アマゾンの役員一覧…役員用のデスクと椅子のセットがある?amazonの役員の年収、日本の報酬は?

スポンサードリンク

 

今や誰もが利用した事のあるアマゾン。

 

そんなアマゾンに勤めている役員たちは、

一体どのような環境で仕事をしているのだろうか。

 

そして、大企業に成長したamazonの役員たちの年収は

どのくらいなのだろうか。

amazonの役員一覧を調べながら解説していく。

 

 

スポンサードリンク

アマゾンの役員一覧…役員用のデスクと椅子のセットがある?年収や人数は?コロナで変化はある?

 

amazonは1994年にCEOである

ジェフ・ベゾスによって設立された。

 

そして、日本法人立ち上げを提案した際に

関係した人物が西野伸一郎である。

 

その後2000年にアマゾンジャパンを立ち上げ、

事業を成功に導いたのである。

 

 

実はアマゾンは日本法人の役員名簿などは

一切公開していないことが分かった。

 

アマゾンジャパンの役員の年収はもちろん、

役員の人数も公表されていないのだ。

 

しかし、海外の転職サービスのリサーチデータを見ると、

アマゾンジャパンの職種別平均年収が公開されている。

以下はアマゾン本社のデータを元に公開された年収だ。

 

《職種》…《平均年収》

ソフトウェアエンジニア…約1200万

運用管理者…約700万

 

テクニカルプログラムマネージャー…約1400万

シニアプロダクトマネージャー…約1400万

 

職種により差は大きくあるが、

アマゾンの年収は約700万〜1400万という事が分かる。

 

アマゾンでは新型コロナウィルスによって、

年収に影響はないのだろうか。

 

失業や減収する人が多くいる中、

在宅時間が増えたことによって

 

ネット通販大手であるアマゾンを利用する人は

確実に増えている。

 

もちろん日本だけではない。

需要が増えた事で、米アマゾンでは10万人を

追加で雇用したのだ。

 

様々な企業が雇い止めをする中、

雇用に乗り出したアマゾン。

 

これだけを考えてみると、

アマゾン役員の年収にコロナの影響があるとは

言いにくいのではないだろうか。

 

 

日本では働き方改革が施行されるようになり、

アマゾンも積極的に行なっている企業のひとつである。

 

その一つとして、社員は皆決まった座席は

設けられておらず、自由に座りたい場所で

業務を行うフリーアドレス制を導入しているのだ。

 

役員も同様で、アマゾンの役員用の

デスクや椅子のセットは用意されておらず、

それぞれ自由に業務を行なっている。

 

さらにコロナウィルスが広がる以前から

リモートワークが行われており、

アマゾンではすでにリモートワークが定着していたのである。

 

 

アマゾンの役員の一覧で世界のトップは?amazonの役員の年収、役員の一覧で日本では?報酬も…

 

アマゾンジャパンのオフィスは目黒区の

「目黒セントラルスクエア」の高層階に存在する。

以前自分も立ち寄った事があるが、立地条件は抜群である。

 

 

アマゾンジャパンではフリーアドレス制を導入する他、

様々な施設がオフィスに存在する。

 

マッサージ室や仮眠室、ヨガルームや授乳室、

なんと礼拝堂まで用意されているのだ。

 

 

時代の流れを柔軟に取り入れた

アマゾンの人事制度もまた、他社とは少し違う。

 

普通の会社であれば、上司が部下を評価するが、

アマゾンでは上司に加えて同僚や部下、

社内他部署からも評価される。

 

その社員に対するフィードバックを求められれば、

評価を具体的に書き出さなければならない。

 

そして、その社員に集まった

10数名以上からの評価を総合し、

より客観的な評価が決定されるのだ。

 

これにより、アマゾンでは

厳格な人事評価がされているのである。

 

 

amazon(アマゾン)役員の年収は

公表されておらず、役員一覧も日本では公表されていない。

 

もし転職を考えているならば、

amazonの役員報酬は気になるところではないだろうか。

 

アマゾンでは従業員全員にレベルがつけられている。

倉庫などの現場で働くアルバイトや

契約社員はレベル1〜2。

 

その他の業務を行う正社員は3〜6。

レベル7以上になると役員級になる。

 

さらに社員の給料は年俸制であり、

レベルによって金額に変動がある。

 

平均年収を見ると他企業より高いアマゾンだが、

離職率が高いのも事実である。

 

 

一方でアマゾンの役員で世界のトップでもある

CEOベゾス氏の報酬は、

なんと他の役員以下である事が伝えられた。

 

 

まとめ

 

amazonは、社員たちが快適に仕事ができるように

様々な改革を取り入れている企業である事が分かった。

 

ここまでの大企業になったのも、

そういった会社の環境づくりも

大きく影響しているのではないだろうか。

 

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました