朝鮮紀行(イザベラバード)韓国の反応は?海外の反応…朝鮮(韓国版)、イザベラ・バードの朝鮮紀行と韓国。内容は?


 

「朝鮮紀行」とは、

イギリスの女性旅行作家イザベラバードが書いた本です。

韓国の反応には賛否両論あります。

 

 

国内外どこに住んでもオンラインで安定収入を得るには?

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」

 

 

気になるその内容と、

韓国など海外の反応について解説します。

 

 

 

スポンサードリンク

朝鮮紀行、韓国の反応!韓国版の内容は

 

朝鮮紀行には、イザベラバードという

英国婦人の見た李朝末期の様子が

詳しく描かれています。

 

 

19世紀末の当時の朝鮮というと、

日清戦争前後、東学党の反乱や暗殺事件など

歴史的に大きな事件が多発した時代です。

 

他国の情勢に影響を受け混乱する朝鮮の内情を

批判を含めた様々な側面から記述しているので、

韓国の反応は良くないものも多いです。

 

批判されているので韓国反応は悪いのですが、

現代の人々が当時の風土や文化、

雰囲気を理解する貴重な資料でもあります。

 

 

朝鮮奥地紀行の韓国版の内容について

韓国の人が反感を持つのと同様に、

日本人にとっても気になる記述があります。

 

世界を旅したイギリス人女性イザベラバードは、

日本にも旅行に訪れたことがあり、

日本人の文化や外見について記述しています。

 

 

その中で

 

「日本人は鎖国により退化している印象だ、

また体格について小さくてみじめだ」

 

と述べているのです。

 

 

やはり、自国のことを悪く描かれるのは

気持ちのよいものではありません。

 

見たままを的確に表現するのが

彼女のよい所かもしれませんが、

批判的な表現が多いのは気になる点です。

 

 

イザベラバードは

 

 

「ソウルこそ世界で一番不潔な町だ」

 

「道は細く迷路のようで土埃がひどく、

雨が降ると膝までぬかるみ、

民家から出た汚物で悪臭がする」

 

「芸術作品は何もなく、

古代の遺跡も少なく寺院がない」

 

 

と記述しています。

 

 

実際、韓国にはすばらしい芸術品や

寺院がありますし、事実ではないことも

多いようです。

 

 

韓国版では、イザベラの描写と

全く違う部分があります。

 

 

ソウルの町について

 

 

「町は近代化されていて

東洋一きれいな都市である」

 

「日本軍が朝鮮を支配し、

建物を壊していった」

 

 

などかなり改編されています。

 

 

日本版では、事実無根の記述も

改編されることはないので、

これは韓国独特かと思われます。

 

 

 

イザベラバード(イザベラ・バード)韓国の反応!朝鮮紀行の海外の反応と朝鮮(韓国)

 

イザベラバードはイギリスの女性旅行作家で、

60代になってから韓国を4回も訪れたそうです。

 

 

イザベラバードの代表作「朝鮮紀行」には、

旅の記録だけではなく19世紀の朝鮮の様子が

詳しく描かれています。

 

 

イザベラバード朝鮮紀行には、激動の時代を生きた

朝鮮の人々の様子が如実に描かれているので

人々の関心が集まり話題になりました。

 

しかし、イザベラ・バードに対する

韓国の反応はあまり良いものではありません。

 

当時の韓国の様子をありのままに描きながら、

批判的な内容もあるため、韓国の人にとって

印象が良くないのも納得できます。

 

 

海外の反応は、客観的に見て

納得する人とそうではない人に分かれます。

 

朝鮮に対する知識の量や

個人的な考え方により反応は分かれるでしょう。

 

 

朝鮮紀行はイギリスの旅行作家イザベラバードが

1894年から1987年にかけて4回、

朝鮮を訪れて描いた旅行記です。

 

その時代に朝鮮に渡った人は少なかったため、

当時の朝鮮国王に謁見した彼女が見たままを

書き記した貴重な文章だと言えます。

 

 

日清戦争前後の激動の時代の朝鮮には、

まだ挑戦独特の文化や伝統的な風土が

色濃く残っていました。

 

 

英国女性の視点で描いた文章に、

政治的な影響はないと思われます。

 

ただ、見たままに書いた文章に対して

良くない印象を持つ人はいます。

 

 

当時の日本についての記述もあるので

興味がある方は手に取ってみては

いかがでしょうか。

 

 

 

まとめ。朝鮮紀行の韓国の反応について

 

英国女性旅行家の

イザベラバード著「朝鮮紀行」の内容と、

韓国の反応について紹介しました。

 

イザベラバードは日本にも訪れているので

東洋の文化について興味を持っていたことが

わかります。

 

 

朝鮮紀行についてよく知っている金田も

自分と同じく、フェミニストです(笑)。

 

 

最後に、

 

つい肩に力が入ってしまい自然体になれないアナタへ。

 

手堅く長期間勝てる投資ノウハウを学んで、

お金の不安のない人生を楽しみませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 


メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【 DAN 】フィリピン移住と投資の専門家
投資とフィリピン移住を実現するために
DANの半生

▼CLICK自由への道

投資とお金の知識

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授