シンガポールの駐在妻が強制送還に?駐妻の強制送還、シンガポール駐在もう帰りたい…ブログ、マレーシアの駐妻は暇?強制送還とコンドミニアム

スポンサードリンク





 

シンガポールの駐在妻が強制送還になったと話題。

 

海外駐在は憧れられますが、

大変なことも中にはあります。

 

 

シンガポールに移住しても尽きない
安定収入をブログで得る方法、

 

英会話の最速マスター法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

 

シンガポールの駐在妻が強制送還とは?

 

駐在妻が強制送還されてしまう

条件などについて紹介します。

 

 

 

シンガポールの駐在妻が強制送還に?マレーシアの駐妻の強制送還も

 

シンガポールは治安が良いですが、

物価も高いことで有名です。

 

シンガポールに駐在できる人は

エリートであることは間違いないでしょう。

 

 

夫がシンガポール駐在員の、

シンガポール駐在妻が強制送還される条件は

どのようなものがあるでしょうか。

 

 

強制送還された人の駐妻ブログによると、

シンガポールはマレーシアと並ぶほど

法律が厳しいとのこと。

 

就労ビザを取得していない駐妻が無許可で仕事をして

収入を得た場合は法律により罰せられ、状況が悪ければ

ビザの取り消しや国外退去を命じられるケースもあります。

 

 

強制送還といえば、コロナウイルス対策で

定める人数以上で集まってバスケットボールを

していたことで強制送還されたという噂がありました。

 

 

シンガポールの法律は厳しいものです。

 

日本にいる感覚で、ちょっとくらいなら良いやと

安易に考えて行動してしまうと、思わぬ不利益を

被ってしまうことがあります。

 

行動には十分に注意してください。

 

 

参加した集会が違法であった場合、

その参加者まで罰せられることもあります。

 

 

 

シンガポール駐在から帰りたい?暇なコンドミニアムの生活とブログ

 

シンガポールの駐在妻の付き合いは、

英語がある程度話せる場合を除いて難しい事が多く、

多くの方が専業主婦になっている状況です。

 

例えコンドミニアムのような高級住宅に

住めたとしても、シンガポールで英会話ができないと、

家事以外にやる事がありません。

 

駐妻は暇で海外赴任から帰りたいと

思うようになってしまいます。

 

 

シンガポールでの駐在から

帰りたいと思わなくて良いように

英語スキルを磨いておくことをお勧めします。

 

日常会話に苦がない程度の英会話ができれば、

シンガポールから帰りたいと思う事も

少なくなります。

 

シンガポールでの駐在生活で楽しみを

見つけやすくなるのではないでしょうか。

 

 

急なシンガポールへの転勤で

生活に不安を持つよりは、シンガポールの生活を

楽しいと思えるようにしましょう。

 

シンガポールへ転勤となる可能性があるなら、

事前準備として語学力を磨いておくことを

お勧めします。

 

 

自分の身近にもシンガポール勤務に

なったものの、現地に馴染めずに駐在妻が

帰りたいと言ったため戻ってきた人もいます。

 

 

やはり言葉が通じないことは

生活する上でとても不安であり、

とても不自由です。

 

シンガポールで駐妻となるのであれば、

英会話の習い事に参加し

言葉の壁を取り払いましょう。

 

そうすることで、シンガポールで

駐妻となった後に正規の手続きを踏んで

仕事を始めることも可能です。

 

 

海外への駐在で帰りたいと感じる

主な理由の一つは

意思疎通の難しさによる孤独です。

 

自分も、言葉が分からない地で

ボディランゲージだけで

生きていける自信はありません。

 

 

海外に駐在している人のブログでは、

シンガポールでの生活を楽しんでいる

内容のものもあります。

 

確かに語学の壁がなくなれば

シンガポールは治安も良い国で

暮らしやすいのかもしれません。

 

 

シンガポールに在住することになったら

活発なブログを書けるようになって欲しいです。

 

 

今回は、シンガポールの駐在・駐妻について

いろいろと調査してみました。

 

シンガポールで駐妻となれる人であれば、

経済的に裕福な方が多いようで、

活発なブログがたくさん確認できました。

 

未婚の方であれば、

シンガポールへの駐在中に

現地の方と恋愛なども魅力的ですよね。

 

 

 

まとめ。シンガポールの駐在妻の強制送還について

 

シンガポールで駐在している妻が

日本に強制送還される可能性としては、

法律に重大な違反をする事が考えられます。

 

シンガポールはとても法律に厳しい国ですので、

自身が主催していない違法イベントや違法講習に参加したために、

関係者として送還される事例もあるので気をつけましょう。

 

 

 

クラークキーでよく飲んだリチャード。

 

自分と同じく霊感はないが、

生まれ変わりや神の存在を信じています(笑)。

 

 

最後に、

 

時代の変化についていきたいあなたへ。

 

コンサルで手堅い投資法を学んで

金銭的自由と時間的自由を手に入れませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

コメント

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授

 

無料ノウハウの詳細を見る