パラオ移住にデメリット?移住と永住権、物価と仕事…北欧の永住権と求人、子連れの場合

スポンサードリンク





 

パラオ移住のデメリットは、

思ったよりも生活費が安くないことです。

 

 

パラオに移住しても尽きない
安定収入をブログで得る方法、

 

英会話の最速マスター法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

 

近年、パラオ移住が人気が出ていますが、

メリットや良いところはよく聞きますよね。

 

ではデメリットや物価や永住権はどうなの?

 

 

ここを紹介していきます。

 

 

 

パラオ移住のデメリット!移住と永住権、物価や子連れなど

 

パラオは年中温暖気候なので体調管理がしやすく、

ビーチリゾートが有名なので住む環境としては

抜群に素晴らしいと言えます。

 

また、日本人が多いので英語が流暢でなくても

それなりに住めるのでパラオに移住しようと

決めた人もいるくらいです。

 

 

しかし、パラオにもデメリットがあります。

 

それは、物価が高いという事です。

 

 

パラオは生活に関わるもの、

食べ物や家電、衣類や、機械製品の

ほとんどが輸入に頼っています。

 

釣れる魚や気候柄育つ野菜の種類が

限られているので、作れない種類は

輸入に頼る他はないのです。

 

 

また、肉に関しては動物を殺して

食べるという習慣がありません。

 

なので家畜としての牛や豚はおらず、

鳥も神聖な生き物として信仰があるので

食べることがないからです。

 

 

この様な背景がある上に、

パラオは観光業がメインということも

物価が高い理由です。

 

子連れで移住する場合は生活費が

思った以上にかさむ可能性があることを

考慮した方がいいと言えるでしょう。

 

 

もう一つは移住する際に気を付けたいのが、

パラオには永住権がありません。

 

ですので、パラオに移住する場合は

働きながら生活を送る事になります。

 

 

更に気をつけないといけないのは、

移住者は転職ができないという事です。

 

これはパラオの人の雇用を保証するためです。

 

なので、長く住むのであれば

慎重に仕事選びをした方がよさそうです。

 

 

 

パラオ移住して仕事、求人は?北欧の永住権てどう?

 

パラオに移住するには仕事するのがマスト。

 

では移住した人がよく就く職種には

どんなものがあるのかが気になりますよね。

 

 

移住者に多い職種は

 

 

・ダイビングインストラクター

 

・レストランスタッフ

 

・ホテルスタッフ

 

・ツアーガイドや航空会社のスタッフ

 

 

パラオは観光業がメインのため、

それに関連した仕事が多いです。

 

また、日本人の観光客が多いため、

日本の文化にあったものを提供する

スタッフが重宝されているからです。

 

しかも、どの仕事に就いても

日本人が1人はいるので、

言葉の壁を気にする必要はありません。

 

 

では、これらの職種の求人はどこで探すのか。

 

今はインターネットが普及していますので、

国の名前と求人で検索をすれば

大概出てきます。

 

 

パラオの求人情報がよく載ってるサイトは

「WORLD POST」です。

 

今でもオンタイムで求人情報が掲載されるので、

就きたい職種を探すのも一つです。

 

 

パラオでは永住権がないので、

先程お伝えしたように仕事をすることが

必要ではありますが、北欧はどうなのか。

 

北欧は様々なビザがあり、

申請するための条件も

ハードルが高い条件もあります。

 

 

しかし、永住権を取得する方法は

北欧にありますので、その条件を

クリアすれば永住権を取得することができます。

 

 

 

まとめ。パラオ移住のデメリットについて

 

近年人気が出てるパラオは有名なリゾートビーチや

比較的住みやすい環境であったり、

すごく魅力的な国です。

 

 

しかし、ほとんどが輸入に頼っているので、

食品や生活用品などの物価が高く、

生活費が思った以上にかかってしまいます。

 

また、永住権がないので

仕事をせずにパラオに住み続ける、

というのはかなり難しいという事ですね。

 

 

また、仕事に就いても転職ができないので、

仕事選びから慎重になることでしょう。

 

違う見方をするなら、転職したくなった時は

パラオから違う国への移住するきっかけに

なるのではないのかなと思いました。

 

 

パラオ移住のデメリットを

デメリットと思わないのであれば

移住は凄くいいものになるはずです。

 

 

パラオに住んでみたいと話すジョセリン。

自分と同じく、戦争映画とホラー映画が嫌いです(笑)。

 

 

最後に、

 

興奮する出来事に出会えないあなたへ。

 

未来を楽観的に観れる人を増やすカウンセラーになりませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

コメント

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授

 

無料ノウハウの詳細を見る