チェンマイへ移住しました!50歳の仕事や生活費は?ブログで生活を紹介…失敗したと後悔しないための移住事情と方法、比率やビザのデメリットについて


 

チェンマイへの移住はどうなのか?

 

そもそも仕事はどうしてるのか?

バンコクと比べてどうか?生活費は?

 

など・・・移住に当たっての不安はたくさんある。

 

 

タイでも困らない英会話の最速マスター法を知りたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

 

ブログなどもあわせて紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

チェンマイに移住して仕事は?ビザについても紹介

 

 

チェンマイに移住する方法としては、

まずはどのビザを取得するか考えなければならない。

 

長期滞在をする場合、リタイアメントビザ、就労ビザ、

学生ビザのいずれかが必要となる。

 

 

日本にいる間に求人を調べるなどして、仕事が決まっていれば、

チェンマイに移住する前に日本で就労ビザを取得することも可能だ。

 

 

タイへ移住する中で、チェンマイへの移住の比率はバンコク、

チョンブリに次いで3番目に多い

 

近年チェンマイはデジタルノマドの首都として有名で、

ノマドの聖地とも呼ばれるようになった。

 

コワーキングスペースも多数あり、

カフェやレストランにもほとんどでWIFIが完備されており、

電源が確保されている場所もある。

 

いわゆる「ネットビジネス」PCと、ネット接続さえあれば

どこでも仕事が出来てしまう。移住する条件の仕事としてスキルを、

身につけてみるのも良いのではないだろうか。

 

 

実際にチェンマイに移住しました!

というフリーライターやWebマーケティング、

物販などのノマドワーカーも少なくない

 

 

 

チェンマイで生活費を抑えながら

日本円の安定収入を得る方法とは?

 

 

チェンマイに移住した後の生活費をブログでチェック!失敗したと後悔しないために

 

チェンマイへ移住後の生活は物価が安いため、

生活費も安く抑えられ、住み心地も良い。

何不自由なく暮らすことが可能だ。

 

 

タイ第2の都市と言われることもあるが、それは古都として人気であり、

文化的なものを鑑みてのことだ。

 

高層ビルが立ち並ぶバンコクとの比較をすると、

チェンマイは自然が多く、

人口も20万人程度ののどかな小さな街の地方都市だ。

 

 

また、実際に住んでいる人から発信される情報は、

とても参考になる。チェンマイの移住事情や、

生活のこと、仕事のことなど色々知ることができる。

 

 

参考にブログをご紹介。

 

タイ人の奥様がいる男性のブログ

(https://thai-travel.net/introduction/?amp=1)

 

 

 

まとめ

 

治安も比較的良く、物価も安く、住みやすい街チェンマイ。

 

 

タイはビザなしでも、いくつかの条件を満たしていれば

最大30日間滞在することが出来る。

 

移住前にプチ移住してみるのも良いかもしれない。

 

 

チェンマイにバコンと移住した小柴。

自分と同じ極度のゴキブリ嫌いなのに南国にいる(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授