アマゾンで欲しいものリストから匿名で送るって?共有の方法と作り方、送り方も!名前はどうなる?

スポンサードリンク

 

アマゾンで、欲しいものリストから

匿名で送ることができるのを知っているだろうか。

 

どのように共有するのか、

どうすれば送れるのか、

名前は?

 

ここではさまざまな疑問を

わかりやすく解説していこう。

 

スポンサードリンク

【アマゾンの欲しいものリストの使い方】匿名で送る!共有できる作り方と公開の方法、ギフトの送り方

 

アマゾンで欲しいものリストから送ったり

貰ったりする使い方と、匿名で送る方法について説明する前に、

アマゾンの欲しいものリストについて確認しておこう。

 

 

アマゾンのサイトで、気になる商品や

欲しいなと思う商品をリスト登録して、

自分で管理する機能が、欲しいものリストで、

リスト化する事で、次に購入時の目安となり便利に利用できる。

 

そのアマゾンの欲しいものリスト匿名で公開

他の人と共有できて、欲しいものを匿名でプレゼントし合えれば

欲しいものリストの利用範囲は広がる。

 

 

アマゾン欲しいものリストを匿名でギフトにし、

匿名で送る方法を解説しよう。

 

友人や第三者へアマゾン欲しいものリストを

公開することで共有すれば、自分の誕生日にプレゼントを贈られたり、

相手の誕生日に欲しいものをプレゼントしやすくなる。

 

ただ、友人はともかく、第三者に

住所や本名が知られるのは嫌という人は多い。

 

そんな時、匿名で送ることができれば

安心してギフトを送り合えるという訳だ。

 

まず、アカウントサービスから「ログインとセキュリティ」を選び

アカウントの名前を、本名以外の名前に設定しよう。

ニックネームやハンドルネームがよいだろう。

 

電話番号以外は架空住所の入力を設定し、その後、

共有したリストの中から品物を選び送ると、

相手に匿名で送ることができる

 

気を付けたいのは、ギフトであっても、

カートに入れる時、ギフト設定にチェックを入れないこと

カートに入れ、相手の設定した届け先住所に送れば

匿名でのギフト送付が完了する。

 

支払いは通常クレジットカードだが、匿名で送る場合には、

明細書が同封される危険性があるので、携帯決済か、

アマゾンのギフト券を使うようにしたい。

 

アマゾンの欲しいものリストは名前がいらないの?匿名でもらう為の公開の設定と削除の方とは?

 

アマゾン欲しいものリストから

匿名で送る方法を説明したが、

アマゾンの欲しいものリストの商品は

匿名でもらうこともできるのだ

 

その場合、アマゾン欲しいものリストを公開設定するまでに、

しておかなくてはいけないことがいくつかある。

 

 

まず、アカウントサービスで

アカウント名架空の名前にする。

 

ニックネームやハンドルネームで、

配達時不審がられない程度のものがよいだろう。

 

郵便番号や住所架空のものを入力、

住所の最後に〇〇様方と本名を入れておくと、

配達時不備が少ない

 

そして、管理リストにある第三者の出品の商品の発送同意書」には

チェックを入れないこと、これで、

アマゾン欲しいものリストで公表される名前は本名以外となり、

匿名でのやりとりが可能となるのだ。

 

欲しいものリストの共有ボタンを押すと、

表示のみ」と「表示して編集」の二択が表示されるが、

アマゾン欲しいものリストを他の人に削除されることのないよう

表示のみを選ぶようにしよう。

 

もちろん欲しいものリスト自体の削除も、

マイリストページから、ボタンひとつで出来るので、

一度試してみるとよい。

 

 

アマゾン欲しいものリストとは、

自分の欲しいものの管理のみでなく、

匿名でギフトを送ることや送られることのできる

便利な機能なのだ。

 

amazon欲しいものリストを一緒に編集しましょうとは?住所、送り主の公開、Twitterで

 

アマゾン欲しいものリストからギフトを送る場合、

送り主の名前も匿名で送れるのだが、

amazon 欲しいものリストで、リストを一緒に編集しましょう

といわれることがある。

 

これはどういうことだろうか。

 

 

アマゾンでは欲しいものリストで氏名、

住所などを設定すると同時に、

リストを共有する場合の設定も

選ぶことができる。

 

たとえば、アマゾンの顧客全員に公開するか

友人、家族など一部の人のみに公開するか選べるのだ。

 

一部の人のみに公開する場合には、

特定な人のみ招待するを選べば、

招待した人のみに公開される仕組みになっている。

 

その時、アマゾン欲しいものリストで公開されたリストは、

招待された人だけで一緒に編集でき

例えば母の日や父の日、友人の結婚祝いなど、

さまざまなギフトのリストを共有できるので便利に利用できる。

 

共有したいamazon 欲しいものリストは、

twitter、Eメールなどを経由して、特定の人のみに知らされ、

自由にリストへの追加など編集が一緒にできるというのだから、

便利な機能である。

 

まとめ

 

アマゾンの欲しいものリストでは、

匿名で欲しいものを送る、

または送ってもらう事ができる

 

自分の欲しいものをリスト管理するだけでなく、

誕生日に住所や名前を知られていないはずの人から、

リストアップされた欲しいものが届く

などということもある。

 

反対にいつもよくしてもらうお礼にと、

相手の欲しいものリストから、

ギフトを送ることも可能なのだ。

 

 

また、特定の人に欲しいものリストを公開し、

リストの追加や編集を一緒にすることもできる

 

SNSやブログで多くの人に繋がっている場合には、

こういった機能で思いがけないプレゼントが届くというのも、

幸せのひとつの形になるのかな

などと考えている。

スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました