

営業所にしてもらう場所変更・受取先変更をしてもらうことや、

佐川急便の荷物受け取り時間を変更する日時変更も検討してみよう。

 

佐川急便の受け取り場所の変更や日時変更については、

担当ドライバーに連絡をしたり今現在荷物がある営業所へ電話をして

受取先の場所変更・日時変更をしたりすることも可能である。

 

受け取り場所、時間を変更で拒否した時の代引き料金は?コロナだからpudoに変更したい。

 

佐川急便の受け取り拒否する荷物が代引きである場合には、

まずその代引きの支払いを拒否することを差出人に対して

「受け取ることができない」という旨を説明することが先決である。

 

そして、佐川急便の受け取り拒否を差出人が了承したあとに

「受け取りを拒否したい」ということを受取人が佐川急便側に伝えることで

佐川急便側が差出人へと荷物を返送することとなる。

 

 

また、佐川急便の受け取り場所をpudoに変更したい場合には、

公式サイトや営業所に電話をするなどして

受取先を変更することが必要だ。

 

 

コロナが出ているから、人とあまり会いたくない」といった場合には、

こういったpudoを利用することで佐川急便の荷物を受け取り変更し、

受け取り場所を変えることで人と密に接することを避けられるため

感染の被害を最小限に抑えることが可能となる。

 

 

また、受け取り場所を変更するほかにも時間変更することも、

たとえばアパート・マンションなどで暮らしている方にとっては、

人が多い時間を避けて依頼することができるため有効な方法と言えそうだ。

 

受取人確認サポートの日数は?不在にしていたら拒否扱い?コンビニなら24時間いつでも受け取れる

 

佐川急便には受取人確認サポートというものが

あるのはご存知だろうか。

 

佐川急便の受取人確認サポートの日数

保管期限が初回配達日から7日間となる。

 

本人がいない受け取り確認サポートができないため、

佐川急便の営業所で受け取り人が不在の場合

荷物を預かることになる。

 

ヤマト運輸であればコンビニの荷物を

24時間受け取ることができるが、

佐川急便コンビニで荷物を受け取ることができない

 

しかし、佐川急便の営業所で受け取りを

24 時間やっている営業所もあるため、

荷物を送りたい・受け取りたいといった場合には

24時間動いている営業所を利用することも検討していただきたい。

 

 

また、佐川急便の受取人確認サポートを利用しているときに

不在の場合は、拒否扱いではなく他の荷物と同じように

一度持ち帰ることが多い。

 

もし、本人確認書類を用意できない・商品をキャンセルしたい

というような場合のときには、営業所へ直接連絡して

キャンセル・返送したいという旨を伝えることがいいだろう。

 

まとめ

 

佐川急便の受け取り場所の変更や受取人確認サポート、

コンビニでの受け取りについて紹介してきたが

参考になっただろうか。

 

いろいろな働き方が出てきた今の時代、

24時間預けたり受け取ったりできる場所があるということは

非常にありがたい時代だ。

 

最近特に驚いたのが、自分の都合で荷物を受け取れるpudoの存在

こちらがあるかないかでは、配達の質も違ってくる。

 

自分の地域はpudoが設置されていないことが多く、

早く設置をした方が便利なのにと感じるくらいだ。

 

 

都内だけでなく、地方でも

配達・受取時間をもう少し合わせることができたら

個人間のインターネットを使用した販売や

商品の購入も楽になるのではないかと自分は思う。

 

 

佐川急便の営業所受け取りが

24時間可能な地域があると言っても、

それはごく一部の店舗だ。

 

店舗の問題で24時間営業が厳しいというのであれば、

pudoステーションに頼るというのもひとつの手段。

 

コロナで自宅待機が多い時代が

当たり前になってきつつあるこの時代には、

もっとコロナの感染対策をしつつ、

経済を回していける環境を整えることが大切だ。

 

 

今の時代をどう生きていくか

配達する側受け取る側

考えるべき課題だと言える。

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授