タオ島のダイビング、日本人が死亡?プーケットのダイビングで日本人が死亡の噂


 

タオ島でのダイビング中に

日本人が死亡したというニュースが飛び込んできました。

 

怖いイメージを持ってしまいますよね。

 

 

タイなど、どこに住んでもオンラインで安定収入を得るには?

 

これを知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」

 

 

透明度がひと際高く、

「天国の海」とも称されることが多い

タイのタオ島。

 

実際にはどんなところなのか、

紹介します。

 

 

 

スポンサードリンク

タオ島のダイビングで日本人が死亡?何があった?

 

タオ島は、タイランド湾に浮かぶ島で

世界中のダイバーに人気のダイビング大国です。

 

地元民はもちろん、日本人を含むアジアや

欧米からも、その海を目当てに

多くの観光客が毎年集まっています。

 

その人気の理由は以下の通りです。

 

 

1.透明度が高くきれいな海

 

場所や時期によって30m先の深さまで

見られることがあるようです。

 

 

2.ダイビング体験料が国内最安値

 

1ダイブ800バーツ(約2,700円)で

潜ることも可能です。

 

日本では平均1万円くらいかかるので

比較するとかなり格安ですね。

 

 

3.ジンベイザメとの遭遇率の高さ

 

日本ではほとんど

会うことが出来ないジンベイザメ。

 

せっかくなら迫力ある動物に

会いたいという方にもピッタリです。

 

 

タオ島でダイビングをしようと

調べてみると、必ず目にすることになるのが

日本人の死亡事故です。

 

 

2018年の1月。

 

スキューバダイビングをしていた

30代の日本人女性が、ダイビング船のスクリューに

接触し、頭などを負傷して死亡しました。

 

 

タオ島に限らず、タイの海では、

同様にスクリューに巻き込まれたことが原因で

死亡する事故が相次いでいます。

 

 

また、2019年には日本人が常駐している店で

ダイビングをしている最中に日本人女性が

死亡した事件も発生しています。

 

この件で店は半年間の営業中止となりました。

 

 

日本人が営業している店は安心してしまいますが、

日本人の営む店であっても危険は伴う

ということを再認識した事故でした。

 

 

 

プーケットのダイビングで日本人が死亡?

 

実はプーケットでも

タオ島に似た事故が起こっています。

 

プーケットはタオ島から見てさらに南側の

アンダマン湾側に位置している人気観光地です。

 

 

2011年に、日本人女性がプーケットで

ダイビングの講習を受けている最中に

ボートのスクリューに巻き込まれ死亡しました。

 

日本人のインストラクターも一緒にいましたが、

本人による何らかの誤操作・誤作動で

海面付近まで浮上。

 

ちょうどそのタイミングで船が

別の場所に向かうべくエンジンをかけたところ、

そのスクリューに巻き込まれてしまいました。

 

 

誤作動などの詳しい原因は不明ですが、

痛ましい事故だったことがわかります。

 

この事件は大きなニュースとして取り上げられ、

ダイバーの中ではかなり有名となっています。

 

 

日本人以外にも、韓国人やタイ人のダイバーが

プーケットで溺死した事件もあります。

 

タイだから危険度が上がる訳ではありませんが、

いずれにせよかなり危険を伴うアクティビティなので、

細心の注意を払って行うようにしましょう。

 

 

 

まとめ。タオ島のダイビングで日本人死亡について

 

今回はタイでダイビングの有名な

タオ島とプーケットについてご紹介しました。

 

 

非日常を味わえ、きれいな海洋生物に癒され、

身体もすっきりするダイビングには

魅力がたくさん詰まっています。

 

コロナ禍においても自然で遊ぶことのできる

アクティビティは人気が絶えません。

 

 

自分もダイビングは趣味ですることがありますが、

一度やってしまうと虜になってしまう気持ちが

分かります。

 

ただ、忘れてはいけないのが、

自分の命は自分で守らなければならない

ということです。

 

 

日本であれば、最悪事故が起きても

何をどうすればよいのかわかります。

 

ですが、海外では病院にかかったり、

保険の調整をしたり、小さなことでも

不安要素がたくさん詰まっています。

 

最悪の事態を招くことがないよう、

入念に準備を行いながら、

十分注意して楽しみましょう。

 

 

タイにロングステイしていた明美。
自分と同じくロボコンファンです(笑)。

 

 

最後に、

 

情熱を失いかけているあなたへ。

 

コンサルでマーケティングを学んで明るい未来を手に入れませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 


メール無料購読特典(PDF)

①「フィリピンと日本の国際2拠点生活・最新情報レポート」

②「ストレス労働脱出計画」

③「10時間で6万円を稼ぐ方法」

公式LINE無料購読特典(音声)

①「成功する2拠点生活・国別の長所短所を解説」

②「海外で自由に生きるのに必要な3つの発想と行動」

③「世界の非常識「日本人の投資マインド」を一瞬で変えるヒント」


よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

【 DAN 】フィリピン移住と投資の専門家
投資とフィリピン移住を実現するために
DANの半生

▼CLICK自由への道

投資とお金の知識

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授