台湾に移住し仕事!台湾移住の後悔と50歳の台湾移住…仕事とシニアの年金、老後の移住と貯金。仕事探しと海外移住するシニアの失敗


 

台湾に移住するなら、

事前のトライアル短期滞在は必須です。

 

住んでみて後悔しないために。

 

 

台湾など海外に住んでも入り続ける安定収入。

 

その構築法を知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

 

台湾は日本から距離も近く、

時差も1時間しかありません。

 

台湾料理も美味しく、

旅行で訪れる人も多いです。

 

 

日本と身近に感じる台湾は、

海外移住先として人気です。

 

台湾移住のメリット、

デメリットを調べました。

 

 

 

スポンサードリンク

台湾に移住して仕事!台湾移住の後悔と仕事、貯金など

 

現在、海外移住先として

人気のある国は台湾です。

 

 

台湾移住のメリットは治安の良さや、

美味しい料理がたくさんあること。

 

また、台湾には日本の文化を好きな人が

多いことから、現地に多少の日本語なら

わかる人も多いことも理由としてあります。

 

 

台湾に移住をしたいなら、

費用はどれくらいかかるのか、

どれくらい貯金があればいいのでしょうか。

 

旅行で行ったことがある人は

台湾の魅力を知っていますが、

台湾に移住して後悔した人もいます。

 

後悔しないためには、

台湾移住のデメリットや台湾移住した人の

失敗談をよく調べておくことが大切です。

 

 

まず台湾に移住する方法は、

ビザの取得が必要です。

 

ビザ取得の条件は、

留学で行く場合、仕事で行く場合、

結婚して行く場合で異なります。

 

 

現在台湾に住む日本人で

仕事をしている人は約25,000人います。

 

台湾は日本の九州程の大きさしかないので、

台湾では日本人同士の交流も盛んです。

 

 

台湾で働く場合は、

就職先を見つけてから

移住することをおすすめします。

 

台湾移住してからの仕事探しは、

中国語ができないと苦労します。

 

移住する前に時間があれば、

中国語の勉強もしておくと良いです。

 

 

台湾で就職した日本人の多くは営業職です。

 

日本人顧客や日本企業とのやり取りは

日本人同士のほうがスムーズな取引ができるため、

日本人が採用されやすいのです。

 

 

台湾で仕事をする日本人は、

日本語講師や日本料理店、

貿易会社で働く人も多いです。

 

日本料理店は中国語ができなくても

働ける求人もでているので、

中国語を学びながら働くこともできます。

 

 

台湾での仕事先は、

様々な転職サイトから求人がでており、

日系企業もたくさんあります。

 

「求人 台湾」「台湾 移住 求人」で検索すると、

台湾で仕事をしている人の記事や、

台湾で仕事を探している日本人向けの求人がでてきます。

 

 

台湾に海外就職した人のブログを見ると、

日系企業に勤めているが同僚は台湾人が多いため、

必然的に中国語での会話がメイン。

 

日本語を使う機会は、

日本の上司やクライアントと話すと時だけ

と書かれていました。

 

ブログ【にじいろ台湾】参照

 

 

台湾に移住かかる費用は、

1年間で約150万円かかります。

 

家賃:60万円(月5万円×12か月)

 

光熱費:3万円(月2,000円程度)

 

水道光熱費:2万円(月1,700円程度)

 

通信費:2万円(月1,800円程度)

 

食費:36万円(月3万円程度)

 

学費:36万円(月3万円程度)

 

雑費:10万円(消耗品購入)

 

と内訳されていました。

 

ブログ【台湾観光ドットコム】参照

 

 

金額だけ見ると、

台湾での生活費は日本よりも安いです。

 

人によってお金をかけたいところは違います。

 

あくまで参考なので、

しっかり自分でかかる費用を計算して

貯金しておく必要があります。

 

 

ブログには費用の詳細が書かれていて、

メリット、デメリット、アドバイスも

あるので参考にしてみてください。

 

 

ネットで“台湾移住ブログ”と

検索するとたくさんブログがでてきます。

 

実際に台湾に移住した人達が

デメリットを教えてくれています。

 

 

デメリットの理由として、

給料が少ない、台湾で働くのは大変、

毎日が外食、衛生面が汚いなどがあります。

 

これから移住を台湾にしようと考えている人は、

後悔しないために台湾の文化を

よく調べておくといいです。

 

 

日本との違いはあるけれど、

時間が経つにつれて慣れてくるものもあります。

 

熟年の海外移住先としても人気のある台湾です。

 

老後に夫婦二人で海外移住も素敵です。

 

 

 

50歳の台湾移住!シニアの年金と移住、老後の移住

 

海外移住先として

シニアに人気がある国は台湾です。

 

 

台湾は中国語が話せないと

移住できないと思われていますが、

は日本語がわかる人はたくさんいます。

 

中国語がわからなくても

住めるのは助かります。

 

 

台湾は物価が安いのも

移住する人気の理由の一つです。

 

台湾の物価は

日本の約3分の2と言われています。

 

あまり外食せずに生活していれば、

月の生活費も約8万円くらいなので

老後に年金だけで生活も十分できます。

 

 

50歳は人生の

折り返し地点でもある年齢です。

 

そのため、移住は50歳になったら

しようと考えている人は多くいます。

 

けれど50代で移住をして、

新たに仕事を見つけるのは大変です。

 

 

台湾にはシニアでも働ける求人はあります。

 

しかし、働くとなると中国語が必要なので、

50代で一から中国語を勉強するのは

少し大変かもしれません。

 

 

“シニア 移住 仕事”と検索すると、

シニアの海外就職は可能のようですが、実際に

50代、60代で海外就職した人はほとんどいません。

 

 

台湾に住んでいる人に移住相談ができると、

移住した時のイメージがしやすいです。

 

今はSNSを通して様々な人と繋がれます。

 

台湾に住んでいる人と繋がれれば、

色んな相談や話が聞けて良いです。

 

 

台湾は日本人にとって移住しやすい国です。

 

海外移住をしたいが、

国が決まっていない方は台湾もおすすめです。

 

 

 

まとめ。台湾移住について

 

今回は台湾に移住についてまとめてみました。

 

日本から距離も近く、物価の安い台湾は

移住先として人気があることがわかりました。

 

 

日系企業が多いことから、

日本人が働ける環境も多くあります。

 

メリットもあるが、

やはりデメリットもあります。

 

どの国にもデメリットはありますが、

住んでいるうちに慣れてもきます。

 

 

これから台湾に移住を考えている人は、

台湾の文化も知っておくと、

住んでから困ることも少ないです。

 

 

台湾が好きな昭一。

自分と同じく、日本人より外国人の友達が多い人です(笑)。

 

 

最後に、

 

人生に喜びがないあなたへ。

 

コンサルで目標を明確にして新しいチャレンジをしませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授