マニラの置屋って?マニラ置屋、マカティやマラテなどフィリピン置屋で連れ出し…風俗と世界の置屋


 

夜遊びスポットとして

人気の高いマニラの置屋。

 

好みの女性を連れ出して、

気軽に遊べるのが魅力的。

 

 

フィリピン女性を始め海外の異性と遊ぶ方法、

 

フィリピンなど
好きな場所に住む具体的なアイデア。

 

これを知りたいあなたは
以下より情報を無料購読してください。

 

メールアドレス >

 

 

ただフィリピンの場合、

注意しなければならない

特殊な事情もある。

 

そこで今回は、

マニラの置屋の楽しみ方や

注意点などを紹介する。

 

 

 

フィリピン、マニラの置屋…フィリピン置屋で連れ出し!マニラ置屋と風俗について

 

フィリピンのマニラで夜遊びをする時は、

目立つ格好は避けて

人目の多い場所を歩くようにしよう。

 

 

特に夜遅くの時間帯は、

人気の少ない路地裏などは避けて、

車や歩行者の多い明るい場所を選んで歩くように。

 

 

日本人男性はフィリピンに行くと、

気が大きくなり、優越感から

目立つ行動を取ってしまう人が多い。

 

 

マニラの置屋を

十分に楽しむためには、

節度ある行動が重要になる。

 

 

とは言っても、マニラの置屋を訪れると

テンションが上がってしまうのが男の性。

 

 

マニラの置屋は連れ出し置屋と言って、

何人もいる女の子の中から好みの子を選び、

お持ち帰りするというシステム。

 

店の見た目は民家のように見えるが、

中に入ると女の子たちがずらっと並んでいる。

 

 

普通の住宅に紛れ込んでいるので、

見た感じでは、とても風俗の店には見えない。

 

 

そういった店に加え、表向きは

パブやバーという形態をとりながら、

それを隠れ蓑に置屋を経営しているところもある。

 

 

マニラの置屋に行く時は、

避妊具の準備をしておこう。

 

 

フィリピンは

カトリックを信仰している人が多い。

 

カトリック信者は

避妊を行うことがタブーだからだ。

 

中絶も禁止されているので、

ゴムなどきちんと用意することが大事。

 

 

現地でも避妊具は手に入るが、

できれば日本から準備したものを

持っていく方が安心だ。

 

 

インターネット上では、

マニラの置屋動画も公開されているので、

どんなのか興味があるなら一度検索してみよう。

 

 

 

マニラで置屋を楽しんでいる間も

日本円の安定収入を得るには?

 

 

マカティやマラテの置屋ってどう?世界の置屋も紹介

 

マニラで夜遊びするなら

マカティがおすすめ。

 

 

マカティのブルゴス通りには、

魅力的な夜遊びスポットがたくさんある。

 

初めて置屋を体験する人には

是非おすすめしたい場所。

 

 

マニラの中でも治安が良い方なので、

夜遊び初心者でも安心して楽しめる。

 

マラテの置屋はリーズナブルで

現地人にも人気だが、

色々と注意点があるので紹介しておく。

 

 

一番気を付けてほしいことは、

マラテの置屋では店によって

未成年の少女を雇っている場合があること。

 

見た目は大人でも、

実は少女だったという場合もあるので、

十分気をつけるようにしてほしい。

 

 

当然だが、風俗の店なので

性病などには要注意。

 

自分でゴムを用意して、

病気が感染するのをしっかり防ごう。

 

 

夜遊び初心者の中には、

性病の対策をしないで行為に及んだため、

病院送りとなってしまうケースが非常に多い。

 

 

安心して楽しむために、

ゴムをしっかり装着してから行為に及ぶこと。

 

 

世界の置屋にはこのように

色々なケースがある。

 

地域の治安や宗教の問題など、

訪れる場所によって注意するべきことや

守らなければならないことが色々とある。

 

逆に言えば、そこがまた

魅力的とも言えるのだが。

 

 

世界の置屋はマニラ以外にも数多くあり、

台湾や香港、オランダやドイツなど

様々な国で夜遊びが楽しめる。

 

色々な国や地域の置屋を訪れて、

お気に入りの置屋を見つけてみよう。

 

 

もし自分が楽しいと思ったら、

親しい友達を誘って一緒に

訪れてみるのもよいだろう。

 

 

 

日本ではできない、

刺激的な経験ができる

マニラの置屋。

 

フィリピンに行く人なら、

情報を知っていて損はない。

 

 

 

「興味はあるけど、実際はどんな感じなのだろう」

と気になっている人も多いはずだが、

正確な情報が少ない。

 

 

そこで今回は、現地在住者が

マニラの置屋について、注意点も含めて解説。

 

フィリピン渡航の際は、

この記事を参考にして、

大人の遊びを楽しんでみてはどうだろう?

 

 

 

フィリピン、マニラの置屋って?風俗など遊びを紹介

 

フィリピンの首都・マニラには、

日本では禁止されている置屋がある。

 

 

置屋とは、

文字通り女性が置かれていて、

客が好みの女性を「お持ち帰り」できる風俗の遊び。

 

女性と「コト」の前段階で、

色々と交渉する面倒な手間がない。

 

 

置屋の女性も客の希望を分かっているので、

途中過程を省略して

結果だけ楽しむことができる。

 

 

旅行なら、

フィリピン滞在の日数は

限られている。

 

短時間で

風俗遊びを楽しみたい人には

ピッタリなシステムなのだ。

 

 

マニラでは、

置屋のことを

「カーサ(CASA)」と言う。

 

置屋街の場所は、

マカティのカジノストリート付近。

 

 

カジノストリートは、

ビトクルズ(Vito Cruz)駅とブエンディア(Buendia)駅の

中間あたりにある。

 

 

夜は危険な雰囲気の地域でもある。

 

トラブルに巻き込まれないためにも、

駅からタクシーで行くことをおすすめする。

 

 

 

フィリピン置屋の特徴!置屋での注意点は?

 

フィリピン置屋の特徴は、

客引きに着いて行かないと

たどり着けないことだ。

 

 

フィリピンでも、

置屋の取り締まりはかなり厳しい。

 

そのため、外からだと

普通の家にしか見えない。

 

 

おまけに呼び鈴を鳴らさないと

置屋に入れない仕組みになっている。

 

 

普通の家の呼び鈴を押すなんて、

かなりハードルが高い。

 

日本と違って銃社会なので、

「間違えました」では

済まされないケースもある。

 

 

フィリピンの置屋は、

自分一人では見つけられないと

思っておいて間違いない。

 

カジノストリートをうろうろしていると

客引きが声をかけてくるので

着いていけば良い。

 

 

置屋での注意点は、

料金を支払う前に

値段の交渉をすることだ。

 

料金には、客引きのコミッション(手数料)が

上乗せされているので、注意して

高く支払いすぎないようにしたい。

 

 

一人で置屋を

探し出すのは難しいので、

客引きに料金を払うのは当然。

 

とはいえ、必ず支払い前に

料金が高すぎないか確認が必要。

 

 

マニラの置屋の相場は、

2,000フィリピンペソ~3,000フィリピンペソ。

 

日本円で

約4,000円から6,000円だ。

 

 

料金がこれより

高すぎる場合には、

支払い前に交渉。

 

 

値段の交渉の時に気をつけたいのは、

絶対に店員や客引きに

財布を見せないことだ。

 

 

自分は値段交渉している時、

財布にいくら入っているか確認していたら、店員に中身を盗み見られて

値段を下げてもらえなかったことがある。

 

店員や客引きは交渉のプロなので、

客がお金を持っていると分かれば、

値段を下げることはない。

 

 

置屋に着く前に

自分が持っている金額は

しっかり確認する。

 

相場以上のお金は

別の場所に

置いておくことをおすすめする。

 

 

もう一つの注意点として、

置屋は女性を選ぶ場所だ。

 

女性を「お持ち帰り」した後は、

自分のホテルかモーテルに行く。

 

 

その場で、

とはいかないので要注意だ。

 

 

 

まとめ。マニラの置屋について

 

・フィリピンのマニラには置屋がある。

 

 

・置屋街の場所は、

ビトクルズ(Vito Cruz)駅とブエンディア(Buendia)駅の

中間あたりにあるカジノストリート

 

 

・フィリピンの置屋は、

客引きに着いて行かないとたどり着けない

 

 

・相場は日本円で約4,000円から6,000円なので、

置屋で言われた値段が相場より高すぎる場合は、

料金支払い前に交渉が必要

 

 

・置屋で女性を選んで「お持ち帰り」した後は、

自分のホテルかモーテルに連れて行く

 

 

せっかく海外に行ったら、

日本ではできない

経験をしたいと思うはず。

 

今回の記事内容を頭に入れて、

フィリピンの置屋で夜を楽しんでほしい。

 

 

マニラの置屋にどっぷりハマった亀田。

 

自分と同じく、満員電車やエレベータなど

混雑した場所が大嫌い(笑)。

 

 

 

マニラの置屋について紹介してきたが、

いかがだっただろうか。

 

 

初めて置屋を訪れる人にとっては、

どんなところなのか不安だろう。

 

しかし、きちんと自己防衛しておけば、

問題なく楽しめる場所なので安心してほしい。

 

 

今回の記事で紹介した

注意点をしっかり守って、

楽しい一夜を過ごしてもらいたい。

 

 

フィリピン女性は明るくて

陽気な性格なので、

きっと楽しい思い出が作れるはず。

 

 

 

マニラの置屋に異常に詳しいのは、

自分と同じくマンゴーシェイクに目がない板井(笑)。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー
カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授