アンヘレスの旅行ってどう?旅行記や旅行代理店(旅行会社)、ツアーでの旅行についてブログで紹介


 

歓楽街として有名なアンヘレス。

ここへの旅行を計画したことは?

 

 

フィリピンでフィリピーナと現地で楽しく暮らしたいあなたは

以下より無料情報を請求してください。

メールアドレス >

 

2か月に1回、ビザなしでいられるギリギリの30日を

毎回このアンヘレスに費やすのは、オンラインビジネスで

自由になった長田くんだ。

 

 

 

スポンサードリンク

アンヘレス旅行の魅力

 

 

マニラのマラテを超えたといわれる、ルソン島最大の

歓楽街アンヘレス。日本人はもちろん、韓国人や欧米人など

様々な旅行者が来ていて多国籍な雰囲気を醸し出す。

 

元米軍基地の近くということもあり、

フィリピンの中でも独特の場所といえる。

 

アンヘレスは、パタヤなど他の東南アジアの地区よりも安い上に

質の高い女性との時間が楽しめるということで、日本人旅行者に

評判がいい。

 

 

毎年2月にアンヘレス近くのクラークで開催される

バルーンフェスティバルは、旅行の日程が合えば

見てみるのをおすすめする。

 

なかなか普段はお目にかかれないユニークなイベントだ。

 

 

そしてフィリピンの中では特別綺麗な海ではないが、

スービックまで足を伸ばせばスキューバダイビングを

楽しむこともできる。

 

ここでは戦時中に沈んだ戦艦が見られると

スキューバが大好物の金田夫妻が教えてくれた。

 

 

アンヘレスへのアクセスの仕方だが、ニノイアキノ国際空港

からタクシーで高速を使い、直接アンヘレスへ行ける。

 

料金を抑えたいなら一旦クバオまで行き、そこから長距離バスに。

ホテルの送迎タクシーや空港のタクシーは、高くつくだけなので

避けたい。

 

 

 

アンヘレスを旅行するなら気をつけたいこと

 

 

何しろアンヘレスに近いクラーク国際空港には

ソウルからの直行便があり、もともとフィリピンに

最も多い外国人である韓国人があちらこちらにいる。

 

クラブなどに行っても、特に若い韓国人はマナーがなく

お酒を飲んで調子に乗り、他の外国人とトラブルになっている

ケースも。

 

彼らと関わり合いになって嫌な思いをしないためにも、

こういった現状は頭に入れておきたい。

 

 

また女性を外に連れ出す際の料金システムなどを事前に

きちんと把握しておくことが、トラブルを避けることになる。

 

そして、決して未成年者を相手にしないこと(笑)。

知らない人に声をかけられ、昏睡強盗のカモにならないこと。

 

当然ながら、スリや置き引きといった軽犯罪にも

気をつける。こうした基本を押さえ、アンヘレスでの

ナイトライフを楽しみたい。

 

 

 

フィリピンのアンヘレスの旅行…旅行記や旅行代理店(旅行会社)、ツアーでの旅行についてもブログでチェック

 

 

アンヘレスとドゥマゲッティダイビングを楽しみ、海外旅行が

ますます好きになったのは、俺と同じ満員電車が大嫌いな守谷。

 

黒人女性やフィリピン人の友達を通じてガツンと

コミュ障を改善した彼は、今以上に日本を飛び出す

機会が増えそうだ。

 

メールアドレス >

よく読まれている記事



コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

フィリピン移住の専門家:DAN
一人起業をサポートする有料サービス
DANの半生

▼CLICK自由への道

人気のカテゴリー

スポンサードリンク
 





カテゴリー
最近の投稿

ページの先頭へ

快適さを追求し、ワクワクできる自由な人生を楽しみたくありませんか?

 

喜びと感謝に満ちた人生を送りたいあなたに
「好きな仕事でポジティブに暮らす

アイデア」を伝授