感謝を伝える俳句の書き方、俳句の基本、作り方を知ろう

スポンサードリンク

 

世界で最も短い定型詩と言われる俳句

 

魅力季節の風景やその時に感じたことを

17音という短さで表現することだ。

 

誰もが簡単に作ったり、

鑑賞したり楽しむことができる。

 

手紙を書くほどではないが、

自分の言葉で何かを伝えたいと思った時にも

気軽に使えるのが俳句だ。

 

短い言葉だが、素直な気持ちが伝わるだろう。

 

スポンサードリンク

感謝を伝える俳句を書きたい!普段お世話になってる人に感謝の言葉を…俳句の基本と作り方

 

日頃の感謝を伝える俳句を作りたい

と思った時のコツはなんだろうか。

 

俳句では、あまり難しく考えすぎると、

かえって気持ちが伝わりにくくなる

シンプルな言葉を意識するといい。

 

「ありがとう」や「感謝」、

「うれしい」、「楽しい」など

ストレートに表現すると、

素直な気持ちが伝わるのだ。

 

 

感謝を伝える俳句は

どんなシーンで使われることが多いのか。

 

日頃の感謝は、

言葉で伝えるのもなかなか難しい人もいるだろう。

 

手紙を書くほどではないが、

自分の言葉で感謝を伝えたい。

 

そんな時に、気軽に用いられるのが俳句だ。

誕生日やメッセージカードの一言などにもおすすめだ。

 

感謝の言葉を俳句で伝えたい。

俳句5・7・5の17音の文字数で表現する短い詩だ。

 

これを使って日本人は気持ちや情景、

そして感謝の言葉を伝えてきた。

 

 

では、俳句の基本

感謝の気持ちを伝えるための方法を見ていこう。

 

俳句はシンプルを意識して

作成することが大切だ。

 

季語を使い、5・7・5の音に合わせて、

内容が初句・二句・結句でチグハグにならないように

作ることを意識するといい。

 

上記のポイントを押さえることで、

初心者なりの素直な感謝の気持ちが伝わるのだ。

 

 

俳句の作り方を学んで、

感謝の言葉を伝えてみよう。

 

初めはあまり難しく考えず、

まずは俳句を作ってみよう。

 

俳句には「字余り」や「字足らず」もあるので、

伝えたい言葉を、まずは紙に書いてみるといい。

 

 

その他に、俳句は音を合わせることで、

詠んだ時に気持ちが伝わるとも言われている。

 

そのために覚えておきたい音が、3つある。

 

1つ目はちょう」のような拗音は、

2音で数えられる。

 

2つ目はそっと」のような促音は、

3音となる。

 

最後にノート」のような伸ばす表現は長音符といい、

3音で数えられるのだ。

 

まずは音を意識すると作りやすい。

 

感謝を伝える俳句の書き方は?感謝の言葉を上手く伝えたい、俳句の作り方やルールを知ろう

 

感謝を伝える俳句は日頃言えないことも言えてしまう?

 

俳句は短くて、言葉がストレートに伝わるため、

普段照れくさくて感謝の言葉を言えない人におすすめだ。

 

俳句にする理由は、最近趣味で始めた

などと言えば恥ずかしくないだろう。

ちょっとしたプレゼントに俳句を使ってみるのもいい。

 

 

感謝を伝える俳句の例を見ていこう。

 

例)“母の日に 感謝を込めて ありがとう“

 

「母の日」や「父の日」「敬老の日」などは季語になるため、

その時の状況を、そのまま言葉にして入れることで、

分かりやすくなるのだ。

 

自分も母の日に、手紙を書くというのはどうしても恥ずかしかった。

でも自分の言葉で母に感謝の気持ちは一言言いたくて、

悩んだあげく、俳句を使った。

 

小さなメッセージカードに書いた17音

母には、その短い言葉が嬉しかったようで、

そのメッセージカードは冷蔵庫に貼られていた。

自分もそれを見て嬉しくなった。

 

感謝の言葉を俳句にするときは、

ストレートに状況と、どう思っているのかを伝えよう。

 

季語は、季節を表す言葉とされているが、

最初はあまり難しく考えず、

伝えたいと思ったタイミンングを

言葉にしてみると作りやすい。

 

 

俳句の作り方のポイントをまとめてみる。

 

手順1は、まず俳句にする材料を見つけて考えること

身近にいる人やイベント、日常の出来事でもいい。

 

俳句身近な人や、どんな物事でも

立派な材料になるということだ。

 

そして日常の出来事の方が、

相手にも伝わりやすいのだ。

 

 

俳句を作る時に注意したいルールもまとめておく。

 

まず1つ目は、5・7・5の17音を意識して作ること

これが基本的な形となるので、17文字ではなく

17音のリズムであることが大切だ。

 

2つ目に季語を句の中に読み込むことだ。

俳句を覚えていくと、意外なものが季語として

使われていることも多い。

少しずつ覚えていっても面白いはずだ。

 

まとめ

 

俳句は、学校の国語でも習ったが、

難しそう、普段使うものではない

というイメージがある人も多いのではないだろうか。

 

しかし、短い詩として、

ストレートに素直な気持ちを伝えるツールとして、

楽しむ人が増えてくれたらいいと思う。

 

 

近年、携帯やパソコンが普及し、

文字を書いて伝える機会が減少していると感じる。

 

だからこそ、俳句という文化を見直して、

気軽に楽しんで欲しいと思う。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました