フィリピンの果物!フルーツの種類は?ポメロなども紹介


 

フィリピンは果物の宝庫でもあるのを

ご存じだろうか?

 

 

フィリピーナと現地で楽しく暮らしたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

それもフィリピンは常夏の国なので、日本とは

また違った珍しい果物が普通に流通している。

 

俺がフィリピンに移住したのも、

「大好きなマンゴーを毎日食べられる」のが

理由の一つだったりする。

 

 

フィリピンの果物と聞かれてランブータンやカラマンシー、

ドラゴンフルーツ、ポメロ、ダランダンあたりを挙げるあなたは

間違いなくフィリピンフェチだ(笑)。

 

 

 

スポンサードリンク

メジャーなフィリピンの果物

 

 

まずやはり、フィリピンと言えばマンゴー。果物として

そのまま食べるのもいいし、マンゴーシェイクや

スムージーとしても楽しめる。

 

またハロハロなどのデザートにも添えられていたり。

最近は朝はこれだけを食べている(笑)。

 

日本では宮崎などで栽培されているマンゴーだが・・・

フィリピンでは各地で豊富に育つため、1つ80円前後と

信じられない安さで売られている。

 

ビタミンAやビタミンB、ミネラルも食物繊維も多い。

がん予防やアンチエイジングを目指す女性におすすめのフルーツだ。

 

 

日本へのお土産の定番ドライマンゴーも美味。

ちなみに俺がドライフルーツで好きなのはマンゴーだけ(笑)。

 

こちらでは熟す前のグリーンマンゴーを食べる習慣があるが、

これは食材などにも使われたりする。

 

 

そしてバナナも有名。

 

フィリピン産のバナナが日本にも多く輸入されており、

やはりこの国の代表的な果物と言える。

 

 

それ以外にフィリピン産で知られているのは、パイナップル

ココナッツパパイヤ。これらも南国らしい果物だ。

 

 

俺が意外だったのは、メロン

 

実はまだフィリピン産にトライしたことはないが、

北海道の夕張メロンと違うテイストなのは間違いないだろう(笑)。

 

 

 

珍しいフィリピンの果物

 

 

俺もマニラに移住してから知った果物が、実はいくつもある。

日本では流通していないものも多いためだ。

 

 

まずはドリアン

 

フルーツの魔王と呼ばれるにふさわしい不気味な見た目と、

ハンパではない匂い。これを最初に口にした人は

偉大というより変人だ(笑)。

 

しかし一度食べたらハマる美味しさ。またミネラルやビタミンBが

たっぷり入っていて、疲労回復や貧血予防にいい。

 

友達のシャリースがいるミンダナオ、

ダバオ辺りは名産地として有名。

 

 

そしてマンゴスチン。フィリピンではメジャーな一方で

日本では珍しいが、1800年代イギリスのビクトリア女王が

大好きだったことから「果物の女王」と呼ばれている。

 

ワインレッドの皮の中に現れる白い果肉から、口の中に

酸味と甘味が拡がる。「ビタミンB1が多いので食後にいい」

とはシャリースの話。

 

 

ランブータンは赤い毛に包まれたライチに似たフルーツ。

殻の中に白いプルンとした果肉が入っている。

 

どちらかというと甘さが強く、ほのかな酸味。ビタミンCや

ミネラルがたっぷりなので、女性におすすめだ。

 

 

ライチに似ていると言えば

ローンコーンも珍しい。

 

 

カラマンシーは、日本のすだちに似ている

グリーンの小さな果物。

 

フィリピンでは、よく肉料理などに添えられて出てくる。

お酒にも使えるし、ビタミンCやクエン酸が多いので

疲労回復や美容、風邪予防などに良いとされている。

 

 

ドラゴンフルーツはポカリのような味(笑)。

実際、水分が多く水分補給にいい。

 

 

フィリピンでかなり珍しいものとしては、見た目が釈迦の頭に

似ているということから釈迦頭と呼ばれるフルーツ。カスタードプリンのような

不思議な味の果物。

 

 

ポメロは大きなみかんのようなもので、

甘みと酸味が楽しめるフィリピン人にお馴染みの果物。

 

 

 

フィリピンの果物を堪能しながら

スローな南国生活を送っても収入が

増え続ける理由と、その手段とは?

 

 

27453259814_968e4d7ab2_b

 

 

いろいろ語ったが、フィリピンの果物と言えば

やはりマンゴー・・・

 

冒頭で触れたように、俺が埼玉の和光から

フィリピンに移住してくるきっかけになった一つなので(笑)。

 

 

 

フィリピンのマンゴー

 

 

食感と程良い甘み、水分が多く食べた後の喉越しが好き。

 

フィリピン産に限らず、フルーツの中では

間違いなく最も美味しいと思える「マンゴー」。

 

ビタミンを始め栄養も豊富であり、女性には

美容にも良い果物として知られている。

 

 

この日本で食べられるマンゴーのほとんどが

フィリピン産なのは、よくご存じのことだろう。

 

友達の舞子が住んでいる宮崎でもマンゴーはとれるが、

やはりフィリピンのものとは違う。

 

 

俺が一時住んでいたマニラのあるルソン島では、ドライ

シーズンの4月を過ぎた頃をピークとして食べごたえのある

美味しいマンゴーが出回る。

 

それでも基本的に常夏のこの国では、一年中美味しいマンゴーを

安く楽しめる。何しろ、1個30円台で食べられるのは嬉しい。

 

 

フィリピンのマンゴーの種類としては、最もメジャーなのが

黄色くて長いカラバオマンゴー。

 

酸っぱくて好みが分かれるグリーンマンゴーは、

よく料理に使われている。

 

その他、苦味があるのがホースマンゴー。期間限定の

アップルマンゴーには塩や醤油をつけると美味しいが、

いずれもメジャーなものより少しお高め(笑)。

 

サイズが小さいインディアマンゴーは、まるで

りんごのようなマンゴーで可愛らしい。

 

 

 

 

マンゴーはフィリピンのどこで買う?

 

 

 

どこの空港もそうだが、フィリピンでも空港の中の

お土産店ではマンゴーは高くなる。

 

一度一緒に帰国した川口さんは、残ったフィリピンペソを

全て消化したいがために空港で大量にマンゴーを買ったせいで、

荷物の預かり料金が追加でかなりかかってしまった(笑)。

 

ちなみにドライフルーツもお土産に人気だが、俺は

ドライフルーツはこのマンゴーしか食べられない(笑)。

 

 

日本にお土産でマンゴーやドライマンゴーを買っていくなら、

空港に向かう前にローカルの人の多い街中の屋台やフルーツ店で

先に購入しておくといい。

 

ただ現地人の多い場所に行く時は、治安の面で不安のある

場所も多い。信頼できるフィリピン人の友達と一緒に行く

ことをおすすめする。

 

 

ニュースレターに返信をくれる仲間の女性にも、

いまだにフィリピンが危ない国だと誤解している人もいる。

 

フィリピンは女性が活躍する社会。女性管理職の数が

世界一多いというデータもそれを裏づける。

 

 

そして俺が日本人女性の移住や二重生活に

フィリピンをおすすめしたいのは、こうした果物が豊富なところ。

 

アンチエイジングや美容を考えるなら、栄養満点の新鮮な

フィリピンの果物をあなたの日常に取り入れてみてはどうだろう?

 

 

フィリピンに東京から移住し、アイルランド文化

研究を続ける俺と同じマンゴー好きの康友。

 

感謝されない人生の逆転をバシッと図る彼女は、

先日見事に結婚を引き寄せていた。フィリピンの果物が

かなり恋しい様子だが(笑)。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授