英語の5文型の覚え方とオススメの問題集(参考書)練習問題も!見分け方は動詞!例文はいらない?


 

英語の5文型を覚えるなら、例文と一緒の方が早い。

単語と同様、具体的な文章と一緒の方が記憶に定着する

 

 

海外移住者による英会話の簡単マスター法、

ブログを手段にして海外に住む具体的な方法

以下の無料ニュースレターで学んで頂ける。

 

 

 

 

英語の5分型と聞いて、

懐かしむ人、苦い顔をする人、

それぞれだろう。

 

日本人は苦手とされる

5分型について、

改めてまとめてみた。

 

 

 

スポンサードリンク

英語の5文型の覚え方が分かる問題集と参考書、練習問題で見分け方と動詞が分かる!暗記はいらない!中学も

 

 

英語の文章を学ぶ、

はじめに習うのが5文型で、

中学英語の基本となるものだ。

 

 

しかし、実は世界では

英語の5文型はいらないと言われている。

 

実際に世界で5分型を

使用しているのは

日本だけらしい。

 

 

日本語では下の3つの文章は

どれでも意味は通じる。

 

 

「彼はジュースを飲んだ」

「ジュースを飲んだのは彼だ」

「ジュースは彼が飲んだ」

 

 

しかし、英語は語順が徹底しているため、

上記のように主語、述語、目的語が

バラバラではマズい。

 

そのため5分型が必要とされる。

 

 

この5分型が日本人には

ピンとこないため、

苦手な人は多い。

 

なぜならば、

まず目的語、補語とはなんだ、

という疑問にぶち当たるからだ。

 

 

主語、動詞はすぐにわかるが、

普段から目的語や補語として

考えながら話す人はいない。

 

英語アレルギーだった自分は5分型を無視し、

毎回丸暗記という作戦を取っていたため、

現在も英文で苦しんでいる。

 

 

暗記ではなく理屈を覚えれば理解できる。

 

そんな5分型だが見分け方や覚え方がある。

 

使われている動詞から、

その英文が何分型なのか分かるのだ。

 

 

また、主語(S)=目的語(O)のように

ヒントやコツがある。

 

ネットでは5分型の見分け方や覚え方について、

分かりやすく説明された

サイトがたくさんある。

 

 

書籍も出ているが、ありすぎて

どれを選べば良いか分からない。

 

ここでは特に人気が高い、

覚え方が分かる問題集と

参考書を紹介する。

 

一度手に取ってみてほしい。

 

 

・「本当の英語力」は5文型で劇的に伸びる

 

全国で成績がアップに繋がった

子供が続出したと話題の1冊。

 

短い時間で圧倒的な力をつける秘訣を公開。

 

 

・99パターンでわかる中学英語文型の総整理

 

中学3年間で習うほぼすべての文型を、

99個の基本パターンに分類している。

 

日本文を見て英文を書く練習問題にもなり、

文法の重要なポイントの

説明もあるので理解しやすい。

 

1パターンを一つの見開きで

見やすく解説している。

 

 

 

英語の5文型の例文で確認!疑問文の5文型、中学の英語の5文型の練習問題はここ!

 

では実際に中学英語の5分型を

例文を使って確認する。

 

 

第一文型: SV (主語 動詞)

 

「S(主語)がV(動詞)する」

という意味の最もシンプルな文型。

 

 

見分け方

 

Vが自動詞である。

動詞のあとに前置詞がきている。

 

 

※自動詞は『smile』や『go』など、

目的語が無くても意味が分かる

動詞のことを指す。

 

 

また、SVのあとに

M(修飾語)が入るケースが多い。

 

 

例文①:He laughed.

(彼は笑った)

 

 

最もシンプルな形の第1文型だ。

 

『laughed』は自動詞『laugh』の過去形だが、

文型を判断するには、

時制(過去・現在・未来)は関係ない。

 

 

例文②:She goes to school.

(彼女は学校へ行く)

 

『She goes.』だけでも文としては成り立つ。

 

『to school』は、行き先という情報を追加する修飾語。

 

 

「動詞のあとに前置詞+名詞」という、

第1文型の見分け方が当てはまる。

 

 

第二文型: SVC(主語 動詞 補語)

 

「S(主語)はC(補語)という状態である(V=動詞)」

という意味。

 

「補語」は主語や

目的語の説明を補う言葉。

 

名詞や形容詞が入る。

 

 

見分け方

 

be動詞(am, are, is, be)を

使った文はほぼ第2文型。

 

また、S=Cという関係が成り立つ。

 

 

Vの後には、形容詞

または名詞がくる。

 

よく使われる動詞も限られている。

 

 

第2文型でよく使う動詞

 

 

be動詞全般

 

become(~になる)

 

look(~のように見える)

 

sound(~に聞こえる)

 

seem(~のように見える)

 

get(~になる)

 

make(~になる)

 

taste(~の味がする )

 

eel(~に感じられる)

 

smell(~の匂いがする)

 

 

例文①:He looks very happy.

(彼はとても幸せそうに見える)

 

He(主語S)=happy(補語C)という

関係が成り立つので、

第2文型だと判断できる。

 

 

veryは副詞。

 

「副詞が出て来たら修飾語」と

覚えておくとよい。

 

 

副詞は文中にいくつあっても、

文型には影響を与えない。

 

 

例文②:She gets angry at trifles.

(彼女はすぐに怒る)

 

これも、She(主語)=angry(補語)の関係だ。

 

 

『at trifles』や『on the table』のような、

「前置詞+名詞」の組み合わせは全て修飾語となる。

 

 

第3文型「SVO」

 

「S(主語)がOを〔Oに〕Vする(動詞)」

という意味になる。

 

 

見分け方

 

第3文型のVには他動詞しか入らない。

 

※他動詞は『have』『anser』など、

目的語が必要な動詞を指す。

 

 

第2文型はS=Cの関係で、

第3文型はS≠Oの関係にある。

 

 

例文①:He has a lot of apples.

(彼はたくさんリンゴを持っている)

 

 

『a lot of』は「たくさんの」

という意味の修飾語。

 

この修飾語を外すと、

S(He)+V(has)+O(apples)

という文型になる。

 

 

例文②:I will follow you.

(私はあなたについていきます)

 

willは未来を表す助動詞だが、

文型に時制は関係ないので外す。

 

するとS(I)+V(follow)+O(you)の

第3文型になる。

 

 

第4文型「SVOO」

 

「SがO1にO2を与える」という意味。

 

 

見分け方

 

第4文型は目的語(O)を2つとる。

 

目的語をとるということは、

Vは他動詞となる。

 

 

動詞のあとに名詞が2つ続いた場合は

第4文型の可能性が高いが、

2つの名詞は=ではない。

 

また、使われる動詞は限られる。

 

 

第4文型で使われる動詞

 

 

give(与える)

 

tell(伝える)

 

buy(買う)

 

teach(教える)

 

cook(料理する)

 

send(送る)

 

など

 

 

英語の5文型の疑問文は

基本、疑問文も同じだ。

 

日本語に訳してみて

関係性を明確にすれば、

どの分型なのか分かる。

 

 

「中学生の無料学習プリント・教材プリント ちびむすドリル」

という、中学英語で習う5文型の練習問題や教材問題のプリントが

載っているサイトも活用してみてほしい。

 

 

 

まとめ。日本人が苦手な英語5分型

 

今回、記事を書きながら改めて5分型を見直した。

 

なるほどと理解できた。

 

 

語順が違っても意味が通じる

日本語を使う国民としては、

やはり5分型は必要ではないかと感じた。

 

 

英語を今さら学び始めた譲治。

自分と同じく白子嫌い(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授