東南アジアで働くメリットとデメリットとは?


 

東南アジアで働くのを本気で考えたことは?

 

 

もしイエスなら、それはあなたの

大きな可能性の扉になり得る。

 

 

フィリピンでフィリピーナと楽しく暮らしたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

 

スポンサードリンク

東南アジアで働くメリット

 

 

日本と違い、人口が増え経済が伸び続ける東南アジア。特に

親日国ナンバーワンのタイ、ナンバー2のベトナムでは日本人

向けの求人が多く、現地で働く人も増加している。

 

また東南アジアでは他に、インドネシアや

マレーシアも働く日本人が増えている現状。

 

 

東南アジアで働くメリットは、やる気とニーズのあるスキル

があれば、責任あるポジションに就いてキャリアを積み重ねる

ことができる点。

 

年齢制限やしがらみが関係ないのが日本との大きな

違いであり、やる気のある人ほど有利な環境が揃っている。

 

特にあなたにSEの経験があったりITスキルに自信があるなら、

ベトナムやインドネシアではステップアップのチャンスが

拡がっている。

 

ジャカルタのIT事業に目をつけたのは、

高崎のスタバでお茶をしたビズクリエイトの

渡辺社長だった。

 

 

 

東南アジアに住んで働くことなく、

自分自身のビジネスで場所を問わない

安定収入を得るには?

 

 

東南アジアで働くデメリット

 

 

東南アジアでは、現地採用の場合は当然ながら

給与水準が下がるという点。

 

これを避けるために日本で就職して現地への転勤を希望する

というコースになるが、その門は狭く、自分の希望だけで

どうにもならないところがある。

 

そして仮に希望の場所に行けたとしても、そこにどれだけ

いられるかは自分では決められない。突然の異動や帰国命令

が入るのは、サラリーマンならごく自然なこと。

 

 

東南アジアといっても国によって様々事情は違うが、例えば

先日行った香港やシンガポールはもはや先進国レベルであり、

働く日本人には高いスキルが要求される。

 

何しろこの2つの国では、家賃を始め生活費や物価が

べらぼうに高く、場所によっては東京以上だ。

 

 

また英語圏ならまだしも、英語が通じづらいベトナムや

タイの場合は、よりステップアップするために現地の言葉の

理解が大切になる。

 

特にこの2つの国は読み書きもアルファベットではなく、

習得に時間がかかるのが難点。

 

 

東南アジアが近場とはいえ、文化は大きく違い

ビジネスマナーについても柔軟な対応が必要に。

 

普段の生活にも同じことがいえる。

 

 

 

東南アジアから黒人女性の彼女とポルトガル旅行に出かけ、

そのまま現地で働くと決めたスウェーデン人ボン。

 

フィリピン人の友達マークとドイツのデュッセルドルフに行く

ついでに彼に会いに行こうと思っているが・・・何しろ俺と

正反対で人の多い場所が大好きなので困る(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授