ベトナムの平均年収、日本円で?2018年までの推移を外務省調べで。2019年、2021年もドンと予想!


 

ベトナムの平均年収は、日本円なら30万円ほど。

まだまだ10分の1程度とは驚きだ。

 

 

長期滞在者によるベトナム情報、

ブログを手段にベトナムに移住する具体的な方法は

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

ご相談もどうぞ。

 

メールアドレス >

 

ベトナムの平均年収は

日本円にするといくらになるのか。

 

10年前と比べてどう変化しているか。

 

 

2018年までの推移から解説する。

 

 

 

スポンサードリンク

ベトナムの平均年収は日本円でいくら?2018年から2019年までの推移を分析

 

 

最近のベトナムは発展が著しい。

 

 

かつては日本よりも物価が非常に安く、

労働賃金も日本人からすると

驚くほどの低賃金だった。

 

しかし、近年の日本企業は仕事の発注先を

ベトナムやタイなどへシフトしている。

 

 

今までは賃金が安い中国企業に仕事を発注していた。

 

だが、中国の経済成長に伴う賃金の上昇と政治的リスクから、

発注先を変更せざるを得ない状況になってきたと分析される。

 

 

このおかげで、ベトナムの賃金は上昇しており、

最低賃金の引き上げも毎年行われている。

 

ベトナムの平均的な年収は

2018~2019年時点で

日本円で約30万円程だ。

 

 

間違わないよう、年収でだ。

 

月収にすると2.5万円になる。

 

 

2000年の11~19万円からの

推移を見ると、かなりの上昇だ。

 

しかし日本と比較すると、

いくら最低賃金が上昇しているとは言え、

まだまだ水準は低い。

 

 

この最低賃金は、ジェトロのホームページによると、

上昇はしてるものの上昇率の推移を見てみると、

2017年頃から縮小している。

 

2018年以降は賃金が上昇しても、

物価も同じくらい上昇しているのが理由で、

上昇率が低くなっているのだ。

 

 

2016年以降10%以上の上昇率を保っていたが 、

2017年には7.3%、2018年6.5%、2019年5.3%。

 

2021年に関しては5.5%と多少上がったが、やはり低い。

 

 

賃金の高い職種は1位がIT関連だ。

 

 

IT関連の仕事は海外企業からも依頼がくるため、

契約金額が高額のものも受けられる。

 

高額といえども、海外企業からすれば

国内の関連会社と比較しても

安価で済むのでコスト削減になる。

 

 

一番低い新人SEでも月収5万円からで、

年収では66万円ほどを稼ぐことができる。

 

ベトナムの人がITの世界で

働きたいというのがよく分かる。

 

 

2位は建設・不動産関連だ。

 

 

順調に発展を遂げているベトナムに、

海外からの投資が多くたくさんの

資金を確保できていることが理由だ。

 

また、ベトナムでも日本と同じように、

肉体労働系の仕事は賃金が高く、

あえて肉体労働の仕事に就く若者も多い。

 

 

3位はホテルのサービススタッフ。

 

 

サービススタッフは海外からの

観光客を接客するため外国語が必要だ。

 

特別なスキルが必要なため、

給料も高く設定されている。

 

 

 

ベトナムの平均の年収は?2021年までの予測を外務省データからドンと発表!

 

ベトナムの平均年収における

世帯所得を外務省のデータから比較する。

 

 

世帯所得5,000~34,999US$の中間所得層の割合は、

2000年では約10.4%だったのが、

2018年には約47.2%にまで上昇した。

 

特に、中間所得層の中でも

10,000~34,999US$の

上位の割合が増加している。

 

 

これはベトナムが確実に

発展していると予測される。

 

 

しかし、ベトナムの平均年収は

6,636万ドン(約30万円)であることが、

労働組合研究所のアンケート調査の結果により発表された。

 

この数字は労働者達にとっては、

賃金が上がったといえ、

生活に十分とは言えない。

 

共働きで少し余裕が出る金額だ。

 

そのため労働者は残業をして

少しでも賃金を増やそうとする。

 

 

余談だが、新型コロナウイルスの影響で、

世界各国のGDP成長率がマイナス成長と予測される中、

ベトナムの経済は2.8%のプラス成長と予測されている。

 

これは東アジア・太平洋地域の

発展途上国と比較しても最も高い数字だ。

 

 

2021年の世界経済では、この数字は驚異的な数値であり、

今後のベトナムのさらなる発展とともに賃金の上昇も期待される。

 

 

ベトナムでは働く人の

平均年齢は30歳と若く、

人口は20~34歳の層が最も多い。

 

日本とは違い、若手労働者を

中心とした社会構造になっている。

 

 

日本では管理、マネジメント世代といえば

40歳以上が多いが、ベトナムでは

若手スタッフが対象となる。

 

 

 

まとめ。ベトナムの平均年収を日本円で

 

近年、日系企業をはじめ、

外国企業の進出が目立つベトナム。

 

それに伴い賃金の上昇も進んでいるが、

世界レベルで見ればまだまだ低い。

 

 

物価は安いが、バイクやiphoneなどの

海外の製品は先進国の物価を基準に販売される。

 

ベトナム人にとっては

自分達のようにすぐに

手が届くとはいかないようだ。

 

 

かなり苦しい生活を強いられている。

 

 

ホーチミンで度々遊んだ小岩。

自分と同じく「結婚は要らない」派(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授