オランダで就職、日本人の求人は?活動と就職率、学歴について紹介!


 

オランダで就職するというのは

なかなか日本で聞きなれない言葉。

 

それだけに、憧れていても知らないことが多い。

 

 

オランダでも通じる

英会話の最速マスター法を知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

 

しかし、自分の人生を変えてみたい。

 

日本の環境と違うところで過ごしたい。

 

そう思っている人には、

新しい世界の一面を見ることができて

良い挑戦になるのではないだろうか。

 

 

そこで、今回は

日本人がオランダで

就職することについてまとめてみた。

 

 

 

スポンサードリンク

オランダで就職!活動はどうやって?

 

 

まず、オランダと日本の

就職率を見てみよう。

 

 

オランダの就職率は70.397%で、

日本の就職率は60.696%である。

 

このように、オランダは

日本より就職率は10%近く高い。

 

これは、オランダの就職活動に

関係しているのだろうか。

 

 

 

オランダ は現在就職氷河期ではありません。

雇用率は上がっておりLinkedInを見てもガッツリ求人はあります。

実際にオランダ 企業で働いてみると契約で働いている人が多いので、人材の回転もあり常にオープンポジションがありました。

引用:オランダの就職活動を語る。

 

 

比較的経済が良く、

就職の難易度は

あまり高くはないだろう。

 

だが就職事情は少し複雑だ。

 

日本人向けの求人は少ない。

 

現地の人向けの

求人をしている。

 

 

・最低限、英語で仕事ができる

・一分野で5年以上経験がある

 

という条件は

頭に入れておくべきだろう。

 

 

 

 

オランダで就職…日本人の求人はある?

 

上記のような条件が

大切になってくるオランダ。

 

ほかにどのような条件が

就職に必要となってくるのだろうか。

 

 

まずは、オランダで就職する上で、

学歴は重視されるかというのを見ていこう。

 

 

 

オランダは学歴によって

できる仕事と給与が明確に分かれている。

 

カフェでレジ打ちをするにも、

大学卒業資格が必要だそうだ。

 

大学に行けないと判断された子供は、

職業訓練学校に進学するレールに乗る。

 

引用:私がオランダ移住をおすすめしない理由(※追記)

 

 

 

日本では、レジ打ちは

アルバイトやパートでも

やることが多い職業だ。

 

高校在学中や、大学生の時に

やっていたという人も

いるのではないだろうか。

 

 

にもかかわらず、

オランダでは大卒資格が

必要とは驚きである。

 

 

このことより、日本に比べ、

オランダはかなりの学歴社会

であることがうかがえる。

 

 

では、日本人がオランダで

就職していくうえで、ほかに必要な条件は

どのようなものがあるのだろうか。

 

 

公用語のオランダ語は

やっぱり必要なのだろうか。

 

 

調べていくと分かるのは、

やはり積極的にオランダ語を話して

現地の人と会話することは重要ということ。

 

当然ながらWebもオランダ語である。

 

 

飲食店を経営するなら、

メニューはオランダ語と英語を併記しなければ、

オランダ人には受け入れられにくいようだ。

 

 

やはり、どの国でも

その国に溶け込むためには母国語を覚えるのが

手っ取り早いということだろう。

 

 

だが上記には、

オランダでは英語で

仕事が出来ることが条件とある。

 

これはどういうことなのだろうか。

 

 

なんと、オランダは

一般的に英語を

流暢に話せる人が多い。

 

ビジネスでもプライベートでも、

ほとんどの人が

英語で対応できるのだ。

 

 

オランダでは

十分英語が使えるのだ。

 

オランダに馴染むためには、

もちろんオランダ語を

喋れることは大切になってくる。

 

しかし、英語で

日常会話も可能ということだ。

 

 

オランダ語を喋れるようになるまでは、

英語とオランダ語を併用すると良さそうだ。

 

 

英語を習得して

オランダに就職したい。

 

そんな人は、

在蘭日本商工会議所で

オランダの求人情報を見るのが良いだろう。

 

 

【必見】ブックマークしておきたいオランダ移住・生活情報サイトまとめ

 

 

海外に強い転職サポート「JACリクルートメント

 

 

 

「オランダで就職」

 

 

一見突飛な発想のようだが・・・これが一時

日本人の間で話題になったのをご存じだろうか?

 

 

 

人口密度が低く、音楽やスポーツが活発でアートに富み

ドイツなど周辺諸国へのアクセスもしやすい。

 

オランダモデルやワークシェアリングを始め、

働き方に多様性があり世界でも先を行く国。

 

何より、俺のような個人事業主が起業しやすく

長期滞在ビザが取りやすいオランダ。ここなら

就職以外の選択肢も視野に入る。

 

 

ちなみに日本人のオランダ就職希望者が増えたのは、2014年末から2年間

オランダで労働許可証がなくとも日本人が就職することが認められたため。

 

 

地元のヤマ中テニス部で一緒だった尾崎は、結婚して

横浜に越してから、様々なキャリアを経てなぜかオランダを目指していた。

 

久々にskypeで話すと、オランダ移住や

現地での就職の話題ばかり(笑)。

 

 

 

オランダでの就職の魅力…人気の理由は?

 

 

まず、英語を話すオランダ人が多いため

オランダ語が分からなくても就職して仕事を得る余地があること。

 

ただし失業率は高くなっており、母国語を話せる人が優遇されるのは

当然のこと。そうなると自然に、英語で仕事ができる

現地のヨーロッパ企業を選択肢にすることになる。

 

オランダはヨーロッパの他の国よりも国内総生産が高く、

様々な企業が進出しているところが就職希望者にはポジティブな要素だ。

 

 

またオランダモデルに代表されるように、

雇用形態による変な賃金の差別もない

 

日本と大きく違うのは、男性の営業職でも

子育てを始めたら週4勤務に切り替えられるなど、

柔軟な働き方ができるところ。

 

プライベートや家族を大事にしたい人に合った働き方ができる。

 

 

オランダは税金が高いのが他のヨーロッパ諸国と同様

就職後のネックだが・・・

 

それに見合った公共サービスを享受できるのが、

やはり日本とは違う。

 

 

 

オランダで就職するなら気をつけたいのは。求人は?日本人が活動する方法…エージェントが確実?就職難と聞くけど気になる就職率や学歴、ビザ、給料

 

 

尾崎も最初勘違いしていたのだが、シェンゲン条約は

労働許可証とは関係なく機能するため、90日を越えて

オランダに滞在するためには居住許可が必要になる。

 

その一つが、条件を満たした雇用契約を締結すること。

 

だから仕事の当てもないのにいきなりオランダに移住しても、

その滞在は不安定なものになる。就職に関しては当然、

移住前に目星をつけておきたい。

 

日蘭商工会議所の求人情報をチェックしておくのも一つ。

 

 

現地には、オランダ語と英語の他に

フランス語やドイツ語など他のヨーロッパ言語を話せることが

採用条件になっている企業も。

 

オランダのローカル企業でバリバリ仕事をするためには、

語学力やオランダでの職歴がハードルになるケースが多い。

 

また英語にも自信がなければ、観光客を相手にする仕事や

現地の和食のお店などを検討する必要がある。

 

移住前にしっかり自分のプロパティを見極めておきたい。

 

 

2016年末までの申請を最後に、労働許可証なしでの

オランダ就職が認められなくなり、以前の条件に戻っている。

 

それでもこの国に魅力を感じるあなたがチャレンジするなら、

ぜひ貫徹してほしい。

 

 

 

カナダ、フィリピン、オランダ・・・

就職をしなくても安定した移住生活が

送れる理由とは?

 

 

26700249335_9df3643be1_b

 

 

「オランダに就職して住みたいな・・・」

 

 

まるでオランダのチューリップのような(笑)

底抜けに明るい笑顔の沢地。ヨーロッパでの就職を

考えているのは知っていたが・・・

 

まさか彼もこの国に興味を持っていたとは。

 

 

 

オランダで就職して住む魅力とは

 

 

英語が通じやすい

 

日本人が唯一親しみのある外国語である英語。

 

さっきも語ったように、ドイツとともにオランダは

ヨーロッパの中でも英語が通じやすい。

 

現地の言葉を覚えなければ生活しづらいとなると、

やはり移住の敷居は上がる。

 

 

高い教育レベル

 

北欧とともに、

子供への教育レベルが高いことで知られているオランダ。

 

一緒に移住する子供がまだ小さいなら、環境的にも日本語・

オランダ語・英語のトリリンガルを目指せる。

 

 

平等な労働環境

 

日本も参考にしようとしているオランダモデルでは、正社員やパート

といった雇用形態で賃金に差を設けるのではなく、その人が生み出した

労働の価値に見合った対価を与えるのが当然という考え方。

 

例えばその人が非正規職員でも、正社員と同じ仕事をこなしていれば

正社員と同じ賃金が得られるということ。

 

同じ価値の労働なら同じ収入が得られるべき、という

先進的な考え方を採用していて、立場によって不当な扱いをされることがない。

 

 

仕事の位置づけが明確

 

ストレスまみれの日本のサラリーマンと異なり、

オランダでは家族やパートナーシップを大切にする。

 

仕事はそれを支えるためのものという割り切りがあり、

日本人移住者は仕事のストレスから解放される。

 

この考え方は、パートナーを喜ばせることが生きがいの

俺にとても合っている(笑)。

 

 

日本人が長期滞在しやすい

 

もともとこのオランダには、100年以上前に締結された日本との条約により

日本人の滞在に関する有利な取り決めがある。

 

住むのにハードルの高いヨーロッパの中でも、

オランダは就職や移住がしやすいということだ。

 

 

 

 

オランダで就職するならこれも知っておきたい

 

 

それdめお、現地で仕事を続ける必要がある場合

オランダ語が流暢でない限りは、今のところ

条件の良い仕事を日本人が見つけるのは難しい。

 

 

また、他の多くのヨーロッパの国同様

現地での生活費がかかることも問題。

 

日常生活について言えば、食べ物があまり美味しくない(笑)。

よくオランダに足を運ぶ沢地が残念がっているのはここ。

 

 

のどかな雰囲気の一方で、ドラッグや売春など

独特の法律や規定を設けるオランダ。それが合うかどうかを確かめるのは、

やはり就職前の滞在が最も良い選択肢だろう。

 

 

仲間のあなたは、俺のように

下見なしでフィリピン移住するようなことがないように(笑)。

 

 

 

ユニークな政策で日本人移住者に人気のオランダ。

就職して移住したいという人が相変わらず多いが・・・

以前とはまた状況が異なっている。

 

 

 

オランダでの就職のマイナス面。活動の支障になるのは?

 

 

まず地元の尾崎が勘違いしていたのは、ワークパーミットと

オランダを含むヨーロッパへの滞在許可は別ということ。

 

現地に就職できたとしても、90日を超える滞在には当然ながら、

シェンゲン条約の制限がかかる。

 

従って、条件を満たさない雇用契約が交わされたとしても

滞在許可は降りないので注意したい。

 

 

当然ながら、当てもないまま先にオランダに渡っても

コネなどがない限り、就職前に路頭に迷う可能性もある。

 

 

さらには言葉の問題。

 

オランダはヨーロッパの中では英語が通じる国だが、就職となると

やはりドイツ語やフランス語などを理解できるほうが有利に働く。

 

英語に関しても、当たり前だが

ビジネスレベルが求められる。

 

 

オランダで就職率が低く就職難となれば求人に応募が殺到し、

給料が高い人気の仕事は学歴の高い現地人が優先される。ニートもそうだが、

ビザが必要な日本人などなかなかとってくれないだろう。

 

 

税金の高いヨーロッパであり、オランダも例外ではない。

 

現地で働きながら住むためには、俺が移住したこのフィリピンと

異なり気楽ではない(笑)。それなりに覚悟が必要だ。

 

 

 

オランダで就職しても不安に

ならないのは、場所を問わない

収入を得る方法を知っているから

 

 

 

 

それでも魅力あるオランダでの就職。日本人向けの求人も!

 

 

制度の面では、ヨーロッパの中では

日本人が就職しやすいオランダ。

 

日本とオランダの商工会議所があり、ここが

求人情報も提供してくれているのはありがたい。

 

 

こういった情報の中には、日本食のお店や日本からのツーリスト

相手の販売など、それほど語学力が求められない仕事も。言葉に

自信がない場合は検討の余地もある。

 

寿司職人はもちろん、和食が作れる人へのニーズは

オランダに限らず世界的に高い。

 

 

オランダモデルに代表される、働く人の取り扱いの平等さ。そして

ワークライフバランスをしっかり考えた、フレキシブルな働き方。

 

労働者の幸せを考えた様々な取り組みは、

日本政府も見習ってほしいところ。

 

 

ヨーロッパの他の国に比べてもGDPが高く、多くの企業が

進出しているこの国。選択肢もそれなりに広い。

 

 

安楽死やドラッグ、売春などについて

かなりユニークな考え方が取り入れられているオランダ。

 

賛否両論あれど、日本とはだいぶ違う

面白い環境で生きられるのは間違いない。

 

 

 

2015年の2月・・・日本人がオランダで就職するために

ワークパーミットが必要なくなってからまもなく。

 

現地に渡ることを決めたのは、かつて住んでいた川越で

飲み仲間だった、海外好きの八木さんだ。

 

 

またオランダ好きでシンガポールリゾートにも目がないのは、

シンガポールの教育や就職事情に詳しい仲間の目黒さん。

 

マニラ観光をしながらドバイの旅費シンガポールの旅費

チェックする、俺と同じ泣き上戸の彼(笑)。

 

次の目的地は明確なようだ。

 

 

 

日本人が移住しやすいオランダで仕事をしてみたいが、

実際に働いてみたという人が周りにいないので少し不安・・・

そんな声を耳にする。

 

 

ここでは、実際の現地就労経験者が

オランダで働く際に知っておくべきことを紹介する。

 

移住した日本人女性の

移住費用も参考にしてほしい。

 

 

オランダで仕事をする日本人が知っておきたい、仕事探しの肝。求人や探し方は「ビザのサポート」をチェック

 

オランダ就労の問題点としては、やはり良い条件の仕事には

オランダ語が理解できることが求められる点。

 

そもそも第二外国語でオランダ語が選ばれることは

日本の大学ではほとんどなく、仕事を意識して初めて

その必要性を知ることが大多数。

 

 

ちなみに英語だけで勝負するなら、オランダにある

ヨーロッパ企業に職を求めるのも一つ。

 

日本企業の駐在員を希望するのもいいが、

会社都合で転勤を命ぜられることは避けられない。

 

個人的には、日本にいるうちに

ブログなどのオンラインビジネスで

日本円での収入を構築しておいてほしい。

 

 

高い税金も、オランダで働くデメリット。

 

そして仕事以外なら食事の味が質素なこと、

家賃が高めなのもマイナスだ。

 

 

一方で、日本人にとってはオランダ人のほとんどが

英語を話すのは、やはり仕事のしやすさにつながる。

 

フィリピーナのメアリーが驚いていたが・・・

ドイツ以上に英語が通じるのは日本人にとってプラス。

 

 

意外と知られていないが、オランダはイギリスやフランス、

ドイツなどよりも国内総生産の数値が高く、効率良く

生産性の高い仕事の仕方を学べるのも魅力。

 

 

またオランダでは正規・非正規という雇用形態ではなく、

提供された仕事の価値に応じて平等に賃金を払うという、

日本がぜひ見習いたい(笑)考え方を地でいっている。

 

いわゆるオランダモデルだ。

 

 

オランダで仕事をする中では、勤務形態や休暇の設定を

柔軟に変更できるのも、日本との違いでありメリット。

 

 

ちなみにオランダに限らないが、海外の仕事を斡旋する企業には

就労ビザ取得のサポートが適当な会社も。

 

案件を見つけてすぐに喜ばず、ここをしっかり確認しておこう。

 

 

オランダで働く女性の移住費用サンプル

 

友人の友ちゃんが去年、

金町からアムステルダムに移った。

 

 

彼女の場合は現地でスモールビジネスを始めたので、

オランダに保証金として60万円ほどを支払うことに。

 

これを含めた手続き関係の費用で80万円ほど、

航空券5万円と部屋を見つけるまでの宿泊費などで

初期費用として90万円ほどがかかっていた。

 

 

ただこれでも、人気のヨーロッパに住めることを考えれば

オランダは相当移住しやすい国。これも日蘭関係の賜物だ。

 

 

そして現地の生活費としては、

 

家賃は約8万円

水道光熱費は約1万円

食費は約2.5万円

 

その他諸々の費用を入れても

月13万円もかからない

 

 

食費が安く、他は東京とあまり変わらない分

日本よりも生活費が下がる計算に。

 

しかも家賃にはオランダで必須の暖房代や

ネット代も込みで、かつファーニッシュ(家具付)。

 

都市部でも東京より家賃は下がる印象だ。

 

 

 

オランダで仕事をするメリット。効率を重視した時間の自由さは魅力…ポイントは仕事の分け合いや仕事時間など仕事の仕方。時間を重視!

 

そもそもオランダは日本との条約があり、

ヨーロッパの中では日本人が長期滞在しやすい国だ。

これがオランダ人気の理由でもある。

 

 

そしてさっき語ったように、オランダでは

自分の生活や家族との関係を大切にできる

働き方が可能であり、これは日本人女性にも魅力。

 

日本での仕事中心の働き方に疲れ、

「大事なことを大事にしたい」あなたには魅力的な国といえる。

 

 

これはよく言われるが・・・オランダの教育レベルの

高さは、子供と一緒に現地で暮らすなら魅力。これも

将来を真剣に考える女性にとってはプラスだ。

 

 

またヨーロッパ各地に

アクセスしやすいロケーション。

 

法制度では先進的な考え方をとっている。

 

 

一方でチューリップや水車、レンガ造りの建物といった

牧歌的な風景が好きな俺のようなあなたなら(笑)

楽しい現地生活を送れる。

 

 

ちなみに風車で有名なキンデルダイクは、

世界遺産にも登録されている。

 

 

 

まとめ。学歴社会だが英語ができれば比較的就職が容易

 

オランダは学歴社会であり、

就職に少し不安が残ることもあるだろう。

 

 

しかし、学歴社会であるおかげで、

英語も通じ暮らしやすくなっている。

 

自分の世界を広げるためにも

オランダで就職するのはいかがだろうか。

 

 

オランダへの移住を検討している町野。

自分と同じく金髪美女に目がない(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授