佐川急便が午前中に届かない?午前中に指定、法人の料金は?佐川急便の午前中を指定するシールって?


 

佐川急便では、時間指定で配達を頼める。

 

しかし、佐川急便が午前中に届かない?という意見や、

午前中に指定、法人の料金は?とか、

佐川急便の午前中を指定するシールって?など、

 

疑問も出てる。

そこで実態を調べた。

 

スポンサードリンク

佐川急便が午前中に届かない?午前中に指定、法人に着く指定の料金は?午前中とは何時から?

 

佐川急便の午前中で届かないという事件だが、

荷物を頼んで、時間指定したと考えていたら、

指定していなかった場合がある。

 

この場合は、頼んだ人がミスをしているので、

よく確認することでミスは避けれる。

 

 

しかし、佐川急便で午前中指定していて

届かないのであれば、問題である。

特に、その時間に使う予定であれば、なおさらだ。

 

そして、午前中届けのとき、届け時間は、

8時から12時なので、気を付けたい。

 

そして、使う人が、個人であれば、

個人に迷惑がかかるだけで済むが、

 

佐川急便の午前中指定が法人である場合で届かなければ、

それだけ、法人の予定作業時間が遅くなる。

 

 

ここまで考えると、リスク回避のため、

遅くなる可能性があると契約していても、

配達ドライバーの神経はすり減りそうだ。

 

 

さて、佐川急便の午前中に着く指定便のことについてだが、

あくまでも、個人向けのサービスとしていて、

法人から法人に、時間指定の荷物が送れない仕組みだ。

 

佐川急便の午前中指定での料金についてだが、

基本的に、配達地域により異なるが、

既存のサービスの運賃と同じだ。

 

午前中届けは、時間帯指定サービスとされているのだが、

時間帯指定によるサービスで、料金が加算されることはない。

これは、法人でも同じで、発送は個人と同じ料金だ。

 

あくまで個人向けサービスである。

 

 

佐川急便の午前中を指定するシール、午前中に着く指定で企業へ送ってみた

 

佐川急便の午前中指定シールについて、

誰でもわかりやすくて使い勝手もいい。

 

簡単に使えるのが特徴だが、企業には時間指定では、

送れない仕組みだ。

 

 

佐川急便で午前中に着く指定をしたとき、着指定にも関わらず、

届けが会社の場合は、原則は受付しないだろう。

 

そして、配達ドライバーが気が付けば、指摘されると考える。

 

それは、佐川急便で午前中着指定を企業にした場合で、

個人宅が事務所の会社であれば、

個人名で発送すれば、届けは可能となる理論だ。

 

 

AM指定で荷物を届けたいとき、

送られたい企業には別の選択肢もある。

 

企業から企業に向けたサービスに強い配達会社もあり、

もちろん遅れる可能性はあるが、絶対にこの時間というのを伝えれば、

その配達会社は、かなり優先して届けてくれる。

 

その配達会社は、メッセンジャー会社や、バイク便会社だ。

速い配達が強みで、企業向けなので料金が高いが、

時間に指定があるので、

 

迅速に届けたいなら、こういった会社を頼るのが効率的だ。

 

なお、その中でも速いといわれるメッセンジャー便は、

ビル街などの大企業向けサービスで稼いでいて、

地方のサービスはあまりない。

 

そして、長距離配送サービスは基本していない。

そのときはバイク便がいい。

 

佐川時間指定では、企業向けではないことが判明したので、

時間指定するなど、トラブルの元になるような行動は

避けたほうが良い。

 

ただ、企業向けの場合でも個人宅であるとか、

個人名だと指定できる。

 

送り先がビルとか会社名届けの場合は、

時間指定のサービスはされていない。

 

 

まとめ

 

色々とサービスをしている佐川急便だが、

無料で追加できる時間指定については、

 

何が起こったか知らないが、

企業に向けた時間指定届けをしていない。

 

個人的に考えれば、企業向けの荷物は、

個人向けの荷物よりも責任感の強い荷物に見えてくる。

それは、多くの人が関わっているからだ。

 

もし、その荷物が、時間に届かないとか壊れたとかあると、

業種にもよるが、例えばテレビ局の場合、

 

生放送であれ収録であれ、

別の施策を報じなくてはいけない。

 

ただ、そんなことを考えているわけではないため、

多くの場合は、現場がパニックになりそうだ。

 

そんな状況を一人の配達ドライバーが、

抱えた荷物一つ一つに抱えていたら、こちらもパニックだ。

 

そんなときに、何かが起きれば、

時間に厳しいサービスを

企業相手にしなくなるのもわかる。

 

企業向けの時間指定届けは、

かなり緊迫して届けているのだ。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授