クオータービザの取得が厳しくなる?フィリピンの永住権クオータビザの取得は自分で申請するのは難しいが…代行の詐欺も。費用はどれくらい?


 

フィリピンのクオータービザは、各国の中でも

最も権利が強固でありながら、まだ手が届くほぼ唯一の永住権。

 

 

ただ、歴史が語るように

その国が突然発給を停止することもあり得る。

 

早めに動きたいのは確かだが、

その際に気をつけたいことなどを紹介する。

 

 

 

スポンサードリンク

クオータービザ、取得の条件と手続き

 

 

国に守ってもらおうという考え方を捨てた俺のような日本人が

グローバルな視点を持ち、ご近所の南国として魅力のある

フィリピンに目を向けている。

 

 

マレーシアは今も昔も

リタイア後の移住先候補ナンバーワンだが・・・

 

今まで比較的取りやすかったMM2H(リタイアメントビザ)が

5,000万円以上の預金条件に引き上げられる可能性があるなど、

ハードルが上がりつつある。

 

 

そんな中、今はまだ取得が容易なフィリピンの

クオータービザに注目が集まってきている。

 

 

クオータービザの取得条件は明快。

 

年齢条件もなく、50,000米ドルをフィリピン政府の指定する

口座に入れ、認定を待つ。手続きが終わればこのお金は

自由に使うことができる。

 

更新さえすれば当然フィリピンに居続けることができ、

その更新費用も年間1,000円に満たない。

 

 

流れとしては、まずはクオーターを専門とするサポート会社

への申し込み、そして無犯罪証明書などの書類の準備。

 

ちなみにこれを自分でやろうとしたヒデさんは、ビザを

手にすることなく途中で断念した。

 

コネなども影響するフィリピンで、自力でクオーター取得に

望むのが厳しいのは当然。さらにいえば、サポート会社によっても

ビザ取得までこぎつけないケースがあるので気をつけたい。

 

 

そして現地に渡り、健康診断や警察本部での

指紋認証などに2日程度。

 

さらにフィリピン退職庁スタッフとの面談。これは英語で

行われるが、フィリピンらしく俺の場合ゆるい空気だった(笑)。

 

 

フィリピンでフィリピーナと楽しく暮らしたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

 

最後に現地に行く時は、パーマネント(永久)と記載された

ACR iカードを受け取るだけ。

 

クオーター取得のためにはこうして、計3回フィリピンへ渡航。

永住ビザが晴れてあなたのものになる。

 

 

クオータービザを取って日本に一時帰国した時に良かったのは、

1週間2万円ほどで新幹線を含むJR全線が乗り放題の

ジャパンレールビザが使えたりすることだった。

 

 

 

クオータビザが取りづらくなる…?フィリピンに住みたいなら早めの取得を

 

 

2016年、年明け直後から約8カ月間

クオータービザを取るための手続きが停止。

 

9月からなんと240日ぶりに新規受付が再開され、

年間50人の枠のうち、たったの2週間で残り20名の枠が

あっという間にいっぱいに。

 

 

サポート会社の多田さんも話していたが、比較的易しい条件で

クオーターが取れるのは、いよいよあとわずか・・・

これは今までの時代の変遷からも感じる。

 

 

冒頭でもふれたように、今まで永住権取得を解放していた様々な国が

突然その取得をストップさせてしまうことは歴史的に見てよくある。

 

特にフィリピンのような新興国というのは

スピードが非常に早い。

 

例えば、少し前まで永住権取得が比較的容易だった

シンガポールも、今ではとてつもなく難しい。

 

 

こうした中でクオーターの取得を確実にするのは、

サポート会社選び動きのスピードだ。

 

俺の選んだ会社ではすでに100人以上の日本人に、

100パーセントの確率で取得を成功させている。

 

そして年間50人の枠の内ほぼ90パーセント以上の人が、

その会社のサポートで取得している現状。

 

 

2010年のサポート開始以来、日本人のクオータービザ取得を

100パーセント成功させている唯一の会社。

 

そのCEOに無料で相談を希望される場合は、

以下のフォームからご連絡を。

 

無料相談フォーム

 

 

やはりフィリピンでも東南アジア諸国の例にもれず、役所の

手続きが込み入り、どさくさにまぎれた詐欺などの話も絶えない。

 

このクオータービザではまさに

そういったことをよく聞く。

 

 

そして、年が明ける前に書類の準備などを始めておけば、

50名の枠が埋まってしまう心配はほぼない。

 

サポート会社との打ち合わせや国内での必要書類の準備などは、

年内のうちに終わらせることができる。

 

年の途中の中途半端なタイミングでクオーター取得の

準備を始めるよりも確実という点で、大幅に有利になる。

 

 

なにしろ50名の枠がまだ空いているかどうかを気にしながら

手続きを進めるというのは、精神的衛生上良くない(笑)。

 

とにかく「年内スタート」を肝に銘じたい。

 

 

クオータービザ!取れなくなるって本当ですか?

 

声を上ずらせてLINEでコールしてきた、

相模原の吉田さん。

 

事実を聞いて安心したものの、去年一度手続きを

断念していたために、クオータービザについては

ナーバスな様子だった(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授