家事は感謝されない…感謝されない妻と感謝されない人。主婦は感謝されない仕事?妻に感謝しない夫とは


 

家事を感謝されないことが多いのは、

主婦の仕事が「お金を生み出さない」ため

日本では特に低く見られているから。

 

 

それならいっそ、家事以外で稼ぎ

パートナーに何も言えなくさせてしまおう(笑)。

 

 

在宅で稼げるおすすめの仕事は

 

こちらをクリックしてください。

 

 

 

家事は感謝されない。

 

そういう悩みが定期的に話題となるが、

モラハラ旦那は比率では減少傾向である。

 

妻に感謝しない夫といわれる問題は

妻にも問題があるのである。

 

 

 

スポンサードリンク

家事は感謝されない仕事?主婦の妻に感謝しない夫…旦那に期待しない方法とは

 

結婚後の生活は恋愛とは

別物と言われている。

 

 

結婚生活のアレコレは、

よくメディアでも

取り上げられている。

 

その中で問題に上がるのが、

家事は感謝されない、

ということである。

 

 

感謝されない仕事は

この世界に存在しない。

 

問題の本質は家事が

感謝に値しないのかどうかではなく、

それ以外にあると考えるのが妥当なのだ。

 

 

その場合は、家事が感謝されないのではなく、

主婦が感謝されない、という一面を

含んでいるとみることができるのである。

 

 

ただ、シンプルに他人に感謝できない人もいるので、

そのような旦那の場合は、妻が家事をやって当たり前、

と考えている節がある。

 

そのような旦那に期待しない方法を考えるほうが、

波風を立てずに生活できるのである。

 

 

そのように、お互いに無関心になることで、

トラブルを避けることは可能になる。

 

だが、お互いに無関心であることが

夫婦であることによいとは言えないことも事実であるのが、

この構図こそが本質なのである。

 

 

旦那はATMという言葉が有名だ。

 

旦那の稼ぎや肩書といった

スペックを自分のもののように、

感謝のない自分本位な妻も問題視されている。

 

 

そのような妻に感謝されないパターンでは、

家事をしても感謝されないのは、

当然の流れなのだ。

 

 

旦那に期待しないという方法だが、

その内容は、結婚という社会義務と

システムと割り切る。

 

働いてお金を入れてくれればいい、

それ以外は求めない関知しないという

考え方が一般的だ。

 

 

自分本位な妻が、自分さえよければいいと考える結果が

旦那に期待しない、自分に不利益になることせず、

お金だけ入れるのが男。

 

男が養って当たり前、というように

旦那に感謝や思いやりがないことに

気づいていないパターンなのである。

 

 

これを、旦那と妻を入れ替えて考えれば、

家事が感謝されない、妻が感謝されないという

問題の本質が見えるのである。

 

 

また、このように旦那と妻を入れ替えて

問題を見直すだけだが、それができないのが

自分本位な人たちの特徴である。

 

 

そこに男女の違いはなく平等なのである。

 

お互いがお互いに感謝の念がなければ、共同生活が円滑に

進まないことが分かっていながら、自分本位な女性はこの本質を見ようともせず

解決できないばかりか、男が働いて当たり前。

 

家事をしているのに感謝しろ、とばかりに

男女平等を言い訳にしたり自分だけが頑張っている被害者、

という立場を誇張するのである。

 

 

つまり、旦那に期待しない方法、と考えるような精神性では

対等な大人の関係とはいえないばかりか、

家事以外に問題が起こりうる可能性を常に抱えることになるのだ。

 

 

 

妻に感謝しない夫…家事は誰からも感謝されない仕事。旦那に感謝できない、感謝しない妻の心理とは

 

妻に感謝しない夫は多いといわれるが、

一般の情報を鵜呑みにするのは危険である。

 

もちろん、家事をして感謝されないということは

あってはならないモラハラ、

パワハラといったハラスメントだ。

 

 

だが、旦那だけではなく

感謝しない妻という現実もあるのだ。

 

 

旦那に感謝できない理由があるのか

旦那に感謝できない人なのか、

背景はそれぞれと考えられる。

 

が、誰からも感謝されない人が

いることも事実なのである。

 

 

妻に感謝しない夫、旦那に感謝しない妻、

このことが問題であり、

結婚生活では思いやりは重要なのだ。

 

 

お互いに思いやりを持って生活している人たちは、

完璧を求めない傾向があり、100点でなくても

10点でも気持ちを見せくれたことに感謝しあう夫婦が多い。

 

お互いに感謝しあうのである。

 

 

家事を感謝されない仕事にしてしまうのは、

その家事をする人の態度や考え方が

そうさせてしまうことがほとんどである。

 

やはり男だから金、女だから家庭、

という古来のジェンダー観では、

感謝どころか思いやりすら薄れてしまうのだ。

 

 

 

まとめ。家事を感謝されないことについて

 

家事が感謝されないというのは、

ゆゆしき問題であり

モラハラともいえる案件である。

 

しかし、そこには歪んでいるともいえる

夫婦の二者間の問題が

横たわっていることが多いのだ。

 

 

「男はこれをして当たり前」

 

「女はこれをするべき」

 

そんなジェンダーに関する問題のほかに、

男が稼いで当たり前で女は働かない、女は家事をして当たり前で

男は何をしてもいい、という男尊女卑が隠れていることも多い。

 

 

男女平等で性差について言葉狩りのような過激なネットの空気があるようなうちは、

稼げるほうが稼いで、家事ができるほうが家事をしたほうが、

個人の長所を生かすという意味でも無駄がないように感じる。

 

だが、男は稼いで当たり前で女を養うべき、しかし、働かなくていい、

という女は何もしなくていいが男には求める、という価値観が蔓延していて、

思いやりに欠けている層が多いことも事実であるのだ。

 

 

家事が嫌いだった増本。

自分と同じく、結婚はいらないと語る人(笑)。

 

 

 

最後に、

環境の変化についていけないあなたへ。

 

未来を楽観的に観れる人を増やすカウンセラーになりませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授