マニラからボラカイへ!ボラカイ島への飛行機の航空券はどこで買う?


 

「嫌いなマニラを通らず

ボラカイに行きたいんだけど?」

 

 

 

マニラのゴーゴーバーでスタッフとやり合った

経験のある、満男さん(笑)。同じフィリピンの

ボラカイへのルートを考えていた。

 

 

魅力的なフィリピーナと知り合いたい、フィリピン移住したい

あなたは以下より無料情報を請求してください。

 

メールアドレス >

 

 

 

スポンサードリンク

マニラ経由でボラカイに行くには

 

 

ボラカイといえば、欧米人が認める

世界ナンバー2ビーチリゾート。

 

美しい白い砂浜と透明度の高い海の様子は、

あなたも写真や映像で目にしたことがあるはず。

 

個人的にはやはり、混雑していない

世界ナンバー1ビーチリゾートのエルニドが好きだが・・・

 

このエルニドにもいえるが、ボラカイへの

日本からのアクセスは決して便利とはいえない。

 

 

成田や福岡からセブパシフィックなどのLCCを利用して、

直行便でマニラへ4時間の旅。LCC以外では羽田や名古屋、

関空からも飛ぶことができる。

 

マニラから国内線に乗り換え、ボラカイに最も近い

大きな島であるパナイのカティクラン空港に。

 

そしてカティクラン空港からは、バイクタクシーの

トライシクルに乗りカティクラン港に到着。ここから

ボラカイ島へ渡る。

 

 

ボラカイからは少し離れるが、チケットを安めにして

費用を抑えたければ、同じパナイ島のカリボ空港の利用も可能。

 

カリボ空港に降りた場合は、ここから港まで

2時間ほどバスに乗る必要がある。

 

 

ちなみにカティクラン空港の場合は、手荷物の制限が

通常よりも厳しい場合があるので荷物は抑えめで行きたい。

 

それでもこの空港の場合、マニラ発で朝に到着する便が多く

ボラカイでの時間を有意義に使えるので人気。

 

 

 

 

 

マニラを経由せずボラカイに行くには

 

 

満男さんのような事情がなくとも(笑)、

悪名高いマニラのニノイアキノ国際空港を

避けたい人もいる。

 

マニラを経由せずボラカイに行く場合は、日本からセブ島に

直行便で飛び、そこからカティクラン空港またはカリボ空港に。

 

カリボ空港行きでは遅延便がそれほど発生しないので、

旅費を抑えたい反面、渡航日程に比較的余裕がある

あなたならこちらを選ぶのもいい。

 

 

 

 

ヴァネッサとのボラカイ旅行の中で

最もテンションが上がったのは・・・

 

やはり、あの白い砂浜が

視界いっぱいに飛び込んできた時。

 

 

 

 

 

ボラカイ旅行の魅力とは

 

 

特に俺が今住んでいるセブとの違いでボラカイ旅行に

魅力を感じるのは、島自体が小さいのであちこちに

綺麗なビーチがあるということ。

 

 

そして、パラワンのエルニドに次ぐ

言わずと知れた「世界ナンバー2ビーチリゾート」というポジション。

 

ボラカイのホワイトサンドの美しさと海の水の綺麗さは、

どの旅行者も目を見張る。

 

 

ボラカイは高級リゾートのようなイメージがあるが・・・やはり

人件費の安いフィリピンだけあって、ビーチ沿いにこだわらなければ

一本道を入るとバックパッカーでも泊まれるような安い宿がいくらでもある。

 

ここはパラワンのエルニドとの違い。

 

 

そしてやはりフィリピン人のホスピタリティは、

俺達外国人に対しても発揮される。

 

人懐っこい笑顔の人に会うと、それだけで嬉しくなる。

 

 

ボラカイには、観光ポイントもいくつかある。

 

展望台のマウントルホは、島が見渡せて楽しい。

バットマンの基地を疑似体験したければ(笑)、

天然のバットケーブに。

 

買い物好きなあなたならDモールがあり、何より

ナイトライフも楽しめるのがこの楽園の魅力。

お酒や音楽が好きなら最高だ。

 

 

ここでも、フィリピン料理以外の

様々な国の料理まで楽しめる。

 

和食についてはまだ美味しいところが

見つかっていないので、 これから探索したいところ。

 

 

 

フィリピンに住んでマニラや

ボラカイをいつでも楽しめるように。

場所を問わない安定収入を手に入れる

方法とは?

 

 

ボラカイを旅行するなら知っておきたいこと

 

 

ボラカイで最近耳にするのが、外国人観光客が多いということで

アクティビティなどに絡めて旅行者からぼったくろうとする輩がいること。

 

また、フィリピン政府が治安維持に力を入れる5パーセントの

場所に入るとしても、やはり置き引きやスリといった軽犯罪は

ここでも起きる。ナイトライフを楽しむ際は十分気をつけよう。

 

 

特に、フィリピンでは韓国人が最も多い外国人として有名だが

ここにも彼らはたくさんいる。韓国人はお酒を飲んで調子に乗る

傾向があるので(笑)、彼らとトラブルを起こさないように。

 

俺もセブのマクタンでiPadとスマホを盗まれて

人の多い場所はこりごりだが(笑)、海外ではどこに行くにしても

常に適度な緊張感が必要になる。

 

そういえば、その盗人の2人組も目つきが悪く

太った韓国人だった(笑)。

 

 

そして、時期を間違えるとせっかくの南国ビーチリゾートでも

混雑に悩まされることに。

 

特に5月1日のフィリピンの祝日、労働の日はローカルの人達も

家族でボラカイに繰り出し、毎年混雑するので避けるのをおすすめする。

 

 

 

 

あの世界ナンバー2ビーチリゾート、ボラカイで

ダイビングができるとは思わなかった。

 

よく考えれば、美しい海で潜らないほうが損なのだが。

 

 

すっかりここのリピーターになっていたのは、

仲間の亀田さんだ。

 

 

 

 

 

ボラカイでのダイビング

 

 

綺麗な海底を楽しみたいあなたのために、現地の

有名な観光スポットであるホワイトビーチにも

かなりショップが並んでいる。

 

言葉に不安なあなたは、日本人経営のお店を利用しよう。

 

 

ボラカイでは、バンカーボートでダイビングスポットまで行き

1本潜るごとにショップに戻ってくるスタイル。

 

ファンダイビングは1本4,000円程度で

レンタル料も入っているので、やはりフィリピンは安い。

 

予約をすればさらに安くなるので、事前に

ホームページをチェックしておきたい。

 

 

何しろフィリピンがいいのは、水温が温かくて快適なこと、

潜る以外は何でもやってくれる殿様ダイビングができること(笑)。

やはり人件費の安さがモノをいう。

 

 

俺も体験して意外に面白かったのは、シーウォーク。

 

ヘルメットのような器具を被って2メートル程度

潜るものなので、余計な装備もいらず気軽に楽しめる。

 

 

スパやマリンスポーツなど、一つの島で

何でも楽しめるこのボラカイ。

 

ぜひ一度時間をとって訪れてほしい。

 

 

 

マニラからプエルトガレラのビーチに通い、また

ボラカイやミンダナオなどフィリピン各地に足を

運んでいるチームワークコンサルタントの永冶。

 

偽装結婚に利用されたことで傷ついた俺と同じ

泣き上戸の彼は、今ストラスブール観光で心を癒している。

 

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授