プエルトガレラのサバンビーチをおすすめする理由


 

プエルトガレラのサバンビーチの砂浜にたどりついたのは、

すでに夕焼けが海全体をオレンジ色に染めていた頃だった。

 

 

フィリピンでフィリピーナと楽しく暮らしたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

メールアドレス >

 

 

日焼けした頬を撫でる潮風が

心地良かったのを、今でも覚えている。

 

 

 

スポンサードリンク

プエルトガレラのサバンビーチってどんなところ?

 

 

マニラから車で行ける美しいビーチ、バタンガス。

 

そこから船でさらにミンドロ島に渡ると、プエルトガレラという

美しい観光地にたどり着く。ここで有名なのがサバンビーチと

ホワイトビーチだ。

 

 

サバンビーチは海水浴をするにしてはビーチの幅が狭いので、

スキューバダイビングをするあなたに是非おすすめしたい。

 

水の透明度はボラカイほどではないものの、何しろ

水中のサンゴの岩がすごいので一見の価値あり。

 

適度な水温、潜ること以外のあらゆることをスタッフが

やってくれる贅沢なダイビング(笑)。そして何よりも

他の国では考えられないくらい安い値段で潜れること。

 

これらのメリットを完全に享受できるのが、

このサバンビーチでのダイビング。

 

さらにお酒や美味しい食べ物、音楽が好きなあなたにとって

嬉しいのは、ナイトライフでも盛り上がれるところ。

 

ただ、サバンビーチのレストランは観光客価格であり

ミンドロ島にしては高いので、そこは留意を。

 

 

サバンビーチにはルソン島とを往復するバンカーボートが

多く停泊しているため、やはり海水浴なら白い砂浜が心地良い

ホワイトビーチがいい。

 

その他ココやアニヌアン、ボケテやハリギなど

美しいビーチには事欠かないのがプエルトガレラ。

 

 

 

素朴な田舎プエルトガレラに住む。

ホワイトビーチやサバンビーチで

のんびり過ごしている間も日本円の

安定収入が入り続ける理由とは?

 

 

 

 

プエルトガレラ、サバンビーチへのアクセス

 

 

マニラ首都圏からドライバーを雇って車で、

もしくはバス(片道400円程度)で3時間弱。

 

バタンガスの港に到着したら乗車券+ターミナルフィーで

700円弱を支払い、1時間程度の船旅でプエルトガレラの

ムリエ港に。

 

このバンカーボートはよく揺れ、両端の席は波を

かぶることがある。濡れたくないあなたは真ん中の席を(笑)。

 

タックスの150円ほどを支払い、そこからバイクタクシーの

トライシクルに乗って25分程度山道を進むと、サバンビーチに

到着する。

 

 

ちなみにマニラからのバスの中はフィリピン人ばかりだが、

バタンガスに着くと欧米人をよく見かけるようになる。

 

さすが美しいビーチが大好物の彼ら・・・まだまだ穴場と

思っていたプエルトガレラも目ざとく調べてきた様子。

 

 

 

既成概念(固定観念)に縛られない方法や気持ちの切り替え方

苦手なコミュニケーションの克服法をガツンとマスターしたのは

一人起業がうまくいっている元バイト仲間のタケさん。

 

フィリピン人の性格をよく把握している彼も、

俺と同様に日本人よりも外国人の友達が多い変わった男だ(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授