フィリピンの介護って?介護士の受け入れや介護施設、送り出し機関、介護学校や実習生、介護福祉士、介護人材など介護事情について


 

日本人がフィリピンで

介護されているのを初めて見たのは・・・

 

俺が住んでいたマギンハワストリートから遠くない、

あのケソンシティの施設だった。

 

 

フィリピンでフィリピーナと楽しく暮らしたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

フィリピンでの介護とは

突飛なように思えるが・・・

 

実はフィリピンに限らず、日本の老人が外国で

もしくは国内で外国人に介護される現実が少しずつ

身近になってきているのに、気がついているだろうか?

 

 

 

スポンサードリンク

フィリピンでの介護の現状

 

 

フィリピンでは子供は宝、そして

老人が敬われ大切にされている。

 

従って老人の体が不自由になっても、家族が総出で

面倒を見たり、安いお金でメイドを雇ったりして皆で支える。

 

つまりフィリピンでは、日本のように「自分の家族を老人ホームに

預ける」という介護の文化がない。そのため、介護施設というもの

自体ほとんどないのが現状だ。

 

 

そもそも、認知症の症状が出たとしても「病気」という

認識がフィリピンにはなく、寛大に扱われている。

 

さらには、日本のように老人に対し無理にでも延命措置をする

ということはなく、「神の意思に任せる」という、いかにも

キリスト教的な判断がされている。

 

 

こういった現状もあり、フィリピンでは介護士は

国内で需要がなく、海外に出ていることが多い。

 

 

 

フィリピンに介護のために移住しても

日本円の安定収入が入り続ける理由

 

 

日本人はフィリピンでの介護を受けられるか

 

 

日本で問題になっている待機児童。超高齢化社会でそれ以上に

問題なのが、老人ホームなどへの入居を待っている老人の数だ。

 

すでに全国で500,000人に近い待機老人達。

 

 

一方で、特養などプライベートな施設は高額になり

多くの人が経済的に対応できない。

 

かつ老々介護は肉体的・精神的に厳しく、独立した子供達も

各自の生活があるので、一緒に住んで介護できないのが通常。

 

 

そんな中、人件費が安く介護の能力に世界的にも一目

置かれているフィリピンでの介護という選択肢が出てくる。

 

 

ただし、さっき語った理由で

現地人向けの介護施設すらほとんどない。

 

まして海外の人向けとなると・・・俺の知っている限り、

ケソンシティの「ウェルネスプレイス」のみ。

 

介護の程度にもよるが、月150,000円ほどで

しっかり面倒を見てくれる。

 

 

あなたが慣れないフィリピンに移住することはもちろん、

年老いた親を国外に送り出すというのは当然抵抗がある。

 

しかし、様々な問題や事件が噴出する日本のドライな老人ホームに

高いお金を出すか、コストを抑えてハートのあるフィリピンの人達に

一生懸命介護してもらうか・・・

 

どちらが幸せなのかはもはや明確。

 

 

ちなみに、あなたに例えばフィリピン人のパートナーや

その子供と幸せに暮らしている環境があるなら、介護施設

すら必要ない。

 

安い人件費でお手伝いさんや介護士を雇い、

自宅であなたの親御さんと一緒に暮らすことができる。

 

 

 

フィリピンの職場でコミュニケーションに悩み、

コミュ障を改善して話すのが苦手な自分を変えたいと

心から願ったのは、日本で介護士をしていた江藤。

 

同じマザコンの彼とはこれからも連絡を絶やさず、

現地での生活をバシッと応援していく。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

移住と一人起業の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授