あさりに味の素、なぜ?あさりの砂抜き、開かない時の裏ワザ


 

美味しいあさりを食べようと思った時に、

砂のジャリ・・・という感触

本当に嫌ですよね。

 

食べる前の下処理を少し工夫してみると、

嫌な思いをしないで、

美味しくあさりを食べることができるかもしれない。

 

塩水に2〜3時間つけても

うまく抜けていない時もある。

 

ここでは、あさりを美味しく食べるための

砂抜きや裏技について話していきたいと思っている。

 

スポンサードリンク

あさりに味の素を使うといいのはなぜ?砂抜きできる原理、開かない時の対処法をご紹介

 

あさりは何故、砂抜きをしなければいけないのか

その原理はなんなのだろうか。

 

 

あさり普段海水の中で呼吸をしながら生息している。]

 

砂抜きは、砂のない塩水を吸わせるので、

砂は吐き出す一方になるので

砂抜きができるという原理だ。

 

海水の環境に近い状態にして、

その呼吸を利用して砂抜きをするのが

一般的なのだ。

 

 

しかし最近、面白い砂抜きの方法もある。

あさりの砂抜きに、味の素を使用するというものだ。

その砂抜き効果は抜群だ。

 

やり方も簡単で、これまで同様、

食塩水を海水程度の濃度(約3%)に作り、

あさりを投入し、その後に味の素を入れるだけ。

 

味の素の量は、あさりの量を見ながら適量を投入する。

それだけで、短時間で砂抜きができるのだ。

 

 

味の素であさりの砂抜きができるのはなぜか

 

味の素食塩水に比べて栄養価がとても高いので、

その栄養価を求めて、あさりが活発的な活動を見せる

可能性が高いと言われている。

 

裏技的なもので、まだあまり知られていない

一度是非試してみて欲しい。

 

 

時にはあさりの砂抜きをしても

開かない貝もあるが、なぜなのだろうか。

 

それはあさりの口が開いていない可能性がある。

 

日の当たる場所や暑い場所、逆に冷蔵庫の寒すぎる環境にあると、

貝が弱ってしまい、口を開かないのだ。

購入してからの置いておく場所にも注意が必要だ。

 

 

では、あさりが開かない時の対処法はあるのか。

砂抜きを行う際の環境もとても大切だ。

 

食塩水につけている間、

上から新聞紙などをかけておき、

暗くしておくことがいい。

 

室温は20度くらいの涼しい場所がベストだ。

 

それでも開かない場合は、

約50度のお湯を使っても良い。

約15分ほどで完了する。

 

あさりの砂抜きに味の素?なぜ?貝が開かない時の裏ワザ、砂抜き方法をチェック

 

あさりを使った料理は美味しいものがたくさんある。

自分はお酒を飲んだ次の日の夜は、

あさりの味噌汁が異常に飲みたくなる。

 

お酒を飲んでる時は、あさりの酒蒸しが好きだ。

あさりの上手な砂抜きを覚えて、

料理のレパートリーも増やしていきたいところだ。

 

 

あさりの砂抜きの一般的な方法を紹介したいと思う。

 

あさりをなるべく重ならないような容器に並べていく。

海水と同じくらいの濃度3%の食塩水につけていく。

光を遮るものを使用し、(蓋がない場合は、アルミホイルや新聞紙を使用)

室温は20度程度の涼しい場所で2〜3時間で完了する。

 

 

あさりの砂抜きに味の素を使うやり方もある。

味の素の栄養素であさりが活発に動き、

短時間で砂抜きができるのだ。

 

味の素で砂抜きができるのはなぜか。

味の素によりあさりの動きが良くなり、

よく砂抜きができるようになるのだ。

 

あさりは真水が苦手で、

真水で砂抜きをしようとすると、

殻が固く閉じてしまう。

 

塩水でゆっくり砂抜きを行うが、

砂が残ってしまう時もある。

 

味の素を使うというのは新しい発見である。

 

 

あさりの貝が開かない時があるが、

そのまま長時間食塩水につけておいていいのか。

 

3時間以上食塩水につけておく場合は、

冷蔵庫に入れるようにした方が良い。

 

1日経ったら食塩水を取り替えないと、

汚れてしまい貝が死んでしまう原因になる。

 

調理をする当日に砂抜きをすることが1番のお勧めだ。

 

 

ではあさりの砂抜きで開かない時の、

面白い方法もある。

それは唐辛子を使う、というやり方だ。

 

真水に唐辛子を2〜3本(あさり20個に対して)入れて、

あさりの砂抜きを行う。

これはタイで行われているやり方だ。

 

その他に50度のお湯を使うと15分ほどで砂抜きができたり、

味の素を使うなど、もし食塩水だけで開かない時は、

違う方法を試してみるのも楽しい。

 

まとめ

 

これまで知られていた一般的な砂抜きの方法から、

新しい方法まで様々紹介してきたが、

料理を作る時の下処理はとても大切だ。

 

その一手間で料理の味を左右するかもしれない。

 

自分も料理をすることが好きなので、

これからレパートリーを増やしていきたいと思う。

 

あさりもとても大好きな食材なので、

下処理で失敗しないように、色々な方法を、

楽しく試していこうと思う。

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授