ウクライナの年収!平均年収、給料は?モナコの平均年収と移住、ウクライナ年収と平均月収…ウクライナ平均年収、モナコ平均年収について


 

ウクライナは物価が安い場所なので、

年収も気になりますよね?

 

 

ウクライナに移住しても尽きない
安定収入をブログで得る方法、

 

英会話の最速マスター法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

世界有数の美人大国ウクライナは日本からの

移住でも人気が高い国となっていますが、

年収事情は実際どうなのでしょうか。

 

 

今回は、国際問題で

何かと話題にあがるウクライナを、

お金の面からモナコと比較してみました。

 

 

 

スポンサードリンク

ウクライナの年収は?平均年収と給料、移住とウクライナ年収。月収(平均月収)とウクライナ平均年収

 

ヨーロッパの国としては

かなり物価が安いウクライナ。

 

ヨーロッパでありながら、

東南アジアと同水準もしくは

それ以下の物価となっています。

 

いったいどういうことなのでしょうか。

 

 

その理由は

収入ランキングを見れば明らかです。

 

2020年の世界収入ランキングでは、

ウクライナの平均月収は

359ドル(約4万円)で世界83位です。

 

対して、日本は

世界13位の2638ドルで約30万円相当。

 

 

ウクライナ平均月収額は

日本の約8分の1にあたり、

かなり低いことがわかります。

 

 

ウクライナの平均年収は約50万円。

 

日本の平均月収2か月分の

給与以下となっています。

 

日本が高いのかはわかりませんが、

これならウクライナの物価が安いのも

納得できます。

 

 

日本人の移住先に

ウクライナの人気が高いのは

物価の安さだけが理由ではありません。

 

 

ウクライナ移住は、美しい自然と街並み、

健康的でおいしいウクライナ料理。

 

優しくて美人が多いウクライナ人、

悪くない治安等好条件が勢ぞろいです。

 

 

自分も一度は

ゆっくり暮らしてみたい国の一つに

リストアップしています。

 

 

ウクライナで日本人向けの

おすすめな仕事はなんといってもIT系です。

 

プログラマーやエンジニアの需要が特に高く、

他業種に比べ給料も多くもらえます。

 

 

日本企業への転職なら、

海外転職エージェントの利用がおすすめです。

 

 

 

モナコの平均年収は?モナコ平均年収を紹介

 

世界で2番目に小さい国モナコ。

 

その大きさは東京ディズニーリゾートと

ほぼ同じくらいともいわれています。

 

 

高級リゾート地として

世界的に有名な国ですが、

実際その生活レベルはどうなのでしょうか。

 

 

モナコの平均年収は2,023万円。

 

文句なしの世界1位です。

 

 

月収だと150万円以上稼ぐ計算になります。

 

この数値は、モナコが経済成長を遂げたというより、

世界中のセレブがモナコに集まってきた結果です。

 

 

現在、モナコ国籍を持つ人は人口の2割ほど。

 

残りの約8割は

モナコ国籍ではない人たちが占めています。

 

 

モナコの居住権を得るには、銀行に

3,000万円以上のお金を振り込まなければ

いけないという噂もあるほどリッチな国です。

 

 

これだけモナコに

セレブが集まるのには訳があります。

 

 

モナコには所得税がないため、

収入が多いほど悩みが増える税問題も、

タックスヘイブンのモナコにはありません。

 

移住をしてきたり、別荘を建てたりと、

もう一つの居場所を求めてモナコへ

セレブたちがこぞってやって来るのです。

 

 

リゾート地としてもう一つ有名な国が、

オセアニアのパラオ。

 

 

パラオ人の平均月収は

約13万円と低めです。

 

物価自体は日本と変わらないので、

パラオの人は少し苦しい生活を

強いられることが想像できます。

 

 

物価が高い理由は大きく2つ。

 

 

1つ目はほとんどの商品が

輸入に頼っているということ。

 

2つ目は賃金の高い外国人労働者を

多く雇っているということです。

 

 

今後国内での生産力が上がれば

物価もすこし改善されていくと思いますが、

まだ時間はかかりそうです。

 

 

 

まとめ。ウクライナの年収について

 

年収も物価も低いウクライナ。

 

年収も物価もダントツに高いモナコ。

 

年収は低めで物価は高めな

パラオの3国を紹介しました。

 

 

自分が一番惹かれたのは

やはりウクライナ。

 

年収を自分の努力でカバーできれば、

少し贅沢をしても生活費は安く済みます。

 

ヨーロッパに住むというだけでも

気持ちが上がるので、

かなりお得な気がします。

 

 

ウクライナは移住先に

とてもおすすめの国でした。

 

 

浮く内らに住みたいと話す林川。

自分と同じく、ムカデが大嫌いです(笑)。

 

 

最後に、

 

いくつになっても好奇心を持ち続けたいあなたへ。

 

コンサルになってフレンドリーな社風の会社を増やしていきませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授