松島の牡蠣であたる?牡蠣小屋フィーバーで食中毒。生牡蠣は何故あたる!?牡蠣の美味しい食べ方!


 

松島で牡蠣にあたるというニュースを目にした。

 

松島に限らず、毎年牡蠣で

食中毒になったという噂は耳にする。

 

生牡蠣を食べる時に注意すること、

またおいしい食べ方について伝えていく。

 

 

スポンサードリンク

松島の牡蠣であたる?牡蠣小屋フィーバーで食中毒

 

宮城県沿岸の松島といえば、

有名な牡蠣の産地の1つ。

 

美しい風景、豊かな漁場となる海では

おいしい牡蠣を食することができる人気の観光地だ。

 

自分も牡蠣が好きなので、

機会があれば観光がてら松島に出かけて

新鮮な牡蠣を食べたいと思っている。

 

 

牡蠣は、栄養価が高いというイメージがあるが、

その上低脂肪高たんぱくなので

健康が気になりだした40代にとってありがたい食材だ。

 

牡蠣が「海のミルク」と言われるのは、

タウリンなどミネラルを多く含むからだ。

 

 

そんな松島で、牡蠣にあたるというニュースを

目にして食有毒について考えてみた。

 

都会でも牡蠣専門店があり、

気軽に食べられるようになったとはいえ、

産地で食べる新鮮な牡蠣は人気だ。

 

牡蠣小屋フィーバーということもあり、

かきの食中毒について

ニュースになる機会も増えているのかもしれない。

 

かきなど貝類を炭火焼きで食べられる

かき小屋の人気が高まっているが、

食中毒についても気になる。

 

都会で牡蠣を食べて食中毒になった、

と聞くと鮮度に問題があったからなのではと考えるが、

 

松島など海の近くで鮮度が高い良質な牡蠣でも

食中毒になるのはどうしてだろうか。

 

また食べた人全員が

食中毒のような症状になるとは限らない。

この疑問について考えてみる。

 

 

牡蠣小屋フィーバーで食中毒、生牡蠣は何故あたる!?牡蠣の美味しい食べ方!

 

牡蠣小屋フィーバーの中、

食中毒について興味を持った。

 

せっかく美味しい牡蠣を食べて

楽しい時を過ごしたのに、

その後で食中毒で苦しむようなことは避けたい。

 

食中毒になると猛烈な腹痛や吐き気に襲われて

悲惨なことになる。

 

一度食中毒を経験すると、

二度とその原因となった食べ物を

食べられなくなる人もいるほどだ。

 

食べれば必ず食中毒になるわけではないのに、

その強烈な経験が記憶から消せないためだ。

 

食中毒を経験した友人によると、

夜も眠ることができないほどの苦しみとのこと。

 

できればこんな経験はしたくないが、

牡蠣、特に生牡蠣は何故あたる!?

ということを知っておきたい。

 

牡蠣のような二枚貝にあたるのは、

いくつかの要因がある。

 

まずは貝毒という、人にとって害がある

プランクトンのため、

 

また細菌に汚染されているため腸炎になる場合、

ノロウイルスも原因だと考えられる。

 

生牡蠣はあたりそうなイメージだが、

実はしっかり加熱した牡蠣にあたることもある。

 

貝毒は加熱してもなくならないため、

春先の有害プランクトンが

発生しやすい時期は注意が必要だ。

 

他の細菌やノロウイルスは、

しっかりと加熱すると死滅するので、

 

牡蠣を加熱調理すれば、食中毒になる可能性は

低くなるといえる。

 

焼くなら中途半端ではなく

しっかりと中心部まで加熱することを意識しよう。

 

大勢で楽しく牡蠣を食べている時、

十分に加熱されていないものを

 

食べてしまうために

集団食中毒が発生する例も少なくない。

 

もしかしたら牡蠣にあたるかもしれない、

という可能性を常に

頭においておくことをおすすめする。

 

 

そして何といっても紹介したいのが、

牡蠣の美味しい食べ方!

 

生で食べる時一番注意が必要なので、

もし生食するなら「生食用」と

表示されているかを確認して購入しよう。

 

牡蠣には「生食用」と「加熱用」がある。

生食用は生で食べることを想定してしっかりと検査、

洗浄にも気をつかっている。

 

生で食べても大丈夫だと示されているので安心だ。

どうしても心配な人は、

この「生食用」を加熱すればよい。

 

牡蠣料理といえば、焼き牡蠣、

牡蠣フライも人気だが

やはり冬に人気なのは鍋料理だ。

 

寒い日に、他の海産物と一緒に

よく煮込んで食べれば最高だ。

くれぐれも牡蠣にあたらないよう注意して楽しもう。

 

 

まとめ

 

牡蠣が好きな日本人は多い。

楽しい食事が食中毒により

嫌な思い出にならないよう、

 

新鮮な牡蠣を選ぶこと、

調理方法も工夫するなど

正しい知識を持つことを心がけよう。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授