ヨーロッパ移住の現実!後悔しないおすすめの方法、仕事や資格。移住しやすい国のランキングを紹介


 

ヨーロッパ移住の現実は、想像よりも厳しいです。

 

国を選ばないと生活費の高さや

言葉の問題、アジア人への差別も・・・

 

 

移住しても困らない英会話最速習得法

以下の無料ニュースレターで学んでもらえます。

 

 

ヨーロッパでの生活は、

多くの日本人の憧れでもあると思います。

 

パリやローマなど、

住みやすい人気の都市もあります。

 

 

そんなヨーロッパへの移住生活の現実を

お話ししていきたいと思います。

 

 

憧れと、実際住んだ時の

違いはあるのでしょうか。

 

移住するには仕事も

探さなくてはいけませんね。

 

 

就職事情なども紹介していきたいと思います。

 

 

 

スポンサードリンク

ヨーロッパ移住の現実。後悔しないおすすめの方法。仕事探しや資格など

 

海外移住で後悔しないための

おすすめの方法をお伝えしていきたいと思います。

 

 

憧れの海外移住生活の現実はどうなのでしょうか。

 

中でもヨーロッパ移住の

現実を見ていきたいと思います。

 

 

文化や食生活、言葉の壁で悩む方が多いです。

 

国によって違う文化に戸惑ったり、

日本と違い新鮮な野菜や魚がなかなか

手に入らない地域もあります。

 

調味料の味に慣れるまで

時間がかかる方もいます。

 

 

言葉の壁も大きいのが現実です。

 

 

ではヨーロッパ移住で後悔しないためには

どうすればいいのでしょうか。

 

 

まずは住みやすい場所を選ぶことは

とても大切です。

 

買い物しやすいようにスーパーの近くを

選ぶのもおすすめです。

 

 

そして言葉の壁もとても重要です。

 

ある程度のコミュニケーションを

取れるようにしておくことは大切です。

 

 

ヨーロッパ移住の方法を見ていきましょう。

 

 

ワーキングホリデーや学生ビザから

就労ビザを取得する方法が

1番多い方法となります。

 

その他に、リタイヤメントビザを

取得する方法もあります。

 

 

ヨーロッパ移住でおすすめなのは、

観光地で人気の都市から離れた場所です。

 

観光地は物価も高く、住むのには

あまりおすすめではありません。

 

 

観光地から少し離れた都市は、

便利だけど住みやすいのです。

 

 

ヨーロッパ移住で仕事探しを

する方法を見ていきましょう。

 

 

ワーキングホリデーや日本企業に

就職する方法が1番多い方法です。

 

日本にいる間に見つけることが

できる企業もあります。

 

 

現地の企業に就職したい場合は、

直接企業の募集に応募する方法となります。

 

ヨーロッパ移住で仕事をする場合、

持っておくと有利な資格はあるのでしょうか。

 

 

日本人ならではの資格と言えば、

日本語教師やすし職人、

通訳・翻訳家などが採用されやすい資格となります。

 

その他に人気の資格は、

ツアーガイドや留学エージェントです。

 

 

どこにいても仕事を続けられるという意味では、

プログラマーやイラストレーター、WEBデザイナー、

ブロガー、Youtuberとして移住する人も増えています。

 

 

ヨーロッパ移住の方法も増えてきています。

 

これまでワーキングホリデーや語学学校留学が多かったのですが、

現在はどこにいても仕事ができる方法が増えているので、

自分の仕事をそのまましながら移住する人も増えています。

 

 

ヨーロッパ移住をしてから仕事を見つけることは、

実際そんなに簡単なことではありません。

 

語学力や経験が求められ、

現地での採用はかなりのスキルが必要です。

 

 

ヨーロッパ移住をして仕事をするためには、

日本で自分の仕事を確立しておく必要があります。

 

 

現地で採用されることはかなり難しいとされているため、

自分で資格やスキルを磨いて、移住してからも

できる仕事を持っていることが強みになります。

 

 

ヨーロッパ移住に関して、現実はとても

難しいということがわかります。

 

 

1番は言葉の壁だと思います。

 

 

生活をするのも仕事をするにも、

最低限の英語のスキルは必要です。

 

その他にその国の言語をコミュニケーションが

取れる程度は身につけておく必要があります。

 

 

 

老後にヨーロッパへ海外移住で失敗しないために。移住しやすい国のランキング。チェコは移住しやすい?

 

海外移住したいと思った時に人気なのが

ヨーロッパへの移住です。

 

老後に移住を考えている人も

ヨーロッパを考える人が多いようです。

 

 

ではヨーロッパ移住ランキングを

見ていきましょう。

 

今回は

yahoo!移住したい国ランキング(ヨーロッパ編)を

参考にしていきたいと思います。

 

 

1位:スペイン

 

2位:ドイツ

 

3位:スイス

 

4位:ポルトガル

 

5位:イギリス

 

引用:yahoo!移住したい国ランキング

 

 

その他、ヨーロッパの永住権が

取りやすい国ランキングもご紹介致します。

 

 

1位:オランダ

 

2位:ラトビア

 

3位:チェコ

 

4位:ポーランド

 

5位:ポルトガル

 

引用:en world

 

となっています。

 

 

老後に海外移住をした失敗談は

どんなことがあるでしょうか。

 

 

1番は言葉の壁と言われています。

 

英語を話せる人でも、ヨーロッパでは、

母国語がそれぞれある国が多いので、

生活する上でとても困ったという方が多いのです。

 

 

次に多いのが、食事です。

 

手に入る食材や調味料も違うため、

慣れるまでに時間がかかる方が多いようです。

 

 

チェコ移住での失敗談は

どんなことがあるでしょうか。

 

 

チェコも母国語がチェコ語であることや、

地方に行くとさまざまな言語が飛び交うことがあるので、

慣れるまでに時間がかかります。

 

 

そして海外でよくあるのが、

申請書類などをスムーズに

承認してもらえないことがあります。

 

日本のように親切丁寧に教えてくれて、

スムーズに申請がいくことは

なかなか難しいのです。

 

 

海外に移住して申請を出さなければ

いけない場面も多いので、事前に

調べておくことをおすすめ致します。

 

 

移住しやすいヨーロッパは、

とても人気な移住地です。

 

興味のある方は、

住んでみたいと思う国を調べてみると、

夢が膨らみますね。

 

 

 

まとめ。ヨーロッパ移住の現実について

 

ここまで、海外移住について

お話しさせていただきましたが、

いかがだったでしょうか。

 

 

今回は特に移住に人気な

ヨーロッパについて見てきました。

 

 

ヨーロッパといっても、

言語も文化も違う国がほとんど。

 

興味のある国について、

詳しく調べてみると面白いと思います。

 

 

海外移住は、事前準備が

とても大切になってきます。

 

日本にいる間に、調べることや、

申請など済ませておけることは済ませて、

準備万端で海外移住を成功させてください。

 

 

 

プラハに住みたいと話す吉永。

自分と同じく元神経質です(笑)。

 

 

 

最後に、

 

陽気になれない自分が嫌なあなたへ。

 

英会話を学んで、

常にポジティブな結果を出せるビジネスマンになりませんか?

 

興味があれば
以下より無料情報を請求してください。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授