ベトナムで起業、カフェを開く方法!ベトナムで起業した男に費用とベトナム移住の失敗談を聞く


 

ベトナムで起業するなら、回転率が悪く

薄利多売が必要なカフェは、個人的にはおすすめしない。

 

 

長期滞在者によるベトナム起業情報、

ブログを手段にして現地に住むには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録を。

 

メールアドレス >

 

 

ベトナムで起業。

カフェを開くにはどうするのか?

 

一個人が海外起業など可能なのだろうか。

 

 

起業と聞くと非常に大それたことに聞こえる。

 

実際にチャレンジして失敗している人も多い。

 

 

楽観視は困りものだが、

視野を広く向けることには賛成だ。

 

存外、知り合いにも海外進出を

目論んだ人がいるかもしれない。

 

 

 

スポンサードリンク

ベトナムで起業したい!カフェを個人で起業する方法

 

ベトナムで起業したいと

個人で考えている人は実は多い。

 

日本での起業より予算が

かからないと思われている面もある。

 

 

だが起業したいというのなら、

それなりのまとまった資金も必要となる。

 

今回は、個人でカフェを

起業する方法を調べた。

 

 

経営の経験がある人ならわかるだろうが、

全く初心者の人は事前準備が大事である。

 

海外事業と聞くと響きが格好いいが、

何よりハードルが高い。

 

 

だがしかし、起業すれば

ビザが取れたりとメリットも多い。

 

 

ベトナムは成長している国で、

景気も良さそうに見える。

 

 

ベトナム起業での大きなメリットは、

費用が抑えられることだ。

 

 

コストを考えると物価の安さは

この上ないメリット。

 

個人の起業家にとって、

とても大切なポイントである。

 

いきなり大金を出して個人で

行える資産があれば、別の話だ。

 

 

「老後にベトナムで趣味の範囲でカフェをしたい」

 

 

そんな優雅な生活のつもりで行くのなら、

確かに個人の自由である。

 

だが多くの場合

「ベトナムで一つ成功させよう!」

そう考えての起業主も多いはずだ。

 

 

 

ベトナムで起業した男の、ベトナム起業の費用とベトナム移住の失敗談

 

ここでひとつ、ベトナムで

起業した男の例を見てみよう。

 

メリットよりもデメリットに

事前に目を向けることは大切だ。

 

 

ベトナムで起業することのメリットは、

何よりコスパのよさ。

 

当然まとまった資金は必要だが、

経営を続ける費用は

日本よりずっと抑えられる。

 

 

また、ベトナム人は日本人と

感覚が似ており働きやすさがある。

 

 

ベトナム起業は日本より

費用を抑えて始められる。

 

そのため、起業の中でも比較的

「手軽」さがあることも強みだ。

 

 

100%外国人株主で

起業できる国はまだ少ない。

 

法人銀行口座を作ることも、

20万円前後から可能なのがベトナムだ。

 

 

だが失敗することも多い海外移住だ。

 

失敗例も忘れてはならない。

 

 

コスパがいいと言ったベトナムでの起業だが、

ベトナム移住で失敗とも言われやすい費用。

 

現地のものは確かに安いが、

課税対象となるものが日本と異なる。

 

 

また、やはり文化の壁は本当に大きい。

 

ベトナムは日本人にとって過ごしやすい

国だと言われているが、現地スタッフとの

信頼感系をどこまで築き上げられるか。

 

 

起業となると、例えばカフェなら

店内の器具や装飾品の仕入れ。

 

日本では当たり前のように流通している海外製品が、

ベトナムでは規制対象であることも少なくはない。

 

 

「カフェを開こう!」

 

 

そう意気込みベトナムに航っても、

カフェを始めるまでのロスも頭に入れておこう。

 

店が出来上がらなければ

当然営業どころの話ではない。

 

 

念入りに計画を立てていたとしても、

ロスが発生することは覚悟しよう。

 

 

 

まとめ。ベトナムの起業(カフェ)について

 

ベトナムでの起業は確かに物価が安い。

 

だがそれを鵜呑みにして

「大儲けができる!」と期待しての

起業ならおすすめしない。

 

 

まだまだ成長途中のベトナムは、

確かに景気は悪くない。

 

だがその一方、全員が全員

景気に恵まれているわけではない。

 

 

日本のバブル成長期でもそうだ。

 

好景気ばかりに着目されていたが、

日の目を見ていない人も多くいる。

 

 

バブルの影響を受けた人ばかりが露出しているが、

そうでない地域もあることを忘れてはならない。

 

 

それでもなお、夢だと希望を

見ることは素敵なことだ。

 

 

ベトナムで憧れのカフェを経営。

 

とてもロマンがある。

 

 

リスクやデメリットをふまえた上で、

ぜひ成功させてほしいものだ。

 

 

ホーチミンの安井。

自分と同じく下見なしで海外移住したツワモノ(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授