体重増やさず筋肉つけるには?体重を増やさずに筋肉をつけるための体重を増やさない筋トレ方法


 

体重を気にするような女性や、

体重制限のあるスポーツに取り組む方に!

 

体重増やさず筋肉つけるには?

体重を増やさずに筋肉をつけるための

体重を増やさない筋トレ方法を調べてみた。

 

 

スポンサードリンク

体重増やさず筋肉つけるには…鍛えても体重が増えない筋肉って?鍛え方や運動方法、食事の仕方も

 

体重増やさず筋肉をつけるには、

持久力に優れた筋肉を鍛える方法がある。

 

その、鍛えても体重が増えない筋肉は、

世間では、持久筋と言われている。

 

持久筋は、体重を増やさない鍛え方をすることで、

基本的に有効利用される。

 

 

体重増加にならない持久筋は、

体重増やさず筋肉をつける運動方法と直結しているが、

基本的には、軽い運動を長時間続けることがいいとされる。

 

スポーツでいうと、マラソンが想像しやすい。

走るだけでは、ある程度の筋肉が増えるとそれ以上は、

筋肉が増えない。

 

もっと筋肉をつけたいならば、

ランニングの前に腕立て伏せや、

スクワットなどの自重トレーニングが効率的だ。

 

 

筋肉は、使った部位にしか反応しない。

より太くしたい部位の筋肉が

使われるトレーニングをする必要がある。

 

 

そして、体重を増やさず筋肉つける食事方法は、

適正な栄養素と、適量に調整した食事量など、

管理方法が重要だ。

 

それぞれ、体重に関して、

適正摂取栄養素は、計算方法が確立している。

 

炭水化物、たんぱく質、脂質の栄養素を、

まとめてマクロ栄養素といい、

 

このバランスが取れないと、

増量や、減量を繰り返してしまい、

体重の管理が難しくなる。

 

また、一度に多くの食べ物を食べる人は、

体重が増える傾向にある。

 

食事量を計算して、一日五食にする工夫をすると健康かつ、

体重の異変も起こりにくい。

 

 

体重を増やさずに筋肉をつけるための体重を増やさない筋トレ方法や部位、ダイエットやストレス解消

 

体重を増やさずに筋肉をつける方法を紹介してきたが、

実際問題だと、筋肉は重いので筋肉をつけたら、

必ず体重は増える。

 

 

しかし、それだと問題の本質が崩れてしまう。

あえて体重を増やさないで筋肉をつけたい。

 

では、体重を増やさない筋トレとは、なんだ。

いうならば、小さい筋肉を鍛えるなどが最適だろう。

 

太ももや、尻の筋肉は、大きいので、

大きくなると簡単に体重が増加する。

 

しかし、腕の力こぶ、いわゆる上腕二頭筋は、

小さいので大きくなっても、

体重増加に繋がりにくい。

 

このように、体重を増やさない筋トレ部位は、

他にも存在する。

 

腹筋もそうだ。ボコボコに隆起した腹筋なら話が別だが、

割れて少し隆起したくらいの腹筋であれば、

体重増加はしにくい。

 

腹筋は、断面図で見ると、

ペラペラの一枚板のようになっているのだ。

 

ここまで、体重を増やさずに筋肉をつけるのは、

難しいように感じるが、

 

実は、本格的なウエイトトレーニングをするわけでなければ、

簡単には、体重増加に結び付く

筋肉量にはならないので安心してほしい。

 

ただ、ごく稀に筋肉が発達しやすい遺伝子を持つ方がいる。

それでかつ、筋トレが好きでしょうがない人は、

体重増加を抑えるために筋トレしないとなるのは、嫌だろう。

 

そんな、体重を増やさない筋トレストレス解消は、

食事量を少なくして、

 

たんぱく質をふんだんにとり、

脂質をなるべく避けるのがいい。

 

また、大きい筋肉の部位では、

筋トレ頻度や、キツさを変更するといい。

すると、筋トレ自体は辞めないでも問題ない。

 

 

しかし、体重増加しないで筋トレするまでに、

筋肉が増えやすい方は、めったにいない。

体重を増やしたい人のが大半だ。

 

基本的に体重が増える人は、食事量が多く、

栄養過多により、体脂肪も増加している。

 

体脂肪があると、筋肉量の変化もわからないので、

体脂肪の減少のために、ランニングや、

 

腕立て伏せなど、

自重トレーニングで全身を使うことがいいと考える。

 

 

まとめ

 

今回、筋トレにによる体重増加の懸念について考えたが、

基本的に体重が増加する人は、

栄養吸収能力が高いので、食事制限が必要になり、

 

体脂肪がある人は、

ある程度減少させる必要があると考える。

 

 

しかし、筋肉量の増加は、エネルギーの代謝、

一日に必要なカロリーに直結し、

筋肉があればあるほど痩せる理論になる。

 

ランニングしながら、

筋トレして、体脂肪の減少と筋肉量の増加、

そして、体重の維持が望ましい。

 

ところが、これ以上の本格的な筋トレ、

いわゆる機械を使うトレーニングで、

効率的に筋トレすると体重増加につながるので、

 

見た目が良くなって、体重増加か、

体重維持の二択になるだろう。

 

基本的に持久系競技の人は、筋肉による体重増加は、

運動の持続性に悪影響がある場合もあり、

本格的にはやらず補助程度だ。

 

体重増やしたくない程度の人であれば、

ランニングや自重トレーニング、

食事管理で解決すると考える。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授