シンガポール移住の有名人が後悔…芸能人の仕事、ブログから知る日本人の費用やデメリットとは


 

シンガポール移住の有名人と言えば、

ジェームズ・スキナー。

 

浜崎あゆみは一時期だけで

今は日本に住んでいる。

 

 

長期滞在者によるシンガポール移住情報、

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンやシンガポールなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

 

シンガポール移住の有名人の後悔は想像にた易い。

 

なぜならシンガポール移住のデメリットは

イメージよりはるかにたくさん潜んでいるからである。

 

 

 

スポンサードリンク

シンガポールへ移住した日本人の有名人や芸能人。シンガポールへ移住した後の仕事・メリットとは?

 

シンガポールへ移住した日本人はかなり多く、

シンガポールの移住は仕事のためという人もいれば、

シンガポール移住した有名人やシンガポール移住した芸能人も多いのだ。

 

 

シンガポールの有名人は日本人だと、

浜崎あゆみや松居一代、中野美奈子が有名だ。

 

 

しかし、日本人がシンガポールに

移住するメリットは大きいとは

限らないのである。

 

 

もちろんデメリットばかりではなく、

経済大国であるシンガポールは

金融関係の制度で優遇される面が多い。

 

日本で金融に関係する事業をするよりは

はるかにメリットを受けることができるのである。

 

したがって、シンガポール移住後の仕事としては、

株や信用取引の仕事があれば、一般にイメージされるような

セレブな暮らしも手に入るのである。

 

 

つまり多額の金を一度に動かせるなら

シンガポールはメリットが大きい。

 

 

だが、現地採用の仕事で移住を考える場合は、

セレブなイメージとはかけはなれたシンガポールを

受け入れる必要があるのである。

 

 

コンドミニアムに住むにしても、

月額で50万円以上がかかるので、

一部のセレブのための物件であることは明白だ。

 

 

シンガポール移住とは、

お金がいくらあっても湯水のように

出ていく世界なのだ。

 

シンガポール移住に夢や目標があるときは、

しっかり計画して用意周到なくらいで

やりすぎということはないのである。

 

 

セレブなくらしはハードルが高いが、現地の求人に応募し、

東京の下町のような移住生活を送ることもできるので、

計画と行動力と英語力にかかっているといえるのである。

 

 

しかし、芸能人に多いパターンは、

セレブに憧れて移住し、上手くいかず

定着できずにいる人が多いと自分は感じているのだ。

 

その問題点は、一つだと考えているのだ。

 

セレブの真似ごとをした結果、と言えるのである。

 

 

 

シンガポールへ移住した有名人のブログを紹介。移住で後悔?移住にかかる費用やデメリットとは?

 

最近のシンガポール移住の

有名人と言えば、中田敦彦だ。

 

シンガポールの移住を

ブログで触れていたこともあり、

話題で上がったのである。

 

 

彼は成功している人なので、シンガポールの移住の費用の

心配はないことは間違いないが、シンガポールに移住する

デメリットは把握しているのか怪しいのである。

 

シンガポール移住を後悔しないことを、

自分は祈るばかりだ。

 

 

教育環境や勉強のこともあると思われるが、

シンガポールは学歴社会であり、もちろん

異常なまでの受験戦争が待ち構えているのである。

 

 

そして、シンガポールには徴兵制があるため、

長期の生活基盤がシンガポールにあるときは、

徴兵制の対象になるのである。

 

 

それらを把握して、検討した結果であればいいのだが、

今までの芸能人のシンガポール移住の流れと、

自分の経験とで総合して考えると、不安を感じるのが本音なのだ。

 

 

 

「シンガポール移住」

 

Webビジネスで成功した周りの起業家に、

シンガポールに移住する人が多い。当然、これは個人としても

ビジネスの点からもメリットがあるから。

 

一方で、シンガポールに住むデメリットについては

あまりインターネット上で触れられていない。

 

この日本を含め移住にメリットしかない国はありえないので、

両方をしっかり見て判断していくようにしたい。

 

 

 

シンガポール移住のメリット

 

 

まずは、すべてのインフラが日本以上に整っていること。

 

 

公共機関は東京などの大都市同様、地下鉄やバスが利用でき

自家用車はいらないほど。

 

そして日本と違うのは、タクシーの価格の安さ。

 

日本への直行便も毎日10便以上あり、

他の国へアクセスしやすいのも魅力。

 

 

日本にある物はたいてい、シンガポールでも手軽に

手に入るのが移住者には嬉しい。家族で住むなら子供に

高水準の教育を受けさせられることもプラス。

 

日本ではバカにならない贈与税や

相続税がないことも大きい。

 

 

そして有名なのは、治安が良いということ。

 

日本ではNGではないこともシンガポールでは罰則があったりと、

治安はある意味日本以上に良く、世界でもトップレベル。

 

 

シンガポールでは英語と中国語が公用語になっており、

唯一馴染みのある外国語である英語が通じるのは

日本人移住者にとって助かるところ。

 

いわゆるシンガリッシュ(シンガポールで話される英語)は

少し癖があるとは現地滞在のフィリピン人アイリッシュの話だが(笑)、

むしろ日本人には理解しやすいともいえる。

 

 

日本と同様に長寿国のシンガポール。医療レベルが高い

ことも関係しているが、気候も影響している。熱帯雨林気候で

一年中気温が安定しているのは、日本と違い特に高齢者の体には優しい。

 

四季がないことをデメリットと捉える人もいるが、

このフィリピンと同様、俺にとってはメリットでしかない(笑)。

 

 

地震や津波、台風などの自然災害が少ないこと、

原発がないことは特に家族と移住するなら安心材料だ。

 

 

多民族国家で人種差別がないのもいい。

現地に美容師として移住した貴子は、シンガポール人は

優しいと笑顔で語っていた。

 

 

ちなみに投資をする人にとっては、キャピタルゲインや

インカムゲインに対しての課税がないこと、日本では

考えられないような条件の良い金融商品購入ができること。

 

これは大きなメリットであり、彼らの移住の動機になっている。

 

現地で会社を設立する場合、法人実効税率が17パーセント

以下だったり、政府による手厚い保護がしっかり受けられたり、

設立手続きがオンラインでできたりと簡便なのも、起業家にとっては魅力。

 

 

 

シンガポール移住のデメリット

 

 

このフィリピンの永住権の約500万円などと比べても、

シンガポールでの永住権の取得がありえないほど高額で

あるという事実。移住自体が簡単ではないというところが悩ましい。

 

 

生活コストが高い点はマイナス。日本人が住むコンドミニアムは、

東京の中心部よりも高額になる。物価は東京とほぼ同レベル、

生活コストは東京より高くなる場合も。

 

 

そして国土が狭い。東京23区内とほぼ同じ面積であり、

さすがに車で1時間程度で横断してしまうほどの狭さなら、

長く住んでいたら窮屈に感じる(笑)。

 

 

法律がすぐに変わるのも特徴。国土が狭いこともあり

シンガポールは決断と実行の速さがウリではあるが、

住んでいる者からすると、それに適応しきれない気持ちになる。

 

 

また文化施設やイベントが少ない部分への物足りなさ。

 

経済発展に力を入れてきた若い国だけに、文化的な施設は

他の国と比べるとまだまだ少ない。音楽のライブイベントなども

あまり開催されていないのが現状だ。

 

 

 

多くの日本人が憧れるシンガポール。

 

移住するなら 条件として外せないのがビザだが、

この国の場合 種類がいろいろあって意外と分かりづらい。

 

 

この後の記事では、シンガポール移住のためのビザについて紹介する。

 

 

シンガポールに移住…移民の仕事や起業、永住権(ビザ)、兵役の条件

 

シンガポールに限らず、日本人が海外に住むには ビザが必要となる。

 

シンガポールの場合はEPと呼ばれる労働ビザが主流。

 

より給与額が少ない人が取れるのがS Pass。

それぞれのビザ保有者の家族が持てるのがDP。

 

資産があって本気でシンガポールに永住したいあなたは PRを狙うこともできる。

 

現地に移住するなら、日本人を含め多くの外国人がそうしているように

現地で働く資格を得るのが現実的な道。

 

これだけ魅力があり人気の国となると、当然ながら

シンガポールに住むのにメリットの多い永住権、

 

いわゆるPRの取得を考えるが・・・これがなかなか狭き門。

 

シンガポール人と結婚して家族を持つ、 専門職で何年かシンガポールで仕事をする、

起業して何年か税金を納めるなど   その取得のための条件は様々。

 

ただ、現実的に時間とお金がかかりすぎる。

生活費のうち特に家賃が高いのは、この国のネックだ。

 

5年ごとに延長が必要になる点、また懲役制度の適用など

デメリットが存在するのも確か。

 

PRが難しい場合は最初に語ったように

労働許可、EPを取って現地に住むという方法もある。

 

この場合はオンラインでも可能なシンガポールで法人を設立、

そこから労働許可を取って就労ビザを取得する。さらに一定期間後

PRを申請することが可能に。

 

この法人設立で便利なのは、 特に現地人の雇用義務もないところ。

 

それ以外では、資産に余裕があるあなたは

シンガポールに家を持ち、長期滞在ビザを取得するという方法も。

 

ただし45歳以上で約5,000万円以上の住居であること、

現地の医療保険に入っていなければならないこと。

 

こうした条件をクリアした上で長期滞在ビザを

取得できても、たった5年というのは何とも厳しい(笑)。

 

 

 

シンガポールに移住。条件と比較して法人の設立などにメリットはあるか?

 

シンガポールに住んでいる大体3人に1人が

他の国からの移住者ということで、 世界で10番目に移民が多いこの国。

 

確かに条件はゆるくないが、

自然災害が少ないこと、特に日本人に人気のマレーシアにもすぐに

アクセスできること、投資やビジネスの可能性が大きいこと、

税制面を中心に優遇措置が多いこと、治安が良く安全なのが魅力だ。

 

他の世界の都市へのハブになっていて移動も便利だし、 英語も通じやすい。

 

日本と同じかそれ以上に便利なインターネットや

交通などのインフラも、住む人にとって魅力。

 

多くの外国人が仕事を求めてやってくる多民族国家であり、

違和感なく生活を始められるのもいい。

 

日本人からすれば親日であることもありがたい部分。

 

例の仮想通貨高騰によって いわゆる億り人が続出し、

シンガポール移住の条件を 調べ始める日本人が軒並み増加した。

 

これからも先進的なこの国は、

世界中から多くの移住者を引き寄せるだろう。

 

 

 

シンガポールに移住した後の仕事はどうする?

 

シンガポール移住の場合は日本企業の駐在員現地採用

現地で起業といった仕事の選択肢になる。

 

当然待遇が良いのは駐在員だが、 特にシンガポールの場合はエリートコース。

門はかなり狭いものとなる。

 

一方、日本人向けの仕事は減りつつあるものの

現地採用にチャレンジしてみるのも一つ。

 

探し方としては他の国同様、 転職サイトや転職エージェントを利用して

日本人向けの求人を探すのが最も早い。

 

そして、このアジアの優等生シンガポールでは

起業を考える日本人もたくさんいる。

 

俺の身近では、最初日本企業のシンガポール支社に 配属になり、

その後起業した道下がそうだった。

 

シンガポールといえば・・・何といっても

多くの起業家にとって大きな助けになる 国からの優遇措置。

 

税金面でも、シンガポールは法人税も20パーセント以下。

 

我が国と比べても起業家にとってかなり有利だ。

設立登記が1日で終わったりと、 オンラインを活用した手続き面の簡便さもいい。

 

投資に関しては、先日行った香港のように 金融商品の選択肢の広さ。

 

いずれ事業を通して拡大した資産を

しっかり守り運用するためにも、これはありがたい要素。

 

何より多国籍国家であり、ネイティブの英語ではないので

日本人にもプレッシャーなくビジネスを進めていける。

 

ただし、当然シンガポールにもマイナス面がある。

 

何しろビジネスのランニングコストが高くなること。

 

また新しい都市国家であり、政治的にフレキシブルに 対応できる反面、

ビジネスに関係する法律も比較的容易に変更。

起業家にとっては都度の対応が必要になる。

 

1,300万人の東京と比べ、人口も

その50パーセント程度で広さも23区と同じくらい。

 

マーケットとしてはここだけでは小さいので、

必然的にアジアの他の場所での展開も考えることになる。

 

その場合、当然そのためのコストが増大。

それぞれの環境への適応に時間もかかる。

 

慣れない場所での信頼できるパートナーの獲得 という点でも、

不安定さがつきまとう。

 

現地で起業するなら、最後に語るPRの取得を目指したい。

なぜなら、事業活動の中で信用度が全く違ってくるから。

 

与信の審査は当然として、国が主催する

様々なイベントに参加が認められたり、 何より具体的にコスト面、

税金での優遇が大きい。

 

シンガポールは仕事面でも欧米的な考え方があり、

仕事を時間内にきっちり終わらせ、自分や 家族との生活を大事にする文化。

 

パンクチュアルに仕事をしたいあなたには合っている。

 

 

 

シンガポールに移住した後かかる費用。日本と比べてメリットは?

 

仕事を見つけて高槻から移住した独身のナオの場合は、

毎月23万円の生活費がかかっている。しかも 他人とのシェアルームで。

 

この金額から、家族で移住すればどれくらいかかるか 容易に想像ができる。

 

シンガポール移住で負担になるのは

やはり、現地の生活費の高さ。

 

シンガポールは 生活水準が高い分、生活コストがかかる。

 

香港同様、狭い中に人口がひしめいている。 そのため家賃が異常に高く、

多くの人が シェアルームで生活している。

 

これはナオが、いつも スカイプで不満を言っている点(笑)。

 

生活費に関しては、自分の貯蓄や収支を

しっかりチェックして移住生活を設計する必要がある。

 

そもそもシンガポールは、移住のための永住権が高額すぎる。

俺のいるフィリピンとは桁が違う(笑)。

 

 

 

シンガポール移住は子連れでも可能?家族で現地に住む日本人の話

 

俺の周りにも敦彦を始め、娘2人と奥さんの4人で

シンガポールに移住した日本人が数名いる。

 

結論から言えば、家族移住の環境としては申し分ない

個人的には日本以上だ。

 

シンガポール移住で良いのは、交通機関や

インターネット環境など、様々なものが

日本と同レベルかそれ以上に発展して揃っていること。

 

和光にいる母ちゃんをして「シンガポールならナイス。

すぐにでも移住したい」と言わしめたほど(笑)。

 

シンガポールではバスや地下鉄、安価なタクシーも

利用しやすく、日本人移住者でも不便を感じない。

 

日本への直行便があることも助かる。

 

シンガポールはアジアのハブ都市であり、ここをベースに LCCを使えば、

かなり安くいろんな国に家族旅行ができる。

 

何より、日本以上の治安の良さ。   夜に女性一人でも外を歩ける国は

日本以外ではかなレア。

 

現地で殺人事件などがあれば、それこそ大騒ぎだ。

 

むしろ日本では、毎日のように報道されるニュースに

慣れているのが怖いところだが。

 

英語が通じるのも助かる。シンガリッシュ (シンガポール英語)は確かに

癖があるが(笑)。

 

医療レベルも不安がない上、 日本にあるほとんどの物が楽に手に入る。

欧米と違い和食がおいしい。

 

気候が安定しているのも このフィリピンと同様のメリット。

 

巨大地震の危険に常にさらされている 東京と比べて良いのが、

自然災害が少ない地域であること。

 

また現地で孤独を感じたくないあなたには、

シンガポールの日本人コミュニティという選択肢もある。

 

海外にはかなり変わった日本人もいるため(笑)、

合うかどうかは肌で感じとってほしいが。

 

子どもにとっては、シンガポールの教育レベルが 高いところも嬉しい。

 

インターナショナルスクールを始め 子どものための学校も充実している。

 

さらに、現地の人に年上を敬う気持ちが残っているところ。

 

これはフィリピンにいても感じる部分であり、ある意味 今の日本が特殊。

 

それ以外で良いのは自然災害が少ないこと、

マレーシア人や インド人など多くの国の人達が住んでいる多民族国家であり

人種差別もない点。

 

ただ、国土が狭い上に歴史的には新しい国。

 

文化的なイベントがそれほどないので

日本人家族としては退屈しやすい部分も。

 

 

 

シンガポール移住後の税金はどれくらい?

 

シンガポールの所得税は22パーセント以下

 

日本の場合、所得税以外に住民税がかかるのは

ご承知の通り。税金面で、とにかくデメリットが多い。

 

消費税は日本よりも低い7パーセント

相続税や贈与税がかからないのも グローバルスタンダード。

日本がかなり不思議(笑)。

 

永住権を取得すれば、 さらに税金面での優遇がある。

投資家にとってプラスなのは、金融商品の選択肢が広い上に

投資利益に対しての課税もないことだ。

 

 

 

最後に…シンガポールに移住するならPRがほしい

 

シンガポール移住後の仕事や家族移住、 生活費や税金について紹介してきた。

 

「シンガポールでの生活がうらやましい・・・」

 

このフィリピンに移住して そう歯ぎしりしたことが、

実は数回かある(笑)。

 

オンラインに依存したビジネスをメインにする俺に

とっては、インターネットの状況は要(かなめ)。

 

このフィリピンでは遅くてイライラすることが 多いのに、

シンガポールは日本以上のスピード・・・

これだけでも現地の生活は魅力(笑)。

 

ちなみに、シンガポールの永住権は「PR」と呼ばれる。

 

今や現地でできる仕事を見つけるか、

富裕層しか移住できなくなったシンガポール。

 

このPRも軒並み人気が高く、取得まで 相当の時間や費用がかかる。

 

やはりこのPRを取得すると、 シンガポール生活はより快適に。

 

何といっても現地での信用が上がり、 条件の良い仕事が見つけやすくなる。

 

また信用という面ではクレジットカード審査が 通りやすくなったり、

政府が用意した住居を 購入することも可能に。

 

さらに教育費や交通費が下がるという具体的なメリットも。

 

家族移住を考えるなら見逃せない。

 

いずれは、有利な年金制度のお世話になることもできる。

 

シンガポールに住み続けるなら、このPRを持つことで 生活面で

かなり有利になるのは確か。

 

ただ、取得者には徴兵制度が適用されたり、

シンガポール国内での滞在に関しての条件があったり。

 

更新にいろいろ手間がかかるというマイナス面も。

 

メリットとデメリットの両方を 事前に把握しておきたい。

 

 

 

まとめ。シンガポール移住の有名人について

 

シンガポールはセレブなイメージがあり、

日本からもたくさんの芸能人が移住しているが、

定住しているのはごく少数だ。

 

中には定住する気のない人もいるのかもしれないが、

世界一の物価と経済を誇るシンガポールは、

甘い考えでは生きていけないということなのである。

 

 

教育水準が高いことも有名であるが、

それは経済力に裏打ちされたものである以上、

教育費も高額になることは明白だ。

 

 

物価が高いということは、

生活費も高騰するし医療費も

高くなるとみるべきである。

 

ただ、医療費が高い場合は、例外を除き

医療水準も高いことの証明であるので、生活水準については、

かなり充実度が高いことは間違いないのである。

 

 

しかしながら、日本にいながら

セレブのイメージだけで移住できるほど

甘くない世界であることも事実だ。

 

 

シンガポールに住みたいと話す橋本。

自分と同じく、白子が嫌い(笑)。

 

 

 

最後に、

 

成功に向けた前向きな気持ちを無くしたくないあなたへ。

 

ビジネスの原理原則を学んで、

ブルドーザーのように前向きに仕事をして勝ち組になりませんか?

 

興味があれば
以下より電子書籍を無料購読してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授