フィリピンの食事マナー!タブーや習慣。手で食べる?食事を残すマナーがある国


 

フィリピンの食事マナーは、

その人の育ちで大きく変わる

 

 

フィリピン移住者によるフィリピンの食事の情報、

ブログを手段にしてフィリピンに住むには?

 

これを知りたいあなたは

以下の無料ニュースレターで。

 

メールアドレス >

 

 

日本人からすると少し

変わったフィリピンの食事マナー。

 

手で食べる文化や

食事を残すマナーなどを解説していく。

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピンの食事マナーを紹介。タブーや習慣。手で食べる?

 

フィリピンの食事マナーは

日本のマナーや欧米のマナーと

違うのだろうか?

 

 

日本には日本の、

欧米には欧米のマナーがあるように、

フィリピンにも独自の習慣やマナーが存在する。

 

フィリピンに旅行する際に恥をかかないように、

フィリピンのマナーやタブー行為を

しっかり予習しておこう。

 

 

フィリピンでは手で食べる文化が

残っていると思われがちだが、

都市部ではスプーンとフォークが基本だ。

 

 

ちなみに、タガログ語で手の事を

「Kamay(カマイ)」と言うことから、

手で食事を食べる事を「Kamayan(カマヤン)」と言う。

 

バナナの葉に乗った食事を

直接手で掴んで食べる方法で、

堅苦しくないのが特徴。

 

 

テーブルマナーなどがなく、

みんなでわきあいあいと食卓を囲んで

食事をする方が楽しいという考えだそうだ。

 

 

レストランでは、欧米のように

ナイフを使うことはあまりない。

 

右手にスプーン、

左手にフォークが正式な食事のマナー。

 

 

良いレストラン以外は、ほとんどのお店で

スプーンとフォークの2つしか用意されていない。

 

ナイフの代わりにスプーンを使って

食材を一口サイズに切って食べる。

 

 

麺やスープを食べる際にも

食事中に音を立ててはいけない。

 

 

スプーンやフォークを持っていない手は、

日本と違ってテーブルの下の

膝の上に置くのがマナー。

 

 

日本では、もう片方の手でお皿を持ったり、

手を添えたりするため、テーブルの上に置いている。

 

だが、フィリピンではそのような行為は

礼儀が悪いとみなされるので注意が必要だ。

 

 

また、フィリピンではほとんどの人が

キリスト教であるため、食事を取る前に

必ずお祈りをするのが習慣だ。

 

 

 

食事を残すマナーがある国って?

 

日本では食事を残すことは良くないとされているが、

フィリピンは提供された食事は

少し残すのがマナーの国の一つである。

 

これは中国の華僑が多い地区で見られる風習で、

中国のマナーが由来している。

 

 

中国ではおもてなしとして

ゲストにお腹いっぱい

食べてもらうことがある。

 

そのため、お皿にある料理を全て食べ切ってしまうと、

ホストに足りなかったと思われてしまうので、

お腹いっぱいになったと言う意味を込めてこの習慣が芽生えた。

 

 

とはいえ、元々はフィリピンのマナーではないので

レストランの他の客の雰囲気を見て判断しよう。

 

 

番外編だが、その他の国の

食事マナーについてもいくつか紹介する。

 

 

日本人がよく勘違いして行っているのが

フォークの背に食べ物を乗せるという行為。

 

これは実はマナー違反で、

フォークは先端で刺すか、

腹に乗せて使うのが正しい使い方だ。

 

 

また、前菜で

サラダが出されることもあると思うが、

その際ナイフで切らないようにしよう。

 

これはナイフが銀で

作られていた時代の名残だ。

 

 

銀は酸に弱いため、

ナイフはフォークに添えるようにして

使うのが正しいマナーである。

 

 

何でもかんでも小さく切れば良い

という問題ではないので気をつけよう。

 

 

次に、アメリカでのマナー。

 

 

日本ではレストランで注文をする際に

ウェイターを呼ぶが、

これがアメリカではマナー違反。

 

 

チップ文化のあるアメリカでは、

タイミング良くテーブルに向かうのが

優秀なウェイターだとされている。

 

声をかけないようにしよう。

 

 

 

まとめ。フィリピンの食事マナーについて

 

フィリピンの食事マナーについて

イメージは湧いただろうか。

 

 

日本でよしとされていることが

フィリピンではマナー違反になることがある。

 

反対に日本でマナー違反である行為が

フィリピンの食事マナーであったり、

難しい面もある。

 

 

が、その土地のルールや習慣を

学ぶことも旅行の醍醐味だろう。

 

 

ぜひ、フィリピンを訪れた際は

意識して食事を楽しんでみてほしい。

 

 

フィリピンに住みたいと話す長峰。

自分と同じく、かつて自分に自信がなかった人(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授