フィンランド移住に失敗?移住した看護師、老後と給料、デメリットとメリット…北欧に移住するデメリット、子連れの海外移住と看護師


 

フィンランド移住に失敗した人は、

現地の冬の寒さ、また生活費の高さをなめていた人が多いです。

 

 

現地でも通じる英会話の最速マスター法

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターに登録してください。

 

 

憧れている人も多いフィンランド移住。

 

失敗した!とならないために

情報収集をしておきましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

北欧フィンランド移住に失敗…デメリットと移住のメリット、老後は

 

世界でも幸福度の高い国として

知られているフィンランド。

 

 

フィンランドに住みたいと

思ったことがある方も

少なくはないですよね。

 

移住する前にしっかりと準備をして、

失敗した!とならないようにしましょう。

 

 

はじめに、フィンランド移住に必要な

費用はどのくらいなのでしょうか?

 

パスポートやビザの取得、航空券の購入、

その他諸々のいわゆる初期費用として

必要になるのは35万円前後です。

 

 

フィンランドというと、

物価が高いことは有名ですよね。

 

では実際に移住した後にかかる

フィンランドでの生活費は

どれくらいなのでしょうか?

 

 

まず一番気になる食費。

 

ものにもよりますが、基本的にスーパーでは

野菜は日本よりも安く手に入れることができる一方、

肉類は日本よりも高くなっていることが多いです。

 

 

外食をするとなると、フィンランドは

人件費が高いことから、ちょっとした

レストランでも値段が高くなります。

 

自炊が苦手な方は必然的に

食費が高くなってしまいます。

 

 

続いて家賃。

 

こちらも住む場所によりますが、

首都ヘルシンキで賃貸を借りるとなると、

ルームシェア形態なら6万円~9万円。

 

ワンルームなら

10万円くらいが目安となります。

 

 

その他、雑貨や洋服等は新品を買うと、

やはり日本よりも高くなってしまいますが、

雑貨ならIKEAなどで比較的安く揃えられます。

 

 

フィンランドはシンプルな生活スタイルで、

洋服等はセカンドハンドのものを

購入するのが主流です。

 

単身の方なら月に20万円もあれば

充分な生活が送れます。

 

 

フィンランド移住を子連れで考えている場合、

必要な書類を提出し条件が満たされれば、

子どもはフィンランドの教育を無料で受けられます。

 

その他の公共施設等でも

様々なサービスを受けることができます。

 

 

続いてフィンランド移住を

メリットとデメリットに

分けてみてみましょう。

 

 

メリット

 

・フィンランド人はシャイで真面目、温和な性格の人が多い

 

・条件を満たしていれば、手厚い福利厚生が受けられる

 

・治安が良い

 

・ライフワークバランスが良い

 

 

デメリット

 

・在留許可を取得するのが大変

 

・現地で仕事を見つけるのはとても難しい

 

・冬は寒さはもちろん、日照時間が短い

 

 

フィンランドは、レストランの前に

ベビーカーを置いておいても盗まれない

という逸話もあるほど治安がいいです。

 

海外生活において

治安の良さは嬉しいポイントです。

 

 

また、仕事と家庭の両立が

しやすいのもさすがフィンランド。

 

午後の4時には仕事が終わる企業が多く、

イクメンが多いと言われる

背景ともなっています。

 

 

気候に関しては、冬の日照時間が短さは

鬱のような症状が出やすくなる

原因にもなります。

 

 

老後をゆっくりと北欧で

暮らしたい方もいるかと思います。

 

ただ、デメリットにも挙げたように、

冬の寒さは、やはり老いた身体には堪えます。

 

これはフィンランドだけでなく、

北欧に移住して老後を過ごそうと考えている

すべての方に共通することです。

 

 

また、リタイアしてからの移住となると、

在留許可を取得するのがとても難しく、

多額の貯金が必須となります。

 

逆に、若いうちに高齢者施設等の優れている

ノルウェーに移住し、そこで老後を過ごす、

というパターンの方がハードルは下がります。

 

 

 

フィンランドに移住した看護師、給料は?

 

フィンランドでも比較的

働きやすいとされているため、

看護師を目指して移住される方もいます。

 

 

確かに看護師はほとんどの国で

人手不足とされているため、

就職はしやすい傾向にあります。

 

 

ただし、日本で看護師資格を持っていても、

それが海外でそのまま通用することは

ほぼありません。

 

海外移住して看護師として働くには、

その国の看護学校を卒業し、

資格を得る必要があります。

 

 

働くまでにある程度の期間が必要となりますが、

学割が使えるようになったり、

時間があればアルバイトをすることもできます。

 

 

フィンランドで働く場合、

フィンランド語の習得が必須となりますが、

安定した収入を得ることができます。

 

 

フィンランドで教員として

働いて得られる給料は、

時給換算で3,800円前後。

 

看護師ならば3,500円前後という具合で、

看護師として働いていれば、

生活費に困ることはまずないです。

 

 

また、看護師が

海外移住して得た医療の知識は、

帰国後のキャリアに繋がるのも利点です。

 

 

 

まとめ。フィンランド移住の失敗について

 

ここまで紹介してきたように、

フィンランドに移住して失敗したと

感じることは、ほとんどありません。

 

あるとしても、

気候や人柄の合う合わない程度。

 

 

老後に移住をする際は、

余程の資金がない限り不可能です。

 

在留許可がおりません。

 

なので、老後を北欧で過ごしたいなら、

若いうちに移住する方が良いですね。

 

 

義務教育を受けている年代の

子供を連れての移住でも、

質の良い教育、サービスが受けられます。

 

 

福利厚生等がしっかりしているため、

専業主婦という概念がなく、

無職扱いをされます。

 

働くから受けられる

サービスだという認識があると、

予想外の出費は防げます。

 

 

よりリアルな移住生活を知りたい方は、

北欧移住に関しての本も多数出ていますし、

短期での滞在をしてみることをおすすめします。

 

 

フィンランドに住みたいと話す義久も、
自分と同じく元究極の人見知りです(笑)。

 

 

最後に、

 

いつまでもアクティブでいたいあなたへ。

 

まずは英会話をマスターし、

どんな稼ぎ方があるのか全ての可能性を知っておきませんか?

 

興味があれば
以下より情報を無料請求してください。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授