東京で起業するメリットとデメリットとは?


 

「やはり大都市の東京で起業したい・・・」

 

 

リスクを避けてオンラインで起業したいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

 

同じ日本に住みながら、地方など東京のある関東から

離れた場所に住む起業家は、こう考えるケースが多い。

 

実際、日本の有名な会社の本社は大体東京にあるし、

世界的にも東京は注目されている大都市。しかし

やはり起業となれば当然、魅力とともに問題も。

 

 

 

スポンサードリンク

東京で起業するメリット

 

 

 

東京で起業するのに便利なのは何といっても、

通信状況などインフラの安定度の高さ。

 

 

店舗を持って集客するというリアルビジネスの場合は、

当然人口が多い東京が有利。単純に考えても一千万人の市場であり

起業後のマーケットとしては大きい。

 

特にあなたが外国人も含めたサービスを提供する場合、

やはり東京のような都市部に人は圧倒的に集まっている。

 

 

また直接顔を合わせて丁寧なミーティングを重ねたい、

そしていわゆる飲みニケーションを大切にしているような

ビジネスの場合には・・・

 

やはり人が集まっている分、東京での起業が有利。

 

緊急性の高いとのトラブルが起きた場合でも、

物理的な距離の近さは対応のスピードにつながる。

 

 

今ならネットで場所を問わず情報は得られるが、リアルな

口コミの速さは、やはり情報が集まる東京。起業の点でも

ここはプラスに働く。

 

フォーラムなどのイベントもやはり東京で開催される

ことが多いため、起業のための情報収集は容易だ。

 

 

多くの人が地方から上京してきており、人材がユニーク

であることも東京の魅力。彼らと組むことで面白い起業ができる

可能性もある。

 

 

 

東京で起業するデメリット

 

東京で起業することのマイナス面は、

やはり物価や人件費の高さ

 

コストの高さが世界でもトップレベルに入る東京では、

ビジネスの維持管理費は当然高くなる。

 

賃料を抑えるためにレンタルオフィスなどスポット的な

利用も増えてきたが、それでも田舎に比べればコストは上がる。

 

光熱費や通信料は日本では田舎と差がないので、

他に差が出るとすれば食費。ここも東京では上がってくる。

 

 

特に俺がリアルビジネスを推奨しない理由は、人を雇った

場合もオフィスを借りた場合も、オンラインビジネスに比べて

高くなってしまうこと。

 

何しろ、俺のオヤジの原宿のライブバーを例にとっても、

毎月50万円の家賃が固定費として飛ぶ。

 

「家賃さえなかったら水商売はボロ儲け」と語った人が

いるが・・・場所がなければ成り立たないそういった商売で

家賃さえなければなどという想定自体が、そもそもナンセンス(笑)。

 

 

最も個人的に怖いのは・・・今後30年以内に70パーセント

以上の確率で起こるといわれている東海大震災または

首都直下型地震

 

あなたがオフィスなどのインフラを関東に持っている場合、

物理的・経済的に致命的なダメージを受けてしまう。

 

 

浮気が治らない彼女を見限り、フィリピン人家政婦のleeと

ともに東京でフィリピン人向けのビザ発給のサポートをするビジネスで

起業したキムちゃん。

 

在日フィリピン人向けのアトピーの治し方

プレゼンテーション例としてまとめたものを見せて

もらったが・・・それもビジネスになりそうだった。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授